« 【28週後...】~感染ホラー~ | トップページ | 【キャビン】~異色スリラー~ »

【ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀】~スペクタクルドラマ~


★★★☆☆(3、5)

01

diamond製作年度 : 2011
diamond製作国 : ドイツ
diamond監督 : フィリップ・カデルバッハ
diamondキャスト : マキシミリアン・ジモニシェック、ローレン・リー・スミス
diamond解説
1937年5月6日に起きた、飛行船ヒンデンブルグ号の爆発炎上を
題材にしたスペクタクル・ドラマ。
同事故が政治的陰謀によって仕組まれた工作だったという設定のもと、
ヒンデンブルグ号に乗り込んだ男女の運命をスリリングに映し出す。
現存する貴重な資料を基に再現された、ヒンデンブルグ号の造形も見ものだ。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondなかなか楽しめる、空版“タイタニック”。
 (ネタバレなし)



実はひっそりと劇場公開していたこの作品(笑)。
どうやら元はドイツのテレビ映画として作られた
180分の作品を劇場公開用に110分に縮めたんだそうで。

飛行船ヒンデンブルグ号爆発事故をモチーフにした作品
ということでちょっと気になってました。
基の事故はそんなに知らないんですけどね(汗)。

この事故が実は政治的な陰謀によるものだったという設定から
こんな安っぽい邦題がつけられてますが(-ω-)
他にも同じ題材の作品が2作品くらいあるようですね。

しかし飛行船って、なんだかもうそれだけでワクワクします。
意外にも飛行船をモチーフにした作品ってそんなにないですし
それこそ『魔女の宅急便』とか宮崎アニメで見るくらい( ・ ω ・ )
あ、ミラジョボの作品でもありましたねそういえば。


小型飛行機で湖に落ちてしまったところを令嬢ジェニファーに
たまたま助けられた、ヒンデンブルグ号設計技師のマーテン。
彼女には許嫁がいるのですがお互いちょっと気になる存在に-。

07


ある日ジェニファーの父の容体が悪化したためヒンデンブルグ号で
父の元へ向かう母子ですが船に爆弾が仕掛けられていて・・・というお話。

06


設定からどこか空版『タイタニック』を思わせるような
ストーリーですが私はなかなか楽しめました。
巷の評価は結構散々のようですが(苦笑)。

マーテンが爆弾が仕掛けられていた真相を暴いていく過程や
2人の恋愛模様、ラストの飛行船炎上のパニックシーンなど
最後まで飽きることなく見れました。

03
(夜の飛行船はとても幻想的・・・)


だからこそ逆に180分バージョンも見てみたい(!)
しかし70分削るって結構だよね・・・一体どこが削除されたんだろ!?

さすがにタイタニックのほどの緊張感はないものの、
爆発シーンは想像よりもかなりの迫力があり
思わず『おぉ~。・・・おぉ~』と声が漏れましたw

05


『バックドラフト』でも思いましたが、
これでもかという勢いで迫りくる火はまるで生き物のよう。
個人的には水のあの“じわじわ迫ってくる感”がとても苦手なので
まだ火で一瞬で吹っ飛ぶほうがマシだったりしますが(-ω-)

こういったお話なのでストーリーに意外性などはありません。
それでもマーテンが爆発物を解除したにも関わらず放電現象により
結局は爆発してしまうというところにちょっと驚きましたが・・・。
でもこれで爆発を回避してしまったら物語が成立しませんしね(笑)。

主人公の2人もなかなか良かったです。
ヒロインはキレイな女優さんでしたし
最初はなんとも思わなかったマーテンがなんだかえらく
カッコよくなってきて途中からはもはや別の観点で見てましたw

08_2
(一昔前ならブレンダン・フレイザーとかが演りそうなカンジ?)


マーテン役のマキシミリアン・ジモニシェック(噛みそうw)
という俳優さんはこの作品以外の出演作はまだないようですね。

なんとなく深夜とかにひっそり放映しそうな気もするので(え?)
ちょっと気になっている方はぜひどうぞ。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 【28週後...】~感染ホラー~ | トップページ | 【キャビン】~異色スリラー~ »

【ドラマ(シリアス)】」カテゴリの記事

コメント

シバ美さま、

時々おじゃまして、楽しませていただいております。
キネマ・エアラインズという、ウルトラLCCを運営しておりますキネマ航空CEOと申します。

「ヒンデンブルグ」といえば1975年のロバート・ワイズ監督、ジョージ・G・スコット、アン・バンクロフト主演もありましたね。

「ヒンデンブルグ大爆発(2007)」もありますがロマンスなどかけらもなし。ディスカバリー・チャンネル風のドキュメンタリィ調です。

三作品とも爆発までの過程が幾分異なっているようです。それはさておき、いつか模型による特撮とCGの差などシバ美様の突っ込みを伺ってみたいですね。

さて、映画好きのご主人、男の子の飛行機好き、を忘れずにおられるようでしたら、ぜひご一緒に当 KINEMA AIRLINES にご搭乗いただければうれしいです。

キネマ航空CEO 拝

投稿: キネマ航空CEO | 2013年9月24日 (火) 22時37分

☆キネマ航空CEOさん


はじめまして、コメントありがとうございます♪

飛行機に特化したブログを開設なさっているのですね??
飛行機愛がとっても感じられるブログでステキです☆


さすが『ヒンデンブルグ』の映画は全て見ているのですね。
1作目は結構前の作品なんですね・・・。
2作目はドキュメンタリー風ですか。

また機会があったら見てみたいと思います(笑)。

投稿: シバ美 | 2013年9月25日 (水) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【28週後...】~感染ホラー~ | トップページ | 【キャビン】~異色スリラー~ »