« 【タイピスト!】~ラブコメディ~ | トップページ | 【フェノミナ】~サスペンスホラー~ »

【偽りなき者】~シリアスドラマ~


★★★★☆(4、0)

01

diamond製作年度 : 2012
diamond製作国 : デンマーク
diamond監督 : トマス・ヴィンターベア
diamondキャスト : マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン
diamond解説
『セレブレーション』『光のほうへ』などの名匠トマス・ヴィンターベアが、
無実の人間の尊厳と誇りを懸けた闘いを重厚に描いた人間ドラマ。
子どもの作り話がもとで変質者扱いされてしまい、何もかも失い
集団ヒステリーと化した世間から迫害される男の物語は、
第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞はじめ3冠を達成した。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond1度つけられた傷は、罪が晴れても永遠に消えないのか-。
 (ネタバレあり)


劇場で公開しているときから気になっていた作品。
ストーリーもですが主演はいま私が気になっている俳優の
1人でもあるマッツ・ミケルセン!

やはり私の大好きなデンマークの女性監督スサンネ・ビア作品
でも目にする彼ですがハリウッド映画にも多数出演している
俳優さんです。
上品で渋いんですが、悪役もできる多才な人ですね。
本作ではカンヌ国際映画祭の主演男優賞を受賞。

と、彼の話はこれくらいにして作品の話ですが、
・・・・・いや~~~~~しんどかった!!
想像通りではありましたが、久々の胸クソ注意です・・・ヘコみます。


妻と離婚し保育士をしながら1人暮らしをしているルーカス。
ある日園児であるクララがついた些細なウソにより
ルーカスが破滅の道へ向かっていくという超絶鬱ストーリー。

ルーカスに淡い恋心を抱いていたクララ。
恋心といってもまだ幼い子供なので
そんなたいそうなものではありません。
しかしそんな彼女の行いをちょっとたしなめたことから
機嫌をそこねてしまったクララがボソっと園長に言うのです。
・・・ルーカスに性器を見せられた、という趣旨のことを-。

02
(可愛いさの中にどこか残酷さを秘めた含みのある顔立ち)


すると女性園長は、ルーカスがワイセツ行為を
したという前提でコトを進めていきます。

痴漢の冤罪を描いた『それでもボクはやってない』
そうでしたが、女性側が痴漢をされたと言えば
男性の意見はほぼ通りません。
これってとっても恐ろしいことですよね・・・。

09


ましてや本作の場合は“被害者”は小さな子供。
そんな純真で無垢な少女がウソなどつくハズがないと
誰しもが思い込んでしまう・・・。
一種の集団洗脳に近いものがある気がします。
しかも少女はルーカスの何十年来の親友テオの娘だった-。

ちょっとの買い物をするにも知り合いに合わずに
済ますことができないほどの小さな村。
幼い頃から慣れ親しんだ仲間たちが一気に手のひらを返し
村全体が彼に牙を剥き始めることの恐ろしさといったら・・・。

07


買い物に出れば殴って追い返され、家には石を投げ込まれ、
挙句の果てには飼い犬までをも殺される-。

このあたりの描写は本当~に息苦しくため息ばかり・・・。
ダンナとも何度も顔を見合わせ『・・・イヤ(鬱)・・・イヤ(鬱)・・・』。

ここまでされて、なぜ村を出ないんだろう!?と思うのですが。
それでも彼には村を離れるという選択肢はないんですよね。
なぜなら自分は何も悪いことをしていないのだから-。
村を出れば罪を認めたことになるから-。

実は物語の中でルーカスがそこまで人々に無実を訴え
奔走するようなシーンは描かれていません。
やっとできた恋人にも詳細を話そうとはせずに追い返します。

10


初めて園長に呼ばれたときにもっと弁明するのかと思いきや
『・・・なぜそんなことを・・・』と言う程度。
肝心のクララが自分に好意を抱いていたということを
なぜ言わないのだろう!?とすごーく疑問だったんですけどね。
だって、クララがなぜそんなウソをついたのかという
1番の原因がソレじゃないですか。

確かに、あんな幼い少女がなんでオッサンに・・・と言われれば
それまでですが、今の子供は本当~にませてます、特に女の子。
なんたってクララはふざけてルーカスの唇にキスをしてくるような子。
ルーカスが男の子たちと遊ぶ様子を眺めるその目は
幼女というよりはもはや“オンナ”でしたよ、えぇ(笑)。

11


クララに腹が立ったというレビューもたくさん目にしましたが
私だって本当~~~に腹が立ちましたよ(笑)。

でも1番悪いのはやはり周りの大人たち。
なぜ園長はもっと彼女に確証を持てるような聞き込みをしなかったのか。
あんなの誘導尋問だろ・・・。

03_2


1度クララは『・・・アレはウソだったの』と母親に言うシーンもありますが
母親も彼女がショックからそう言っているのだと全く取り合わず・・・。

04
(本当の親子かってくらい似てましたこの2人・・・)


周囲の大人たち皆がクララと真剣にこのことについて
話し合わなかったことが今回の冤罪を生み出した
最大の要因だと思いますね。

しかしルーカスの冤罪にいち早く気付いたのも
当事者であるクララの父テオだった。

教会で不自然なほどにテオをじーっと見つめるルーカス。
無実を訴えるこの瞳に嘘はないとテオは確信したのでしょう。

05
(とても印象的なシーンでした・・・)


だからその直後ルーカスに殴られても彼は抵抗しなかった。
そうして、確証を得たクララの寝言・・・・・。

08


それでも作品を観ている側はどうにもスッキリとはしません。
なぜなら物語はそこからいきなり翌年になっており、
すでに村の人たちとは和解した様子。

最も見たかった、村人たちがこぞって『・・・疑ったりして悪かった!』
という謝罪のシーンは描かれていないのです。

ここを最も見たかったのに(笑)!!なんで肝心のシーンがないの!?
と思うのですが・・・ラストのラストである意味最も恐ろしいシーンが・・・。

村人たちと行った狩りでのワンシーン。
ルーカスのすぐそばをかすめる銃弾・・・そして逃げる人影。

06


一瞬、え、何コレ!?とも思うのですが
このときのカメラワークがなんだか不穏で
何か来そう(!)という予感はしてました。

表向きはルーカスの罪が晴れたとは言え
まだどこかで良く思っていない人間もいるのでしょうね
村の中には・・・って、おぉ~~怖!!!!

まだ堂々と面と向かって殴ってくるほうがマシですよ。
だって、結局このときの犯人が誰なのか分からないまま
今後も村で生活していかなきゃならないとか・・・。

私ならもうこんな村は捨てますけどね(笑)。
命の危険に怯えながら暮らしていくなんてまっぴら!


彼の無実の罪はいつか完全に晴れるときがやってくるのか-。
1度ついてしまった“傷”は目に見えずとも
永遠と残ってしまうものなのか-。

非常に考えさせられるお話でした。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 【タイピスト!】~ラブコメディ~ | トップページ | 【フェノミナ】~サスペンスホラー~ »

【ドラマ(シリアス)】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【タイピスト!】~ラブコメディ~ | トップページ | 【フェノミナ】~サスペンスホラー~ »