« 【花と蕾 ヴァージン・プレイ】~官能サスペンス~ | トップページ | 【アメリカン・サイコ】~サスペンスドラマ~ »

【へんげ】~ホラーサスペンス~


★★★☆☆(3、0)

01

diamond製作年度 : 2011
diamond製作国 : 日本
diamond監督 : 大畑創
diamondキャスト : 森田亜紀、相澤一成、信國輝彦
diamondストーリー
とある静かな住宅地で暮らしている夫婦。
そんな二人は、夫が体をのけぞり恐ろしい叫び声を
上げるほどの発作に、たびたび悩まされていた。
無数の虫に意識を乗っ取られるような症状を止めようと
検査をするが、現代医学の力をもってしても原因はわからず、
回復するきざしもない。
そんなある夜、夫の肉体がこれまでにないほど不気味な
変態を遂げ始める。
そして、思いもよらなかった恐怖が夫婦に降り掛かっていく。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond良くも悪くも、究極の変身モノ。
 (ネタバレあり)



公開前、職場のホラーマニアの人から
『またオモロそうな作品があるで~w』と聞かされていたこの作品。
しかしこれがいざDVDレンタルされてみると近所のレンタル屋では
取り扱いなし・・・(またか)。

ということで宅配レンタルでようやく見ることができました。


謎の奇病によって肉体が変態を遂げていく男を描いた・・・
というとやはり『鉄男』を思い起こしてしまうワケですが。
とはいえ、こちらはまだ未見なんですよね私(なんか勇気がなくって)。
先に『鉄男』を見ておきたかったんですが。

『鉄男』が全身が金属に変化するのに対し、本作の場合は・・・
これはフツーに怪獣(化けモン?)でいいんでしょうか(-ω-)


物語をザックリと言うと、度々重度の発作に悩まされていた夫。
ある日とうとう夫の片脚が“へんげ(変化)”する-。

02_2


それはブヨブヨとした怪獣のような脚・・・。
妻もさすがにこれ以上は手に負えないと知人の研究員に
夫を引き渡すことに。
しかし施設から逃げ出してきた夫を不憫に思った妻は夫を家に匿う。
夫の肉体はとうとう完全体になり、その姿は戦隊モノの怪獣さながら。

03
(どっかでこんなん見たことある・・・)


しかも人間を食糧としていることを知った妻は夫のために
出会い系などで引っかけた男を夫にあてがうのだった・・・。


自主映画なので54分と短く、サックリと観れます。

ごくごくフツーの夫婦の日常が一気に非日常へと変わるという
コンセプトはなかなか良く、前半はかなり引き込まれました。

ただ、やっぱり、あのラストが要らないwww 

警察から逃げていた夫婦がようやく捕まってしまい
夫に銃弾やら砲撃を浴びせた途端、夫、まさかの巨大化。
ゴジラ並みの巨大化www

んでビルを踏みつけ、人を踏みつけ、マジでゴジラ的展開。
なぜか妻まで『行け~~~~!』とか応援しちゃう。
なんでこんなことになっちまうんだww


解説には“クライマックスで感動させてしまう”とあったのですが
・・・どの・・・あたりが( ・ ω ・ )??
まさか『行け~~~!』のくだりじゃないよね?・・・よね。
こんな姿の夫でも愛するとか、そういうこと??

04_2


前半は良い意味でのチープだったのが、
ラストで一気に悪い意味でのチープに。

せっかくそれまで地味ながらも頑張ってきたカンジが
一気にはっちゃけましたね。
結局はコレがやりたかったんでしょうか(-ω-)
収集がつかなくなってなんだか“逃げられた”ようにも感じました。
何も解決せず、街を壊しまくる怪獣の姿でENDですしね。


また出演者は夫婦と研究員のほぼ3人だけなのですが、
彼らの棒な演技が妙な素人っぽさを生み、逆にリアリティがありました。
こういった作品でなければ見る気を失いそうな棒っぷりです・・・。

自主製作として見ると、へぇ~結構良く出来てるなぁ~ですが
個人的に楽しめたかというと・・・やはり☆3つが妥当なところですね。
とはいえ私自身自主映画というものをあまり見たことがないので
偉そうには言えないのですが、かなり良く出来ているほうなのでしょうか。


やっぱりこの機会に『鉄男』を観なきゃいけないかなぁ(?)



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【花と蕾 ヴァージン・プレイ】~官能サスペンス~ | トップページ | 【アメリカン・サイコ】~サスペンスドラマ~ »

【ホラー】」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。


これ 気になってたんですが
レンタル始まったんですね。
たしかユーロスペースで上映してました。
ラストのオチは以前ネタバレを見て知ってました(^_^;)
この監督 この映画が認められて
破壊獣 とかいう映画を撮るみたいです。


鉄男 も似たようなレベルですよたぶん(^_^;)

投稿: かっしー | 2013年7月30日 (火) 21時45分

おひさです♪

オラもちょっと前に観たのですが…
またもや(?)感想が真逆ですね(笑)

オラは前半のモロに自主映画然とした貧乏臭さが
どうも気に入らず、
最後のブットビ展開でちょっと挽回と言う感じでした。
(感動、とまでは行きませんでしたがw)

「ラストで感動」はどうやら確信犯だったみたいですよ。
確かDVDに収録されてた舞台あいさつで、
「あの感動的なラストカットがまず最初に浮かんだイメージだった」
と監督さんが仰ってましたし。
もっとも、映画を観る前の舞台挨拶で
いきなりラストシーンの話をしてしまったので
すごく顰蹙を買ったみたいですけど(爆)

投稿: たまきち | 2013年8月 1日 (木) 02時09分

☆かっしーさん


そうなんですよ、結構前にレンタルはされていたのですが
近所のレンタル屋になかったのでしばらく放置してました・・・。
でもTSUTAYAでは取り扱いがないかもしれません(汗)。

かっしーさんはネタバレ知ってたんですね(笑)。
でもまぁこのテの作品ってそもそもがネタバレ?なので
オチというほどでもないのかもしれないのですが。
へぇ~、今度もやはり怪獣モノなんですね。
ん~、もういいや(笑)。


え、『鉄男』も似たレベルですか(-ω-;)

投稿: シバ美 | 2013年8月 1日 (木) 16時09分

☆たまきちさん


おひさです、玉吉さん♪


そうそう、以前玉吉さんのレビューは拝読してたんですよ。
・・・そっか、玉吉さんはあの前半が気に食わなかったんですねw
確かに男性からは後半はウケが良いみたいですが。

私はやっぱりホラーにああいうオフザケは要らない派ですね~(汗)。
クスリともできなかったし(-ω-;)一気に冷めてしまいました・・・。

でもやっぱり“ラストで感動”ありきで作られた作品なんですね。
って、見る前にネタバレするなよ監督ww
テンションあがりすぎたのかw!?

投稿: シバ美 | 2013年8月 1日 (木) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【花と蕾 ヴァージン・プレイ】~官能サスペンス~ | トップページ | 【アメリカン・サイコ】~サスペンスドラマ~ »