« 【エコーズ】~サスペンスホラー~ | トップページ | 【悪童日記】~シリアスドラマ~ »

【小さいおうち】~ラブストーリー~


★★★☆☆(3、5)


01_3

diamond製作年度 : 2013
diamond製作国 : 日本
diamond監督 : 山田洋次
diamondキャスト : 松たか子、黒木華、片岡考太郎
diamond解説
第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、
名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。
とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した
大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた
恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿を
ハートウオーミングかつノスタルジックに描き出す。
昭和モダンの建築様式を徹底再現した、舞台となる
「小さいおうち」のセットにも目を見張る。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond“たかが不倫”をこれほど美しく上品に見せる手腕。
 (ネタバレあり)



少し前にテレビでやっていたものを観ました。

山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』も大好きな作品ですし
日本アカデミー賞でも多部門を受賞しましたしね。

タイトルから私も大好きな絵本『ちいさいおうち』が
すぐに浮かんだのですがストーリー自体は関係なかったんですね。
とは言え劇中にこの絵本が出てきたのは嬉しかったです。

02_2


そしてこんな可愛らしいタイトルから
ほのぼのヒューマンドラマを勝手に想像していたのですが
なんとコレ、いわゆる不倫のお話だったんですね( ・ ω ・ )

本来ならばスキャンダルでしかない不倫が
山田監督の手にかかるとなんとも美しく上品に
仕上がってしまうのはもはやマジック。


1人暮らしをしていた叔母さん“タキ”が
亡くなるシーンから物語は始まります。
健史の親類であったタキは、若かりし頃
赤い屋根のおうちでお手伝いをしていたのですが、
晩年はその出来事をノートに綴っていました。

健史は度々叔母さんの家を訪れては
お手伝い時代の話や世間話などをして
楽しいひとときを過ごすのが日課となっていました。
物語は現在とタキのお手伝い時代の話が交互に描かれます。

03_2
(まだ学生役を演じられる妻夫木聡にも軽くショーゲキw)


『永遠の0』のレビューでも言いましたが、孫や親類が
回想シーンを交えて語るって邦画ではやったら多いんですが
日本はこういう構成が好きなんですかね・・・
いやまぁ、いいんですが(-ω-)


タキがお手伝いをする家の妻・時子が松たか子、
時子の不倫相手である板倉に吉岡秀隆。

メインは2人の不倫の話なので、主人公でもあるタキは
作品の中では脇役的な立ち位置なんですよね。
いわゆる『お手伝いさんは見た』という( ・ ω ・ )

04_2


てっきりタキも板倉とどうこうなるのかと思ったら
そういうお話ではなかったんですね。

もっと動きのあるストーリー展開があるのかと思いきや
物語は実にシンプルなのである意味拍子抜けしたのも事実。
こういう作品こそ、演出次第では駄作にもなり得てしまう
なかなか危険な題材であるようにも思います・・・。

しかし登場するキャラクターやそれに付随するエピソード、
丁寧で繊細な演出はさすがは山田監督。
ストーリーを追うというよりも、彼らの心情や昭和ノスタルジーな
生活ぶりを眺めていたいという感覚が近いです。

07
(なぁんかいんですよねぇ、こういうの・・・)


しかもこの当時の不倫というと今以上にシビアなハズなんですが、
嫌悪感を抱かせないのもスゴい(笑)。
なんか、あんま悪いことをしている感覚がないんです( ・ ω ・ )

それよりも純愛というか・・・。
当時はお見合い結婚がほとんどでしょうしね、
本当に愛する人と結ばれるということは難しい時代だったでしょう。

05_2
(もはや昭和の文豪にしか見えない吉岡秀隆氏)


時子の帯が家を出ていったときとは逆になっているなど
思わずドキッとしてしまうエピソードが、
純粋なタキを通して観るものにも伝わって来ます。

時子の不貞を知ってもどうすることも出来ず困惑するタキ。
まるで自分のことのように悩む様子は真面目な彼女の性格が故。
結局、生涯を通して独身を貫いたタキは色々と思うところが
あったのでしょうね-。

06_2


時子の、可愛らしいけれどちょっと抜けているような
キャラクターはリアルでした。

またタキを演じた黒木華は本作で初めて見たのですが
決して華やかではない顔立ちながらもしっかりと
存在感を感じさせタキを好演してました。
蒼井優を地味にしたような感じでしょうか(-ω-)
ベルリン国際映画祭では最優秀女優賞を受賞し、
今後ますます活躍する女優となってくるでしょうね。


当時の日本の生活やお手伝いという仕事ぶりなど
古き良き日本を感じたい方にはぜひご覧になって
いただきたい作品です。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【エコーズ】~サスペンスホラー~ | トップページ | 【悪童日記】~シリアスドラマ~ »

【恋愛/青春/ガールズ】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
そう、不倫がメインではあるけれど、淡々としていましたね。
多分、昔の自分だったら、その平坦さにうんざりした気がします。が、今はこのしっとり感が気に入りました。
黒木華もとても巧い女優さんですね。本当に今後が楽しみです♪

投稿: ihuru | 2015年3月26日 (木) 20時27分

☆ihuluさん


こんばんわ♪

確かに本作、しっとりという言葉が似合いますね。
時子を演じた松たか子の雰囲気がそういう空気感を
出すのかもしれません。
私も若いときの自分が観たら今ほどは面白いと
感じなかったかもしれないですね(笑)。

黒木華、演技の幅も広そうなので今後に期待ですね☆

投稿: シバミ | 2015年3月27日 (金) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【エコーズ】~サスペンスホラー~ | トップページ | 【悪童日記】~シリアスドラマ~ »