« 【15歳、アルマの恋愛妄想】~青春ドラマ~ | トップページ | 【ハロウィンⅡ】~ホラー~ »

【美女と野獣(’14)】~ラブファンタジー~


★★★★☆(4、5)

01

diamond製作年度 : 2014
diamond製作国 : フランス/ドイツ
diamond監督 : クリストフ・ガンズ
diamondキャスト : ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ
diamond解説
映画やアニメーションなどで世界中の人々に愛されてきた
世界的に著名な小説を、『サイレントヒル』などのフランスの
異才クリストフ・ガンズ監督が映画化。
『アデル、ブルーは熱い色』などのレア・セドゥがヒロインを演じ、
野獣の姿をした王子の秘密に迫っていく。孤高の野獣を
『ブラック・スワン』などのヴァンサン・カッセルが好演。
美しくも切ない真実の愛の物語に胸が震える。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond実写は実写で十分に堪能できる、大人向けダークファンタジー!
 (ネタバレあり)



なんと、初めて試写会に当たりました(笑)。
と言っても今まで数回しか応募したことがなかったんですけどね、
当たることもあるんだと分かりw調子に乗ってアレコレ応募してます。
ちなみに300名の会場は数席を残しほぼ満席!
もちろんその9割は女性客でした(笑)。

さて、アニメの『美女と野獣』もディズニープリンセスの中では
1、2を争うくらい大好きな作品なんですが、正直なところ
実写版はストーリーにそこまでの期待をしてませんでした。
あくまで『美女と野獣』という設定はありつつも映像や世界観に
重点を置いた作品なのかなくらいに思ってたので。

それでもタダなので観る前からテンション高めの状態では
あったのですが、・・・いや~、めっちゃ面白かったwww!!
こんなに面白いとは思わずちょっと驚きました。

見終わった後に知ったのですが、監督は『サイレントヒル』
同じ人だったんですね!?
こちらも大好きな作品なのですが、ジャンルは違えど
映像の繊細さやダイナミックな美しさは健在。

さらにキャストのレア・セドゥとヴァンサン・カッセルが
どちらも好きな俳優で配役的にも私の中では
ドンピシャだったのが勝因だったと思われ(笑)。

02_2
(その美しい映像は圧巻!)


確かにストーリーはアニメとは大幅に異なっていますが
実写は実写で、恋愛、ドラマ、またわずかながらアクションも
堪能することが出来たりと1つの作品として十分楽しめる
仕上がりにはなっていると思います。
シリアスでダークな要素も多いのでアニメよりも大人向けです。

02


ベルの父親が野獣の城に迷い込み、ベルが城で囚われの身になる点や、
ラストではいわゆる悪者が野獣の城に攻め込んで来るなど
大まかな筋は同じと言ってもよいかと思いますが、
今回重要な部分は“野獣がなぜそのような姿になったのか-”
という野獣の過去。

これが、こちらだけでも1本の作品として見れるほど
良く出来たストーリーでして。
ベルが眠ると、夢の中で彼女自身が水の鏡の前に立ち、
その向こうで野獣のお話が展開されるのもちょっと素敵な演出。

04
(こちらが“野獣”側のストーリー)


彼がまだ人間の姿だった頃、愛した女性がいたのですが
彼女に『・・・雌鹿だけは狩らないで』というお願いをされます。
一瞬何のことを言っているんだろうと思うのですが
途中からなんとな~く、もしかしたらこの女性が・・・と-。

03


しかしそのお願いを無視し、雌鹿を矢で射る野獣。
駆け寄ってみるとそこには彼女の姿が-(!)
元は雌鹿で、魔法をかけてもらい人間の姿になっていたんですね。

またこの時の彼女の姿が、肝心な部分は一応隠れては
いるもののほぼ全裸!
その姿が見惚れてしまうほど美しくて、もはやアートの域!

そんな(色々なイミで)儚い姿で
『人間の姿になって、恋愛というものをしてみたかったの・・・』と
はにかむかのように言う場面は一気に涙がこみ上げました。
こんな大胆な描写はヨーロッパ映画ならでは。

そうして逆鱗に触れた魔法使いによって“野獣”の姿にされてしまうのです。

05
(これは自業自得ッすw)


ただ個人的には、野獣にそれほど愛した女性がいたというのは
ちょっとイヤな気もしたんですけどね。
ここはやはり初めて愛した女性はベルであって欲しかったんですがw


さらに、先ほども少し触れたアクション要素。
野獣が棲む森には“森の神”がいるんですが
これがもう石でできたみたいな超・巨人!

悪者たちが野獣の城に攻め込んでくると巨人たちとのバトルに。
気持ちが良いほど大胆な描写には『ジャックと天空の巨人』 を思い出し、
こんなシーンを全く予想していなかっただけになんだか
得した気分になりました(笑)。

06
(画像がないので残念ですが・・・)


ちなみに本作では男3人、女3人の6人兄弟なベルですが(多!)
兄貴がクズすぎてビビりましたw 姉貴もまぁたいがいなんですが。

10
(年齢不詳なベルの姉たち・・・)


様々な要素がキレイに盛り込まれテンポも良いので見やすかったです。
ただ!1つだけ贅沢を言うとし~た~ら(笑)
ベルと野獣とのパートをもう少し観たかった!(これが1番重要w?)

私が2人のシーンで最も好きなのが
『・・・約束を守らなければお前と家族を殺す』と言っていた野獣が
あるとき『・・・約束を守らなければ・・・』と言いかけて
ベルが『・・・私と家族を殺すんでしょ?』と返すと
『-オレが死ぬ』とか言っちゃうんですよ(キャーキャー!)wwww

09_2
(万能の薬をくれたりもします)


あの!常に自信たっぷりで強気だった野獣がですよ、
弱気なところを見せるんですよ!!
自信家が自分にだけ弱いところを見せるって
自分には心を許したってことじゃないですか!
こういうギャップに女はヤラれますよね~(?)

ベルがここで“落ちた”かどうかは分かりませんが
とりあえず私は落ちましたね(-ω-)(←聞いてねぇ)

あともう少しだけ(!)ベルが野獣に心惹かれる
決定的なシーンがあれば間違いなく5点満点の
作品だったので余計に勿体なく感じてしまいました・・・。


それにしても、ベルを演じたレア・セドゥの美しいこと×2(♡ω♡)!!!
この人って儚げで気だるげでアンニュイ(死語)な魅力がありますよね。
ケイト・モスとかと同じ系統な気がする。

08_2


派手な顔立ちではない分メイク映えもするし、
代わる代わる身にまとう煌びやかなドレスはまさに女子の憧れ!

私は『ミッドナイト・イン・パリ』 のチョイ役でナチュラルでカワいい人
だなぁ~と思っていたのですがパルム・ドールを受賞した
『アデル、ブルーは熱い色』で一気に名を広めました!
こちらも早く観たいです。

彼女、作品によって印象が全く違うのがスゴいですよね。
『ルルドの泉で』 のときなんて常にふてくされていて
全くキレイとは思わなかったんですけどね~(笑)!?
ホント、普通の女の子って感じだったし、
美人すぎないところが色んな役に染まれるんでしょうね。

さらには007の次回作のボンドガールにも選ばれた彼女、
今後ますます人気が出そうな女優さんです!


そしてこちらも(私の中では)注目していた
そのままでも野獣でイケるんじゃね?の
“リアル野獣”ことヴァンサン・カッセルww

11


この人が野獣にキャスティングされたと知ったときは
『分かってるなぁ~w』と嬉しくなりました。
悪役上等キャラはもちろんのこと、奇人変人も難なくこなす彼(褒めてます)

ちなみにこのヴィジュアルがどうしても受け付けなかった友人は
そのせいで作品の評価がかなり下がってしまった模様w
確かにどう見ても悪人顔だし、彼を知らない人からしたら
なんでこんなチンピラみたいな人をw!?となるんでしょうか。
アニメは普通に美形王子みたいのだったし。
・・・ハマるとクセになるんだけどなぁ~この人ww

言っても美女との絡みでは野獣の姿がほとんどだったので
彼の姿で演じるのは過去の回想シーンくらいなのですが。
しかしアニメ版では早く人間の姿になって!とか思ってたのに
本作でのケモナーな野獣がカワいくて!(?)
言ったらイヌ科じゃないですか野獣って▼-ω-▼(ネコ科?)

アレが実写とか、劇団○季のキャッツみたいなのになったら
どうしようとか思ってたのですがこれが巧いこと実写に馴染んでいて
違和感があまり感じられかったのはスゴいです。
カブりものなのか、CGなのか分からないほどw

だから物語が進むにつれ、もうこのままの姿でもよくね?みたいな。
私なら偽善じゃなくマジであのままの姿の野獣を愛せそうです( ・ ω ・ )

サブキャラクターでは、魔法により頭でっかちのメガネザルみたいな姿に
させられていた野獣の飼い犬のビーグルたち。
これに関しては魔法にかかっていたときのほうがカワいかった!
しかもベルともっと友達みたいになるのかと思ったら
ほとんど絡むシーンがなかったという▼-ω-▼フマン・・・。


アニメのイメージのままの実写を観ようとするとハードルが
上がってしまうかもしれませんが、こちらはこちらで
また違った見方が出来れば十分に楽しめる作品かと思います。
私の中ではアニメと共に大好きな作品となりました。

ちなみに余裕があればもう1回実費で劇場へ行こうと思っているので
もしかしたら☆5点になっているかもしれません(笑)。
まだ興奮気味のためw長文乱文になりましたが、
最後までお読みくださった方、ありがとうございました☆



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【15歳、アルマの恋愛妄想】~青春ドラマ~ | トップページ | 【ハロウィンⅡ】~ホラー~ »

【アドベンチャー/ファンタジー】」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。

試写会行ってきたのですね。
初試写会 かなり楽しめたようで何よりです。
シバ美さんのテンションの高さがこちらにも伝わってきて
読んでてこちらまで楽しくなりました(^-^)
これからも試写会どんどん当ててくださいね。
何度も言いますが、舞台挨拶付き上映は一度行ったらハマりますよ!

そしてこの映画 クリストフ・ガンズ監督作だったんですね。
サイレント・ヒルはボクも大好きな映画です。
映像のセンスの良さは抜群ですね。

投稿: かっしー | 2014年10月30日 (木) 22時25分

☆かっしーさん


こんばんわ♪

初試写会、行ってきました~。
試写会にもよるのかもしれませんがドリンクや食べ物を
場内で売っていて席まで持ってきてくれるんですね!?
入口では“サワーズかめかめ”を全員に配ってくれて
至れり尽くせりでした(笑)。

そういえば舞台挨拶付きの試写会ってネットに情報が
出てるんですか?
こっちはなかなか当たらなそうですが(笑)。

そうなんです、『サイレントヒル』と同じ監督だったと
知ってちょっと驚きました。
でもかっしーさんは興味ないですかね(笑)。
本作、男性が観てもなかなか楽しめるんじゃないかな~
という印象も受けました(-ω-)☆

投稿: シバ美 | 2014年10月31日 (金) 23時41分

買ったものを座席まで持ってきてくれるとは
そりゃスゴいですね!(笑)
映画館での試写会ですか?
たまーにサンプル品の配布もありますね。

試写会情報は、「試写会CLUB」というサイトに出てます。
すみません 舞台挨拶付き試写会の情報は
東京しかないみたいです。
でも最近では大阪でも初日舞台挨拶をやることが多いので
劇場の情報をこまめにチェックしてみてはいかがでしょう。

美女と野獣 ちとボク向きの映画ではないかなと思いましたが、(笑)
レンタル始まったら見てみますね。

投稿: かっしー | 2014年11月 1日 (土) 19時38分

☆かっしーさん


こんばんわ!
お返事遅くなりまして(汗)。

劇場での試写会だったのですが、毎日放送主催だったので
上映前には局アナのあいさつとサンプル品の紹介もありました。
これも結構珍しいんでしょうか(・ω・)?

買ったものを座席まで持ってきてくれるのは
あくまで上映が始まる直前までですが。
でも注文も座席でできるのでなかなかいいですよね☆

やっぱり舞台挨拶は東京のみなんですね~!
こういうときは東京いいなぁ(笑)。
B級ホラーもやってるしw

あはは、美女と野獣は男性云々ではなく女性にも
評判が良くないみたいなのでやめたといたほうが
いいかもです(爆)。

投稿: シバ美 | 2014年11月11日 (火) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【15歳、アルマの恋愛妄想】~青春ドラマ~ | トップページ | 【ハロウィンⅡ】~ホラー~ »