« 【マイ・プライベート・アイダホ】~ヒューマンドラマ~ | トップページ | 【かぐや姫の物語】~ジブリ~ »

【プリデスティネーション】~SFサスペンス~


★★★☆☆(3、5)


01

diamond製作年度 : 2014
diamond製作国  : オーストラリア
diamond監督 : マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ
diamondキャスト : サラ・スヌーク、イーサン・ホーク
diamond解説
ロバート・A・ハインラインによる「輪廻の蛇」を基にした
SFサスペンス。
時空を往来する犯罪者を取り締まるエージェントと出会い、
その仲間になった青年が繰り広げる戦いと彼が抱える
宿命を活写する。
さまざまな時代を股に掛ける壮大な物語や息詰まる
タッチに加え、スタイリッシュな映像にも引き込まれる。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond斬新なアイディアも複雑さがジャマをして・・・(私の場合)。
 (ネタバレあり)



特別劇場に行く予定はなかったのですが、友人と何か観よう
という話になりなかなか評判の良いこの作品をチョイス。
監督の前作『デイブレイカー』も大好きですし
またもやイーサン・ホークが出ているので。

時空警察のエージェントがタイムトラベルをし
爆弾魔を追い詰めるというザックリとしたあらすじしか
知らずに観たのですが・・・。

いや、面白い・・・相当面白いハズなんですよ(←?)
ラストでは結構トンデモない事実も明かされ
ドンデン返しも甚だしいんですよホント。

なんですが、他のタイムスリップモノと比較すると
なかなか複雑だというのも事実でして・・・。


まず、近未来感が出まくっているジャケットからすると
内容は少しイメージと違うかもしれません。

タイムトラベルをするにも楽器ケース?というレトロなアイテムに
スッと人物の姿が消え風が起きる演出はなんともアナログ。
未来と過去を行き来するという要素を除けば
ちょっと上質なクラシカル映画のよう。
本作、オーストラリア映画というのもなんか納得。

しかも冒頭、“彼”の語りがやたら長く若干の睡魔が。
もはやSF映画であることも忘れかかっていた頃、
よくやくエンジンがかかって来ます。
この尺取りも計算だったのですね・・・。

02


そしてコレはネタバレしないと書けないのですが・・・
同じ時代に一体何人同じ人がいるのww!?という。

主要人物ほぼ3人という非常に少ない登場人物ですが
なんとこれらが“たった1人”の人物だったのですから( ・ ω ・ )

03
(この2人は同じ人物。身長や体型が違うのはご愛嬌・・・)


・・・こりゃスゴい、反則も反則です(爆)。

これまでのタイムスリップモノでも、見た目が全く同じか、
歳をとった自分が同じ時代にいるというのは見たことが
ありましたけどね。
外見はもちろん、性別までもを超越してしまったものは
初めてで斬新でした。

そしてたった3人でここまで複雑で込み入った話を
作り上げた脚本はスゴいです。
ひたすらループ、ループ、ループ・・・。

劇中出てくる『・・・鶏が先か、卵が先か』は
物語をとても的確に表していますww


しかし、同じ時代に同じ人物(諸事情で全員の外見が違う)が
3人いるという異常事態ww

04
(コレも同じ人物・・・)


タイムトラベルものって頭がゴチャゴチャするのも
付き物ですが(私だけ?)本作は特に複雑で混乱しました。
なんたって、自分が自分と○○し、さらに生まれた○○を
自分が○○・・・とか、自分大好きかwww!!


おそらく誰しもが観終わったあとすぐにもう1度観たい!
となるのではないでしょうか。

私も観終わったあと友人と1時間くらいフードコードで
アレコレ語り合い、一応答え合わせはしたのですがw
『・・・んじゃ結局、○○は○○だったってこと?』
『・・・・・( ・ ω ・ )』と、いくつかの謎がスッキリせずw


しかしこれらがリアルタイムで完璧に理解できる方であれば
パズルピースがピッタリハマり傑作になることも間違いないです。
現に作品の評価が高いのもうなずけます。

こういうとき、理解するのに若干でも時差があると損ですww
もっとパンパン!と頭の中ではじけ飛んでピースがハマれば
☆4、5~5点の作品になり得たでしょうから。
ともかくこの作品はもう1度観るのでそのときに評価が
変わるかもしれません。
今現在は私の時差のせいでw☆3、5ですが・・・
本作のファンの方ごめんなさい(-ω-;)


そして本作に関しては公式サイトの“ストーリー”に
時系列がとても分かり易く載っています。
かなり細かく載っていることから(プチネタバレw?)
何の知識も入れたくないという方はむしろ見ないほうが
いいかもしれません(笑)。

clip映画『プリデスティネーション』公式サイト


ただ収穫だったのは、“女性”と“男性”を見事に
演じ分けたサラ・スヌーク!!

いんや~、巧かったです本当~に!
登場シーンは若干の違和感はあるものの(?)
話し方や仕草は完全に男性でしたから!
ちょっとジョディ・フォスターにも見えました。

05
(コレなんてマジでジョディ以外の何者にも見えないw)


おそらく、本作が初めての主演のようですが明日(3/14)から
公開の『ジェサベル』の主人公も彼女だったんですね!
なかなかインパクトなジャケットに予告も面白そうなので
すんごい観たいんですが(-ω-)

01_2


決して美人というワケではなくちょっと特異な顔立ちなのですが
コレがミョーに怖くホラー映画にはもってこいのヒロインですね。


そして本作でのイーサン・ホークも今まで観たことのない
深みと渋みが出てて良かったです。
これから歳をとってもっと良い役者になるかもしれないですね。

06



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【マイ・プライベート・アイダホ】~ヒューマンドラマ~ | トップページ | 【かぐや姫の物語】~ジブリ~ »

【SF/パニック】」カテゴリの記事

コメント

返信コメ&レビューポチありがとうございます。

呼ばれてはないけど、来てみたらなんと!イーサン!(爆)
リヴァー亡きあと、リヴァー周辺のお友達関係を応援しています。 キアヌはもちろん、同期でライバルだったイーサン。弟のホアキン。ホアキンはもう立派に演技も評価され、興行成績も上げれる俳優になったので、心配しておりませんが、イーサンはいまいちあぶなっかしい。今年はアカデミー賞でもノミされましたが、獲れるとは思いませんでした。^^
でも、好きなんですよ~。 この映画も興味あったんです。
3.5の評価なのね。う~~~ん、DVDで何度も繰り返し観ないと理解できないかもしれません。私・・・。
イーサン、がんばれ!
クリスチャン スレーターもリヴァーの同期だったんだんけど、今、どうだろ? ^^  

投稿: まあしい | 2015年3月14日 (土) 14時11分

☆まあしいさん


イーサンもいいですよねぇ~♡
リヴァー周辺のお友達関係って(笑)。

確かに全く似ていない弟のホアキンは出世しましたねぇ!
見た目は好みではないけれどその実力は確かですね。

イーサン、確かに危なっかしいですが一時の低迷ぶり?を
盛り返し、今また再びノッてきてますね!
本作では渋みと深みが出てきて昔のようにただイケメン
なだけという時期は脱却してきているように思います。
さすがに今回はオスカーを逃してしまいましたが
いずれは獲るような気がします(笑)!

本作は評判高いですね!
特に映画好きの方が好むテイストだと思います。
いえいえ、ただ単に私の理解力に乏しいだけで
まあしいさんなら一発で楽しめると思いますよ♪
いずれDVDにでもなったらぜひ観て欲しいです。

クリスチャン・スレーターもマイナーな作品に
ちょこちょこ出てはいますがさすがにイーサンほどは
残れませんでしたね・・・。
確か頭髪も残念なことになっていような・・・って
アレは役柄かな(笑)。

投稿: シバミ | 2015年3月20日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マイ・プライベート・アイダホ】~ヒューマンドラマ~ | トップページ | 【かぐや姫の物語】~ジブリ~ »