« 【肉】~ホラードラマ~ | トップページ | 【ブルージャスミン】~コメディドラマ~ »

【プリズナーズ】~クライムサスペンス~


★★★★☆(4、5)


01

diamond製作年度 : 2013
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ
diamondキャスト : ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール
diamond解説
『X-MEN』シリーズ、『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが
愛する娘を誘拐され、自力で犯人を捕まえようと行動を起こす父親を
演じるクライムサスペンス。
ヒューのほか、事件を担当する警察官に『ブロークバック・マウンテン』
などのジェイク・ギレンホール、容疑者に『リトル・ミス・サンシャイン』などの
ポール・ダノら実力派俳優陣が顔をそろえる。
わが子を誘拐され、悲しみや怒りをたたえた父親を演じるヒューの
迫真の演技が見どころ。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond物語はもちろん、役者の演技も見応えたっぷりの濃厚ミステリー。
 (ネタバレあり)



ヒュー・ジャックマンにジェイク・ギレンホールのサスペンスということで
ストーリーも面白そうだったので観に行ってきました。

ザ・アクション!ではない等身大の父親役のヒュー様も
気になってましたしね。
アクションが苦手なので『ウルヴァリン』を始め彼のアクションモノは
あまり観ていないのですが、本作みたいなフツーの父親役の
ヒュー様のほうがスキですね~私は!
(それでもいきなり爪をシャキーン!とか出しそうなんですが・・・)


感謝祭の日、何者かに連れ去られた娘-。

02


ある男が怪しいとして警察に連行されるも証拠不十分で釈放。
しかしその男が犯人だと信じて疑わない父親は、
“(警察が)やらぬなら 俺がいてまえ ホトトギス”的なイントロダクション。

03_2
(『・・・オレがやればいいんだ・・・』)


このテの、娘のために父ちゃんがんばっちゃうよシリーズは
リーアム・ニーソンの『96時間』以降やたら増えてきている印象ですが
本作はとても重厚でエンタメ要素などは皆無。
重いため息を吐きながらの(相当)しんどい153分だったのですが
いや~、面白かったです!
久々にただただ単純に面白かった!という作品でした。

ストーリーもさることながら監督の演出力がスゴくて
冒頭からラストまで同じ緊張感を保ったまま突っ走ってくれました。

同じ監督の『灼熱の魂』も非常に重苦しい話だったのですが
シリアスが得意なんでしょうね。


娘のためなら悪にでもなる-。
ヒューの暴走父はなかなかスゴかったです。

03_3


証拠がなくとも娘が見つかるまでは男を釈放するなと無茶を言い。
それがムリだとわかると自身で男を監禁し、ボッコボコに。

犯人に同情してはいけないと娘の写真を壁に貼り付けて自身を戒め、
目も開けられず膨れ上がった男の顔をさらに痛めつける描写は
なかなかしんどかった・・・orz

紹介ではクライムサスペンスとなってますがバイオレンススリラーと
言ってもいいくらいだよね・・・(-ω-;)

04
(『絶対に、アイツが犯人なんだ・・・!!!』)


実はヒューの娘と共に友人の娘も行方不明になっています。

とにかく行動起こすのみ!のヒューと冷静な友人。
心神喪失で寝てばかりいるヒューの妻と気丈な友人の妻。

こういう究極の状況下ってモロにその人の人間性が出ますよね。
始めはヒューの監禁・暴行に反対する友人ですが
娘のことを思い加担するようになります。

05


サスペンスといえど娘を失くしたことによる家族のドラマメインの話だと
思っていたので、犯人当ての謎解きのパートが始まるとは思わずビックリ。
てっきり犯人はこの男だという前提で進んでいく物語なのだと。

2時間半という上映時間はドラマもサスペンスもじっくり
見せようとしたからだったんですね。
これにはなんだか得した気分に(笑)。


そしてとうとう怪しい第三者の男が現れる・・・。

と、思ったらラストのほうで、
え・・・まさかヒューがwww!?またこのパターン!?
と思わせておいての~・・・・・バァさんかいwww!!という。

相当振り回されましたが、第三者の男も監禁されていた男も
犯人とは意外なところで繋がっていたんですね。
まさに“異常者は異常者を生む”です。

また関係がないと思われていた事件の伏線も回収されます。

ただ、助かった友人の娘の発言など見終わって若干『・・・?』
なところもあったりするのですが、あれは初めてヒューが
バァさん宅を訪れたときにヒューの姿を見た(声を聞いた?)
ということだったのでしょうか・・・。

もう1度見返したい部分というのもかなりありました。


そして久々に役者が皆スゴかった!!という作品でした。
役者の演技力で評価が上がっているところはかなりあるかと。

主人公のヒュー・ジャックマンはもちろんなんですが、それよりも
事件を担当する刑事役のジェイク・ギレンホールが良かったです。

06
(私の中ではトッ○ジージョとかネズミキャラのジェイク)


アクションからラブストーリーから結構何でも演じる役者ですが
年齢を重ね深みが出てきて刑事役も見事にハマってました。
一見誠実そうに見えながらも過去には犯罪歴もあるという
不完全さもひとつの魅力だったりします。

というより、ヒュー演じる父親や村の牧師、警察署長など
不完全な人間が多いのも物語のポイント。


さらには犯人役として疑われるにはうってつけの(?)ポール・ダノ。
見るからにオタクなんですが、まさに彼のための役柄といっても
良いでしょう(褒めてます)。

07


ヒューの友人役を演じたテレンス・ハワードもスマートで上品な
演技が良かったです。


そしてそして、私が最も驚いたのが・・・・
犯人役を演じたバァさんこと・・・・メリッサ・レオ!!!

08
(画像小さいですが・・・汗)


特殊メイクをして老けさせていることはわかっていたのですが
エンドロールでメリッサ・レオだと知ったときの衝撃(!!)
一気に鳥肌が這い上がってきて、物語も何よりも
最もゾっとしたのがこの瞬間でしたwww

09_3
(だって・・・元はコレだぜwww!?)


オスカー女優なので演技が巧いのも当たり前なんですが・・・
ナンなのこのシト・・・・。

(色んなイミで)怖すぎるwwwww


あのボソッ、ボソッとしゃべる感じや立ち居振る舞いとか
あんなの完全に・・・バァさんですやん( ・ ω ・ )

もっとシャキっとしたイメージだったんですが
あんなにオーラを消すことも出来るんですね~!?
オーラを出すよりも消すことのほうがはるかに難しいと
思うんですよね・・・。

これでアカデミーノミネートされなかったんだなぁという不思議。
これからは『演技が巧いと思う女優は?』と聞かれたら
メリッサ・レオと答えたいと思います( ・ ω ・ )タンジュン。


ドラマとしてサスペンスとして、さらには役者陣の演技など
とても見応えのあるサスペンスドラマでした。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【肉】~ホラードラマ~ | トップページ | 【ブルージャスミン】~コメディドラマ~ »

【サスペンス】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【肉】~ホラードラマ~ | トップページ | 【ブルージャスミン】~コメディドラマ~ »