« 【ポゼッション(’12)】~オカルトホラー~ | トップページ | 【フッテージ】~オカルトホラー~ »

【ザ・ワーズ 盗まれた人生】~シリアスドラマ~


★★★☆☆(3、0)

01

diamond製作年度 : 2012
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : ブライアン・クラグマン、リー・スターンサール
diamondキャスト : ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・アイアンズ
diamondストーリー
自分の才能を信じてくれている妻ドラに支えられながら
奮闘しているものの、作家としての成功をつかめずにいるロリー。
新婚旅行に出掛けた彼は、ふと立ち寄ったアンティークショップで
一束の原稿が収められたアタッシェケースを発見。
その原稿の魅力あふれる内容や文章に感嘆し、許されないことだと
わかっていながらも自分が執筆した小説として発表するロリー。
出版されるやベストセラーを記録して華々しい生活を謳歌するが、
そこへあの原稿を書いたという男が訪ねてくる。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondこの題材ならドラマではなくサスペンスのほうが良かったのでは。
 (ネタバレあり)



『世界にひとつのプレイブック』を見て以来、私の中でキテるw
ブラッドリー・クーパー主演のサスペンスということで見てみました。
ストーリーも面白そうでしたしね。

小説家を夢見ながらもなかなか芽が出ず苦悩するロリー。
ある日骨董品店で買ったカバンにたまたま誰かの小説が入っており
悩んだ末に自身のものとして売り出し、一躍ベストセラー作家に。
しかし、本当の小説の主がロリーの前に現れて・・・といったストーリー。

02


めっちゃ面白そうじゃないですか、
どう考えても面白くなりそうじゃないですか!

・・・勝手にスリリングなサスペンスを想像していた私ですが
これってヒューマンドラマだったんですね( ・ ω ・ )
また白黒つけるような物語ではなく、含みを持たせた曖昧な結末です。
見る人によって判断を任せているようなところがあります。

しかもこんなに重厚な設定にも関わらずそこまでのシリアスさもなく
なんか軽めのテイストなんですよね・・・。


自身の若かりし悲恋話を小説にした老人(ジェレミー・アイアンズ)。

03


小説を自身のものとして売り出したロリー(ブラッドリー・クーパー)。

04


さらに上記2人の物語を語る小説家クレイ(デニス・クエイド)という
3人の物語が交互に展開していきます。

05


いってみたら3つの物語が楽しめるわけです。
しかし、デニス・クエイド演じる小説家の存在だけが最後まで
ハッキリとはせず、老人とロリーの話が完全なるフィクションなのか、
はたまたクレイは歳をとったロリーなのかなという推測も出来るのです。
それは、ラストのクレイの台詞にロリーを匂わせるようなニュアンスが
含まれていることから。


自分の小説を盗作され世に出されたにも関わらず老人はロリーを
責めることはせず、そのことを全て受け止め生きることを提示します。

06


これが小説を書いた当初の若者だったならまだしも、
あれからおよそ半世紀という時代を生き抜き、
また波乱な人生を歩んだ老人からしたら
色々と思うところがあったのでしょう・・・。

むしろ失くしたと思っていた自身の小説が、
不本意な形ではあってもときを超え世に出され、
どこかホッとした思いもあったかもしれません。
なんといっても小説は離別してしまった妻との
大切な思い出そのものですしね。

スリリングなサスペンスにも成り得る題材を、
ロリーという1人の人間の苦悩のドラマに仕立てたんですね。

07
(共演がきっかけで一時交際していたブラッドリーとゾーイ)


こう書いてみると、これはこれで面白そうなストーリーにも思えるのですが
サスペンスと思って見たのがいけなかったのかノレるポイントを
逃したままラストまで流される形になってしまったのは残念でした・・・。

またこういうとアレですが、老人が書いた悲恋モノというのが
んん、そこまで?という・・・。

08


いや、普通に切ないお話ではあるのですがわりとありそうな話でもあり、
現代でこの話がベストセラーになったというのに若干の違和感(-ω-)
子供が亡くなって落ち込むのももちろん分かるのですが・・・
奥さん、もう少し乗り越えようと努力する姿勢を見せようよ・・・。
『オレも子供を亡くしたんだ!』という彼の気持ちもよく分かります。


そしてコレを言ってしまうと元も子もないのですが
このストーリーを三重の構成にした理由が分からず
クレイのエピソードはいるのかなぁ??と。
このエピソードのカラーだけがやけに浮いていて
物語にあまり合っていない気がしましたね。
特にオリヴィア・ワイルドとのシーン・・・(-ω-)

唯一良かったのはさすがともいえるジェレミー・アイアンズの演技。
最近あまり映画では見かけなかった彼ですが(?)ますます
渋みが出て彼のシーンはとても良かったです。
ちょっとダニエル・デイ=ルイスに近いものがある気もします。

09


個人的な好みで言えばこの題材でぜひサスペンススリラーを
作って欲しかったですね。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【ポゼッション(’12)】~オカルトホラー~ | トップページ | 【フッテージ】~オカルトホラー~ »

【サスペンス】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ポゼッション(’12)】~オカルトホラー~ | トップページ | 【フッテージ】~オカルトホラー~ »