« 【地獄(’60)】~カルトホラー~ | トップページ | 【マレフィセント】~ダークファンタジー~ »

【50/50 フィフティ・フィフティ】~ハートフルドラマ~


★★★★☆(4、0)


01

diamond製作年度 : 2011
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : ジョナサン・レヴィン
diamondキャスト : ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン
diamond解説
ガンで余命わずかと宣告された青年の葛藤と周囲の人々の姿を、
笑いと涙を交えてつづるハートフル・ドラマ。
コメディー俳優セス・ローゲンの親友で、ガンを克服した脚本家
ウィル・ライザーの実話を基に、シリアスになりがちな闘病記を
新鋭ジョナサン・レヴィン監督がユーモラスに描き出す。
迫り来る死を意識しながら病魔と闘う主人公を、
『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが好演し、
彼の親友をセス・ローゲンが演じる。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond病気モノとして恋愛ドラマとして楽しめるハートフルな1本。
 (ネタバレあり)



評判も高くDVDになったら観ようと思っていたのに
結局タイミングを逃したところへの~!huluですよw
最近huluの宣伝みたいになってますがホントにhuluは
いいチョイスしてくるんで重宝してます(-ω-)

というワケ本作ですが、ガンで余命わずかと宣告された青年の
ドラマをハートフルに描いたというだけでも当たりそうなのに
なんたって主人公がジョセフ・ゴードン=レヴィットっすよ。
そりゃ面白いっしょ(-ω-)(←?)

とまぁちょっとスカした感じで見始めたものの・・・
ラストではフツーに号泣でしたよww
ちなみにタイトルは5年の生存率が50%なことから。

最近は病気モノでもサラっとしたモノが多く、
むしろ号泣させるような作品のほうが少ないですよね。
本作もまさにコレで、途中まではあまりにサラっとしすぎていて
『・・・え、アダムってガンだったよね?』と忘れていたほど(え?)

それには、良く言えば気を遣わない、悪く言や
お下品な悪友カイルの存在がとても大きいです。

02
(セス・ローゲンの表情w)


とりあえずオンナ、ひとまずいいオンナと寝ときゃいいんだよと
言わんばかりに彼の出演シーンは下ネタばっかなんですが
やはり彼あってのこの物語です。

07


またアダムの恋人、両親、セラピストなど彼の周りを取り巻く
人間模様もやりすぎないリアルな描写が現実味を帯び・・・って
見終わって知ったのですが、本作はカイル演じるセス・ローゲン
の親友である脚本家の実話だったんですね??
そりゃリアリティも生まれるわけですね。


実は病気のアダムをよそに浮気をしていたビッチ女の恋人が
後々ヨリを戻したいとやってくるシーンもなかなかリアル。

03
(こんなところにブライス・ダラス・ハワード)


でもアダムの父親が良かったぁ~(涙)。
アルツハイマーなのでもちろん彼の現状など
分かるハズもないのですが、だからこそ気も遣ってこないし(?)
とても自然で・・・なんというか、純粋なんですよねとっても。

04_2


こういうときはギャーギャー言って泣いてくるような父親よりも
逆にこんなお父さんのほうがグっときます(-ω-。)
途中から彼のニコニコしている表情だけで泣けてきましたw

もしかしたらこれが最期かもしれないというアダムの手術前も
大袈裟に緊迫した描写ではないのですが、それがまた余計に
胸が締め付けられました・・・。


さらには後半からグイグイ重要な人物となってくるアダムのセラピスト!
ビックリしたんですが、後半は恋愛要素も入ってくるんですね!?
でもそうなることに決して無理はなく、とても自然で良かったです。

05


職業柄、アダムのことを気に掛けるのは当たり前なのですが
彼女の場合はこんな出会いでなかったとしてもこうなる気がします。

06
(『トワイライト』に出てたらしいけど誰だっけ(笑)?
マリサ・トメイに似たとてもカワいい人でした~♡)


そして病気モノというとラストで主人公が亡くなるパターンも
多いですが本作の場合はとにかくハッピーエンドなのが良かった!
病気を克服したという面でも、恋愛面でも-。

術後、カイルがアダムの傷口にクリームを塗るシーンも
とっても微笑ましかったです(笑)。


しかしジョセフって決して華があるワケではないし(ヒドい)
一般的にはそこまで知名度が高い俳優ではないのに(ヒドい)
根強いファンが多いですよね!?
個性が強くないからどんな役にも染まれるし、
フツー君を演じさせたら右に出る者はいないというイミでは
日本の加瀬亮とも近い気がします。

一昔前のエドワード・ノートンとも立ち位置が似てません?
顔もなんとなく似てるような・・・。


いわゆる病気モノというよりは、たまたま病気を宣告された
青年のドラマと恋愛ドラマも楽しめるハートフルな1本。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 【地獄(’60)】~カルトホラー~ | トップページ | 【マレフィセント】~ダークファンタジー~ »

【ドラマ(ヒューマン)】」カテゴリの記事

コメント

素敵なブログですね!

ジョセフ、確かに華はないですが…そう、なんかいいです。普通なんだけど、ひょうひょうとしたような雰囲気が好きですわ〜。
いつも下ネタばかりのカイルが実はガンの本に付箋やマーカーまでした読み込んでたシーン、じーんときました。その上でいつもと同じように振る舞ってくれてたって、本当にいい奴だ!!

投稿: ihuru | 2014年10月25日 (土) 03時35分

☆ihuluさん

はじめまして、コメントありがとうございます♪
不定期なブログではありますがよろしくお願いします(笑)。

ジョセフ、私もスキです。
こういう普通な感じの人ほどイケメン役とか演じたら
その振り幅がスゴそうですよね(笑)。

カイル、良かったですよね~!
そうそう、あれだけフザけていながら実はアダムのことを
とても気にかけていたのもきました(涙)。
こういうのが本当の優しさかもわかりませんね。

投稿: シバ美 | 2014年10月26日 (日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【地獄(’60)】~カルトホラー~ | トップページ | 【マレフィセント】~ダークファンタジー~ »