« 【テッド】~コメディ~ | トップページ | 【愛、アムール】~ヒューマンドラマ~ »

【LOOPER/ルーパー】~SFアクション~


★★★☆☆(3、0)

01

diamond製作年度 : 2012
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : ライアン・ジョンソン
diamondキャスト : ジョセフ・ゴードン=・レヴィット、ブルース・ウィリス
diamond解説
タイムマシンで送られてきた人物を消すことを生業とする
すご腕の殺し屋が、殺しのターゲットとして転送された
未来の自分とのスリリングな追跡劇を繰り広げるSFアクション。
『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『ダイ・ハード』
『エクスペンダブルズ』シリーズのブルース・ウィリスが、
それぞれ主人公の現在と30年後を演じる。
画期的なアイデアと、過去の自分対未来の自分という
究極のバトルが興味をそそる。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondエンタメというよりややアートテイストなSFアクション。
 (ネタバレあり)


こちらも劇場で公開しているときから気になっていたのですが
なんとなくDVDを待ちました。
・・・これはDVDで良かったな・・・。

面白くないというワケではないのですが面白くなりそうで
なかなかエンジンがかからず、延々と滑走路を走り続け
最後の最後でようやく離陸した、みたいな・・・(-ω-)

ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットというやや異色の
取り合わせと、未来の自分を殺さねばならないというこれまた異色の
SFストーリーに期待していたのですが。

台詞や説明も少な目で、エンタメアクションというよりはややアート風。
いつものブルース・ウィリスなテイストを想像すると肩透かしを食います。
それもそのはず・・・監督は『BRICK ブリック』でジョセフとタッグを組んだ
ライアン・ジョンソンという監督だったのですね!?
こちらも以前見たのですが結構フクザツな話だったように思います・・・。
本作でも笑いどころなどは一切なしの真面目テイスト。


現在の自分が未来から来た自分を殺さなければならないということで
現在のジョーをジョセフが、30年後のジョーをブルース・ウィリスが演じています。
・・・全然似てなくね(-ω-)?というのはさておき。
ダレるようなこともないのですが現在と未来を行ったり来たりとやや混乱。

02


また物語には超能力も絡んで来るのでホラー映画?というような
壮大なオカルトなシーンもあり、後半は物語のキーとなる
超・超能力少年とその母親が登場。

03


要はその超能力少年が未来ではトンデモナイ悪党になるので
未来のブルース・ジョーが少年を殺しに現在にやってくるのですが、
現在のジョセフ・ジョーは少年と母親とちょっと良い関係になってしまい
なんとかそれを阻止しようとする、という。

04


惜しかったのは現在と未来、どちらのジョーにも
あまり感情移入ができないという点。
どちらの視点で、またどういうつもりで見たらよいのか
イマイチ分からないまま物語が進んでいくのです・・・。
まず見た目があまりにも似ていないせいか
これが同一人物というリアリティも感じられず。


ブルース・ジョーのパートでは自分を変えてくれたという
アジアンビューティーとの悲劇的なエピソードが描かれるのですが、
同情させようみたいのがなんだか安っぽい・・・。

05


んでジョセフ・ジョーと少年の母親とのくだりはさらに安っぽいという・・・。
こういう筋書きに恋愛が入ったりするとミョーに冷めてしまうんですよね。

06
(エミリー・ブラント、本作では全然華がなかった・・・汗)


唯一、ジョセフ・ジョーがラストで下した結論はなかなか良かったですが
彼がここまでして親子を救おうとする説得力があまり感じられませんでした。


超・超能力少年役の男の子はオカルトな顔立ちなので
彼の登場シーンだけがなんだか『オーメン』のようなテイストに。
このSFなストーリーにはちょっと似つかわしいような気もしましたが。

そしてジョセフの良さが本作ではイマイチ出てませんでしたね~。
老けたのかなんなのか、顔がちょっと違うようにも見えました。

ブルースはもういい加減におじいちゃんなので
アジアンビューティーとのシーンは介護に見えてしまうという(泣)。

あと驚いたのが、ジョーのボス役でジェフ・ダニエルズが!

07
(私の中では元々悪役のイメージだけど、こんな役が増えていきそう・・)


髭を蓄え、えらくシブくなっていて驚きましたが彼は良かったですね。
やっぱり第一印象はビル・プルマンと間違えたけどwww
おそらく一生見分けがつかないと思う、この2人。
詳細はこちらの記事をどうぞ(笑)。

clip似ているハリウッドスター。


設定やモチーフは良かっただけにストーリーの作り込みが
甘く感じられた、ちょっと残念な作品でした・・・。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【テッド】~コメディ~ | トップページ | 【愛、アムール】~ヒューマンドラマ~ »

【SF/パニック】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。


ジョセフ・ゴードン・レヴィットは特殊メイクをして、
ブルース・ウィリスの仕草を研究して
似せようとしたみたいですね。
でも元の顔が違いすぎますよね(笑)


巷での評価はかなり高かったですが、
ボクもイマイチ楽しめませんでした。
最初から「ラストのオチありき」の映画という気がしました。

投稿: かっしー | 2013年9月 5日 (木) 22時20分

☆かっしーさん


こんばんわ~♪


・・・え、ジョセフ特殊メイクしてたんですかΣ(・ω・ノ)ノ!
だからビミョーに顔が違うような気がしたんだ(笑)!
でも一体どこをどうメイクしたのか分からない・・・。

私も予告を見た感じではもっと面白いんだと思ってました。
このキャストとストーリーでなぜこうなってしまったのか。

確かにオチのためにストーリーを後付けしたカンジがしましたね。
ジョセフ・・・ここいらでもう1発くらい当てないとこのまま
静かに消えそうな予感も(-ω-)

投稿: シバ美 | 2013年9月 7日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【テッド】~コメディ~ | トップページ | 【愛、アムール】~ヒューマンドラマ~ »