« 【アバウト・タイム~愛おしい時間について~】~ヒューマンコメディ~ | トップページ | 【地獄(’60)】~カルトホラー~ »

【アウトブレイク】~パニックサスペンス~


★★★☆☆(3、5)

01_2

diamond製作年度 : 1995
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : ウォルフガング・ペーターゼン
diamondキャスト : ダスティン・ホフマン、レネ・ルッソ
diamond解説
アフリカ奥地で発生した未知の伝染病がアメリカに接近。
厳戒の防護措置が取られるもウィルスはとある地方都市に侵入!
街は完全に隔離され、米陸軍伝染病研究所はウィルスの謎を
懸命に解き明かそうとするが……。
エボラ出血熱を遥かに凌ぐ致死性を持つウィルスの恐怖と、
それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スリラー。
(allcinema ONLINEより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond今だからこそ重くのしかかるウイルスパニックの先駆け的な作品。
 (ネタバレあり)



世界的にエボラ出血熱の拡大が深刻な今だからこそ
改めてhuluで観てみました。

初めてこの作品を観たのは高校生のときで、
それはもう相当怖かった記憶が・・・。
この作品で感染で人が死ぬ恐怖とエボラの存在を知りました。

当時も結構騒がれたような気がしますが、
ウイルスパニックモノの先駆けともなった作品ですよね。
今では感染モノというとゾンビだの化け物だのホラー要素が
強い作品が多いですがあくまで医療系のマジメな作品です。

んで知らずに観てましたが私の大好きな
ウォルフガング・ペーターゼン監督だったとは・・・。


ちなみに原作ではエボラ出血熱ということで書かれているようですが
映画では“モターバ熱”という、エボラ以上の致死率と感染率を
持つ恐ろしい架空のウイルスが描かれています。
症状としては目、鼻、口などあらゆるところから出血し
死に至るという、エボラ出血熱とほぼ同じような症状。

エボラでもとんでもないってのにこんなのまで
出てきたらマジでどうするっつーの・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

02_2


映画ではたった1匹の猿がもたらした感染病だったわけですが
今回観たときも猿の捕獲シーンしか覚えていなかったほど
このシーンがドッキドキ!
見た目はモノクロでとってもカワいいんですけどね、
猿がこれほどまでに恐ろしく感じたことはないです(!)


しかしこの作品、もう約20年も前の作品になるんですね~!
さすがに映画としては高校生のときに観たときほどの興奮はなく
アレ、こんなだったっけ・・・?という感じもしましたが。

軍の上層部とのアレやコレみたいのは正直要らない気もしますね。
このエピソードがあるから紹介でもパニック“サスペンス”と
紹介されているものも多いんでしょうが。


悪役には安定のドナルド・サザーランド。
しかしこの時は高貴というかなんというか、
悪役だけれど気品が漂うキレイなジーサンですねぇ・・・(←?)

03_2


んで今思えばケヴィン・スペイシーも出てたんですね。
クセアリなキャラは封印し本作ではちょっといいヤツなんですが
そういやこの人って結局どうなったの??
助かったところも死んだところも出てない・・・よね(笑)?

04_3
(なんだかザツな扱いなケヴィン氏・・・)


主人公のダスティン・ホフマンは未だにこの人のスゴさが
よくわかんないという・・・(-ω-;)
なんつーか、ホント特徴ないんだよねこの人・・・。

レネ・ルッソも懐かしいです。
ミシェル・ファイファーと顔も似てるし立ち位置も似てる??
今ならケイト・ウィンスレットが演りそうな役。

05_2


後半の軍上層部との攻防エピソードのせいで
やや物語の焦点がボケたのが残念でした。
パニックのみの要素で人間ドラマを見せるエンタメな
作風にしたほうが観やすかった気もしますが。

それでも飛沫感染の恐ろしさ、感染経路の恐ろしさを見る
という意味では今となっては非常に重要な作品となりました。


たった今yahooを見たら『エボラ 犬から人に感染するか』という
なんともタイムリーな記事が出ていて本当~に
映画の中でのことではなくなってきていますよね(!!)
記事では犬から人に感染することはないと言ってますが・・・。

アメリカ人の感染が確認された今、日本にやって来るのも
もはや時間の問題なんではないかという気もしますが-
一刻も早い収束を願うばかりです(!)



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【アバウト・タイム~愛おしい時間について~】~ヒューマンコメディ~ | トップページ | 【地獄(’60)】~カルトホラー~ »

【サスペンス】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

この映画が公開された時は大学3年生で、
大学の友達と映画館で観ました。あー懐かしいw

冒頭、いきなり爆弾を落としてはい収束、のシーンはショックでした。
前半は緊迫感あるサスペンスだったのに
後半は何だかつまらなくなっしまったなぁという印象でした。
ウォルフガング・ペーターゼン監督の作品はボクも好きですが
代表作と聞かれると「ネバーエンディング~」しか思い浮かばないなぁ。。。
この作品もちょっと残念な作品でした。
あ「トロイ」もそうでしたね。

ケヴィン・スペイシーは顔から血を流して死にませんでしたっけ?

投稿: かっしー | 2014年10月11日 (土) 19時43分

☆かっしーさん


こんばんわ~♪

やはり!この作品はウチらくらいの世代の映画好きなら
間違いなく観てますよね(笑)。
かっしーさんは劇場行ったんですね~。
私は確か新作で借りた記憶があります(-ω-)

そうそう、冒頭の爆弾投下シーンはなかなかの迫力で
お、こんな面白そうなオープニングだったっけ?という
感じだったのですが確かに後半は失速しましたね(汗)。
アレコレ詰め込み過ぎたのかなぁ~と。

以前観たときはもっと面白かった記憶があったんですけどね。
さすがに20年も前となると感性も変わりますねw

ペーターゼン監督、いいですよね~。
これぞエンタメ!ってカンジで観やすいです。
あ、『ネバーエンディング~』もこの監督でしたっけ!
私はやっぱり『トロイ』で大好きになりました♪

ケヴィン・スペイシー、アレやっぱあのとき
死んだんでしたっけ・・・??

投稿: シバ美 | 2014年10月12日 (日) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【アバウト・タイム~愛おしい時間について~】~ヒューマンコメディ~ | トップページ | 【地獄(’60)】~カルトホラー~ »