« 最近のシバ美的ハリウッドゴシップ。 | トップページ | 【0:34 レイジ34フン】~地下鉄ホラー~ »

【メトロ42】~アクションパニック~


★★★☆☆(3、5)

01

diamond製作年度 : 2012
diamond製作国 : ロシア
diamond監督 : アントン・メゲルディチェフ
diamondキャスト : セルゲイ・プスケパリス、アナトリー・ビェリー
diamond解説
ロシアの実力派スタッフ結集で放たれるパニックムービー。
大規模な地下水漏れが原因で巨大水流に飲み込まれた
地下鉄車両に乗り合わせた人々がサバイバルを繰り広げていく。
長さ117メートルに及ぶ実物大の地下鉄トンネルに本物の車両を
持ち込むなど、リアル志向のディザスター描写に圧倒されてしまう。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondロシア発、パニックシーンが見もののディザスタームービー。
 (ネタバレなし)



ロシアが国家勢力を挙げて作ったという(マジか)地下鉄パニック超大作。
大阪ではシネ・リーブル梅田で公開しており、確かにロシアの
パニックモノなんて観たことないよな~ということで気になってました。
よく考えたらロシア映画自体観たことないかも・・・
『チェブラーシカ』くらい(-ω-)??


東京都にも劣らないほど網の目のように地下鉄が
張り巡らされいるという大都市モスクワ。
ある朝、通勤ラッシュの人々を乗せた42号車輌は
前方から迫ってくる大量の水を前に急停止。
道路工事の影響で地下水がトンネル内に染み出していたのだった。
果たして乗客たちは無事助かることが出来るのか-!?


まず、想像以上のスケールには驚きました。
公式サイトによると、撮影のため117メートルのリアルサイズの
トンネルが建設され、2000トンもの水を使ったということで
“ロシアの本気”が感じられました。
これだけやってくれれば超大作も決してウソではありません(笑)。

02


しかし私が最も驚いたのは冒頭の急停止シーン。
それこそギュウギュウ詰めの列車にありえないほどの圧が
かかるワケですから、窓をブチ破って人が飛び出し、宙を舞い、
何かにぶつかったり、あるいは刺さったり(!?)
将棋倒しになる車内は人そのものが凶器!!
ここですでに多くの人が命を落とします。

03
(ド・迫・力!)


スローモーションで長めに描かれる前半の見せ場に
ロシアの“ドヤ!”という声が聞こえてきそうです。


そして実はほとんどの人々は列車から脱出し、
水に浸ったトンネル内を歩き、自力で助かるのです。

04


ここから物語は、タイミングを逃し列車内に取り残された
7人(+犬一匹)の脱出劇へと。

やはり限られた空間で水が脅威になるという点では
『ポセイドン・アドベンチャー』に近いような展開になってきます。
ギリギリのところまで水が迫り顔だけ出して息継ぎをするという
お決まりのシーンも、やっぱり苦しい!!

05


やはり水は怖いですね~!?
水にかなうものはないかもしれません!


それなりに長い上映時間もダレることはなく、
パニックモノに必要な要素はそれなりに押さえては
いるように見えるのですが・・・・
いかんせん、ドラマがショボい(激悲)。

7人のメンバーの中に、主人公と妻の不倫相手が
居合わせるという設定がすでに安っすいorz

06
(こんな画像しかないですが(汗)コレが主人公のアンドレイ)


地上では夫と娘の安否を心配し奔走する妻の姿が描かれるのですが
コイツがもうアバズレビッチなので同情の余地全くナシ。

07
(アンドレイの妻と不倫相手)


主人公にはほんのり共感できるような、できないような・・・。


演出も古いというかスベってる風なところも多々。
え、ここで?というところでやたら仰々しいBGMが流れたりと
がんばってる感が出ちゃってるんですよね。
夫と娘が地下鉄に乗っているかもしれないと判明したときの
妻のシーンは軽く失笑(-ω-)

こういったセンスのなさは“映画慣れ”していないなぁという
印象を受けました・・・。

また映像のせいなのかやたらレトロにも感じ
80年代くらいの作品にも思えました。
某レンタル屋の発掘良品とかにありそう・・・。

08
(美人なんだけど一昔前のボンドガールみたいなビッチ嫁)


そして地下鉄の管制室っていうんでしょうか。
あれだけの地下鉄のシステムをコントロールしているのが
あんなちっぽけな部屋で、しかも設備もえらく古いようで
ビックリしたんですが・・・( ・ ω ・ )アンナモン??
がんばっているところとそうじゃないところのバランスが
悪いようにも思えました。


作品全体としては、ドラマ部分を排除したとしても(え?)
パニックシーンなど見どころはありますし
決して物語が破たんしているというワケではないので
パニックモノが好きならそれなりに楽しめるかもしれません。
とりあえず、『ロシアのパニックモノってどうなのよ?』
と気になっている方にはちょっと観てみてほしいです。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 最近のシバ美的ハリウッドゴシップ。 | トップページ | 【0:34 レイジ34フン】~地下鉄ホラー~ »

【アクション】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のシバ美的ハリウッドゴシップ。 | トップページ | 【0:34 レイジ34フン】~地下鉄ホラー~ »