« 【わたしは生きていける】~青春ドラマ~ | トップページ | 【ヴィオレッタ】~シリアスドラマ~ »

【猿の惑星:新世紀(ライジング)】~SFヒューマン~


★★★★☆(4、0)


01

diamond製作年度 : 2014
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : マット・リーヴス
diamondキャスト : ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン
diamond解説
名作SF『猿の惑星』の前日譚『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。
ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て
知能や言語を得た猿たちとの対峙が思わぬ事態を引き起こしていく。
人類が衰退した世界の衝撃的なビジュアルに言葉を失う。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondストーリーは王道だが、シーザーのカッコ良さに惚れる。
 (ネタバレあり)



前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。
今回はジェームズ・フランコが出ていないので
(前作は結構それ目当てだったw)若干テンションが
下がり気味だったのですが・・・いや~面白かったです!
前作よりも面白かったですよ(笑)!!
きわめて4、5点に近い4点です。

一応続編となってはいますが、ぶっちゃけこういう話だったら
いくらでも作れそうですね。
今回も前作同様、猿と人間との抗争、そしてそれに付随する
感動ドラマなど、ストーリーは非常にシンプルで分かり易いです。


結局、人間と猿との共存は不可能なんだなぁという・・・。

03


人間だから、猿だから、ではないんです。
人間界にも良いヤツ、悪いヤツがいて、
同じように猿界でも良いヤツ、悪いヤツが存在する。

結局問題を引き起こすのはそれぞれの“悪いヤツ”なんです。

02
(見るからに悪い猿・・・)


しかも今回は猿界でシーザーの座を狙う者の存在など
身内の抗争というなかなか面白い展開があります。

そしてその裏で迷惑を被り、感動的なドラマを生むのは
それぞれの“良い人”たち-。

主人公たちが瀕死のシーザーを助けるシーンや
オランウータン(?)の“長老”と主人公の息子の友情シーンは
涙ナシでは見れません。

06
(1番右の、顔に耳たぶみたいのがついてるのが長老(涙)。)


もう彼らだけで一緒に暮らせばよいのに・・・という(-ω-。)
やっぱり仲良くなるのに種族は関係ないんですよね。
人間同士だって分かり合えないヤツは永遠に分かり合えないんです。


まぁストーリー的には王道でこれ以上語ることはないのですが(?)
何といってもシーザーのカッコよさ!!

05
(『・・・猿だけど、猿じゃなかったぁ!』)


もはや人間でもこんなにシブい漢(オトコ)はなかなかいないという。
しかし一緒に観ていたダンナはというと何度も
『・・・カワいいわぁ~シーザー。』と、よく分からない萌えモード。

表情やしぐさ、そして思想がまさに“漢(オトコ)”なんです!!
なんだかよく分からないけれど上質のヤクザもんを
観ているような感覚にも陥りました。

自分を裏切った子分のことも、根は悪いヤツということは
分かっていたのに(逆じゃね?)それでも兄弟みたいに
カワいがっていたんですよ・・・。
シーザーの子分に撃たれる前の一瞬の表情が
なんだかとても切なかったです。
でもラストではもちろん親分として当然の制裁-。

最後ではもはや人間との抗争は免れないと思ったシーザーが
主人公を逃がすシーンなんて『どっちが人間だよ』と
ツッコまずにはいられません。


主人公のジェイソン・クラークは名前だけは聞いたことが
あったのですが『ゼロ・ダーク・サーティ』に出てたんですね。
結構前に観たのですがイマイチレビューしづらく放置のまま。
世間の評判ほどは面白くなかったです・・・。

ジェイソンは、主役としては今回の『猿の惑星』が
1番の有名作になるんでしょうか。

06_2


ジェイソンの奥さん役の人はとても優し気な雰囲気でどっかで
観たことあると思ったら『ダークスカイズ』に出てたんですね。

悪役(?)のゲイリー・オールドマンは、良いのか悪いのか
昔みたいなクセのある感じは抜けフツーのオッサンでしたw

そしてある意味1番の主役であるシーザー役は前作と同様
アンディ・サーキスさんが熱(?)演。

07
(猿役の第一人者?)


この感じだと続編がありそうな予感もプンプンですが
もはや人間いらなくね?という( ・ ω ・ )

しかしこのままシーザーが猿のボスなら『猿の惑星』の
第1作目のようなことにはならなさそうだし(?)
1作目にいくまでにはかなりの年月を要する感じ
なんでしょうか。

いわゆる昔の『猿の惑星』シリーズが猿、怖い!の恐怖路線なら
このシリーズは感動路線でいくんでしょうかね。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【わたしは生きていける】~青春ドラマ~ | トップページ | 【ヴィオレッタ】~シリアスドラマ~ »

【SF/パニック】」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。
今日は友人と炉端焼きで飲んだ帰りで上機嫌ですw


これはまだ見てないのですが、
クローバーフィールドの監督なんですね!
アメリカでは大ヒットしてました。

前作でもシーザーはかなりカッコ良かったですが、
今作は旦那様がシーザー萌えしてしまうほどですか!w
しかしCGとは思えないリアルさですね。
これも近々見てみようと思います。

投稿: かっしー | 2015年2月12日 (木) 22時46分

☆かっしーさん


こんばんわ~。
炉端焼き、めっちゃ美味しいですよね!
私も久々に行きたいです・・・。

かっしーさんはてっきり試写か何かで観てると思いました!
そうなんです、『クローバーフィールド』と同じ監督なんですよ。
前作の『ジェネシス』とは監督変わりましたが
それが良かったのか?巷でも今作のほうが評価は高いですねw

いや~、シーザーのカッコよさは前作を凌いでましたww
もう猿じゃなくて人にしか見えないという・・・。
猿の表情の豊かさもスゴいし、CGも見どころのシリーズですね。

投稿: シバ美 | 2015年2月13日 (金) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【わたしは生きていける】~青春ドラマ~ | トップページ | 【ヴィオレッタ】~シリアスドラマ~ »