« あけおめ&お久しぶり&最近のシネマ関連。 | トップページ | 【アイシティシネマ】~劇場~ »

2013年公開&リリース作♦TOP10


というわけで昨年公開&リリースされた作品のTOP10です。

昨年は劇場公開と新旧DVDの全てを合わせ、
一昨年よりも2本少ない138本の作品を観ました。
ちなみに劇場で鑑賞したものは16本と私にしては意外と多かったです。
その中での対象作品81本の中でのランキングとなっています。


劇場鑑賞作はこちら。

diamondアルゴ
diamondライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
diamondフライト
diamondオズ はじまりの戦い
diamondクラウド アトラス
diamondシュガー・ラッシュ
diamondジャックと天空の巨人
diamondプレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
diamondオブリビオン
diamondインポッシブル
diamondアフター・アース
diamondワールド・ウォーZ
diamond死霊館(レビューなし)
diamondゼロ・グラビティ
diamondキャプテン・フィリップス



diamondランキングはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第10位 【アフター・アース】

01_6


diamondレビューはこちら
W・スミスは指示に徹する、ジェイデン君の壮絶なるおつかい。


ランキングを冷静に振り返って、本当に10位がコレでいいんだろうか・・・
という若干の不安を抱きつつも?私が面白かったからいいんです(-ω-)!

ウィル親子×シャマランさんのSF大作のハズが、フタを開けてみたら
ジェイデン君ただ1人による単なるおつかいだったということで
コケたという烙印を押されてしまった残念な作品。

確かに巷の想像するものとは大いに違ったであろう本作ですが
コレはコレで真面目に作ってあったと思うし(ラストで泣いたことは内緒)
私は楽しめました。

シャマランも珍作路線に走ることなく、久々に良かったと思いますよ(何サマw)


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第9位 【あの日 あの時 愛の記憶】

01_7


diamondレビューはこちら
歴史的要素も堪能できる実話の悲恋物語。


実はひっそりと劇場公開されていたこの作品。
私はDVDで観たのですが想像通りの良作でした。

ナチスの強制収容所で脱走に成功したカップルがいたというのにも
驚きですが、さらに彼女がこのとき妊娠していたという事実・・・。

運命の皮肉によって引き裂かれてしまう2人の現在と
数十年後の未来が交互に展開されていきます。

じんわりと涙が浮かんでくるようなラストも非常に美しく、
恋愛モノとしても歴史モノとしても堪能できる1本です。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第8位 【アルゴ】

01_8


diamondレビューはこちら
エンタメとしてもドキュメントとしても堪能できる極上の1本。


今や名監督の仲間入りを果たしたといっても過言ではない
ベン・アフレック監督第3作目にして念願のオスカー受賞作。

巷での公開もほぼ終わり、申し訳程度にミニシアターで
公開されていたのをギリギリで駆け込んで観てきたのですが
噂通りの傑作でした。

なんといってもコレが実話だということに尽きるのですが
終盤のまさに手に汗握る緊迫の演出の数々。
久々に心の中で叫びまくりました(笑)。

ドキュメントとしても非常に興味深い、痛快な1本。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第7位 【愛、アムール】

01_9


diamondレビューはこちら
重いテーマながら、気高く静かに描かれる夫婦の愛の物語。


アカデミー賞をはじめパルム・ドールやらゴールデン・グローブ賞やら
とにかく各方面で絶賛されまくった巨匠ハネケ監督の究極の愛の物語。

いや~、やってくれましたよ我らがハネケ先生(泣)。
とてもあの『ファニーゲーム』と同じ監督とは思えないッスw

いわゆる老々介護を扱ったお話なのですが、重すぎず
それでいて物語に染み渡る重厚で気高い空気作り・・・。
巧みで繊細なカメラワークはまさにハネケならでは。

また本作で最高齢でオスカーにノミネートされた
エマニュエル・リヴァの演技にも注目。

誰しもが少なからず人生観を変えられる物語がここにはあります。
タイミングを選ぶ作品だとは思いますがぜひ多くの方に見てもらいたいです。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第6位 【シュガー・ラッシュ】

01_10


diamondレビューはこちら
友情、アクションに悪役の存在意義までもを描く教育アニメ。


昨年もランクインしました、ディズニーアニメ。
毎度毎度斬新なテーマを打ち出してくるディズニーですが
今作はなんとゲームの悪役にスポットを当ててきましたよ(笑)!

ゲームの電源を切ったら終わりじゃないんです、
“そのあと”のキャラクターたちを描くとか目の付け所がスゴすぎるwww

アクション、友情、アドベンチャーにとどまらず、
悪役の存在意義までもを盛り込むとはいやはや恐れ入りました・・・。
ぜひ子供にも見せたい、大人も子供も楽しめる感動アニメ。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第5位 【パシフィック・リム】

01_11


diamondレビューはこちら
“たかがロボット”をとんでもないスケールと愛を以て描く超大作。


劇場に行く予定など全くなく、ましてやロボットなぞにも全く!興味のない
私がベスト5に入れてしまったあたりでどれほど面白い作品なのかは
言うまでもないでしょう・・・(-ω-)

ロボット vs 怪獣といういわば子供向けストーリーを、
こんだけのカネをかけて、こんだけの(オタク)監督が作ったら、
こんな傑作になってしまうんだよ!?ということを知らしめた本作。

まだまだ映画というものの底力を見せつけられ、いち映画ファンとしても
非常に嬉しくなってしまった作品でした。

これ以上の説明は不要、見て損はさせません(笑)。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第4位 【世界にひとつのプレイブック】

01_12


diamondレビューはこちら
ちぐはぐカップルが贈るユーモラスなロマンティックコメディ。


アカデミー賞に8部門ノミネートされ、ジェニファー・ローレンスが
22歳という若さでオスカーを受賞したロマンティックコメディ。

主たるストーリー云々よりも(?)サブエピソードや
それぞれのキャラクターが皆素晴らしい!!

ジェニファーもめったクソwカワいいのですが、
これまで何とも思わなかったブラッドリー・クーパーのイタすぎるキャラに大ウケ!
2枚目よりもこういう役のほうが絶対ハマると思いますこの人ww

でも笑えるだけでなくラストではしっとりと恋愛モノへとシフト。

ジェニファー&ブラッドリーのダンスシーンもお気に入りで
サントラもほぼ毎日聞いてます♪
様々な俳優に打診されていた主演の2人ですが私はやっぱり
この2人で良かったなぁ~と(>ω<)。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


3位 【ジャックと天空の巨人】

01_13


diamondレビューはこちら
ハラハラドキドキ、文句なしのアドベンチャー快作。


いやぁ~、久しぶりに!これぞアドベンチャーという傑作に出会いました。
珍しく2度劇場に足を運んだのですが2度とも大満足。

天空という誰しもが憧れを抱く舞台にも胸躍るのですが
ストーリーも起承転結しっかりと作ってありテンポも非常に良いので
一気に見られます。

巨人が地上に降り立ってきたときの大迫力や美しい風景など
映像的にも素晴らしくこれはスクリーンで観て良かったと心底思いました。

また主人公のジャックを演じたニコラス・ホルトが
ジェニファー・ローレンスの彼氏だと後々知ってビックリ(爆)!
ジェニファーの彼氏ってこの人だったんですねぇ~∑(゚∇゚|||)!?

売れっ子同士のカップルを今後も見守っていきたいです(なんだこの締め・・・)


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第2位 【テッド】

01_14


diamondレビューはこちら
コメディや下ネタに留まらないドラマとしての完成度。


まさかのオヤジグマが2位www

私の映画史においていわゆるコメディが3位圏内にランクインするとか
もうないかもしれませんねww

この作品も説明不要ですね、もうテッドがカワいいのなんの(>ω<)!
あのモッコモコの身体で主人公とガチバトルするシーンは大のお気に入り。
・・・しかしそれだけでなく!想像以上にドラマがあったのでこの評価です。

なんだか下ネタがすごいとかそればかりが先行していたように思うのですが
主人公との友情や恋愛模様、後半ではテッドの救出アクションwへと移行。

テッドの身体が『・・・ギャああああ!!』というシーンではまさかの号泣ww
笑って泣いて(カワいくて)ただひたすら楽しめた1本です。
続編は2015年4月に全米公開とのことで、楽しみですね♪

そうは言っても結構な下ネタもあるので観る人を選ぶとは思いますが・・・。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


crown 第1位 【インポッシブル】

01_15


diamondレビューはこちら
究極の絶望と感動を同時に見せつけられる衝撃作。


スマトラ沖地震の津波を題材にした実話ということで
映画としてはやや反則なモチーフではありますが
・・・凄かった、想像以上に凄かったです・・・。

正直なところもう2度とこの作品を観ることはないだろうと
思ってしまうくらい、これっぽっちの妥協も許さず、
想像の遥か上を行く凄惨な描写があります・・・。

なのでこの作品を観ようか少しでも迷っている方には
薦めようとは思いません。

それでもラストで見せるたった一筋の光によって
全てが報われたような、そんな涙が溢れて止まりませんでした・・・。

良くも悪くも精神的疲労を伴う作品ではありますが
ここまで感情を揺さぶられた作品はやはり貴重だということで
昨年観た中で唯一の☆5コです。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


というワケで2013年はこんなランキングになりました。

1、インポッシブル
2、テッド
3、ジャックと天空の巨人
4、世界にひとつのプレイブック
5、パシフィック・リム
6、シュガー・ラッシュ
7、愛、アムール
8、アルゴ
9、あの日 あの時 愛の記憶
10、アフター・アース

↓11位以下はこんなカンジ。

11、リヴィッド
12、最強のふたり
13、鍵泥棒のメソッド(レビューなし)
14、プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
15、人生の特等席
16、クラウド アトラス
17、ロックアウト
18、ワールド・ウォー Z
19、アメイジング・スパイダーマン(レビューなし)
20、オズ はじまりの戦い


結構色んなジャンルにバラけているようにも思えますが
やはり邦画は少ないですね~(汗)。
唯一ランクインした『鍵泥棒のメソッド』は安定の面白さでしたが。

あとかなり意外だったのはガイ・ピアースの『ロックアウト』って
巷の評価低いんですね~!?
かなり面白かったんですが、なんででしょ・・・。

さらには、私の苦手なwトビーからアンドリューへと
キャスト変更された新生スパイダーマンが想像以上に面白かったこと。
アンドリュー、かなりスキです・・・(←?)


そしてちょっと番外ですが、14位の『プレイス~』でスゴい俳優が
出てきたなぁ~と私も注目していたデイン・デハーンが
やはり数々のメディアで取り上げられてきてますね~!
やっぱりディカプリオ似と紹介されてます(笑)。

01_17

その容姿に負けないほどの実力がしっかりと伴っている彼。

4月公開の『アメイジング・スパイダーマン2』ではジェームズ・フランコが
扮した重要な役を演じている彼ですが、伝記映画『Life』では
ジェームズ・ディーン役にも抜擢されるという快挙!

少し前まで劇場公開していた『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』も
評判は良いようですし、今年はさらに彼の人気が爆発しそうな予感です!



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ



|

« あけおめ&お久しぶり&最近のシネマ関連。 | トップページ | 【アイシティシネマ】~劇場~ »

映画◆ランキング◆その他」カテゴリの記事

コメント

「インポッシブル」少し前にレンタルで見ました。
これは涙なしには見れない映画ですね。
津波で流されるシーンが半端なかったです。
ナオミ・ワッツの顔から徐々に生気がなくなっていくので
もうダメなのかな。。。と思いましたが
ラストは全員がふたたび一緒になれて良かった。
ユアン・マクレガーは「ジャックと天空の巨人」といい
素晴らしい映画に立て続けに出てますね。
本当にいい映画でした。


「アフター・アース」はボクも楽しめました。
巷では酷評されまくりですね。
ウィル・スミスファンだというのを差し引いても
けっこう楽しめる映画だと思うけどなぁ。。。
シャマランはデビュー作が凄すぎたから
未だに期待されてしまうんですかねぇ。


そういえば、マーク・ウォールバーグが
自身の一番の黒歴史に「ハプニング」を挙げてるみたいですね。
あの映画も好きだけど 当人は思い出したくもない過去だとか。
うーん そんな酷い映画じゃないと思うけど。

投稿: かっしー | 2014年1月 7日 (火) 23時38分

☆かっしーさん


おぉ、かっしーさんも『インポッシブル』ご覧になりましたか!
これは相当疲れました・・・(泣)。

津波シーン、流木にぶつかったりする描写があまりにも
生々しく思わず全身の力が抜けていくのが分かりました。
ナオミ・ワッツの演技に初めて凄い・・・と思いましたよ。
ユアン・マクレガーもコンスタントに良作に出てますね~。

うんうん、ラストは本当~~!に救われました。
この実話も凄いですよね~。
日本でもこのようなエピソードはありそうですが
映画化するにはまだまだ早いでしょうね・・・。


『アフター・アース』私もかなりスキですよ!
シャマランというのもありますがやはりウィル親子のSF!
ということで期待値はさらに跳ね上がってしまったんでしょうね・・・。
まぁウィルはかなり贅沢な使い方ではありましたが(笑)。


マーク・ウォールバーグ!そんなコト言ってたんですか(笑)!
ショック・・・そんなひどいこと言わないで。
私も『ハプニング』はかなりスキな作品なのに・・・(-ω-。)
自身の出演作をそういうこと言う俳優ってたまにいるけれど
例え興行的に失敗したとしても他の出演者のこともあるし
安易に言わないで欲しいッス(困)。

投稿: シバ美 | 2014年1月 8日 (水) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あけおめ&お久しぶり&最近のシネマ関連。 | トップページ | 【アイシティシネマ】~劇場~ »