« 【レッド・ライト】~ミステリー~ | トップページ | 【花と蕾 ヴァージン・プレイ】~官能サスペンス~ »

【めぐりあう時間たち】~ヒューマンドラマ~


★★★☆☆(3、5)

01

diamond製作年度 : 2002
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : スティーヴン・ダルドリー
diamondキャスト : ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア
diamondストーリー
1923年のロンドンで精神的な病を患いながら「ダロウェイ夫人」を
書くバージニア・ウルフ。
51年のロサンゼルスで「ダロウェイ夫人」を読む家庭の主婦。
01年のニューヨークで詩人の友人のためにパーティを
開こうとする女性編集者。
3つのドラマが交錯していく。
(eiga.comより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondありがちなストーリーも、見せ方が出色のヒューマンドラマ。
 (ネタバレあり)



ニコール・キッドマンがオスカーを受賞した
3つの時代を紡ぐ3人の女性たちの物語。

なぜかニコールが付けっ鼻をしていたことだけが先行して
いたのですが(私の中で)、鼻のエピソードは物語とは
特に関係がなかったんですね(汗)。


1923年、ロンドン郊外-。
『ダロウェイ夫人』を執筆するバージニア・ウルフは
うつ病を患っており、常に死の影をちらつかせながら生活していた。

02


1951年、ロサンゼルス-。
『ダロウェイ夫人』を愛読する妊娠中の主婦ローラ・ブラウンは
どこか自分の生活に満足できずにいながらも夫の誕生日のため
ケーキを焼こうと準備する。

03


2001年、ニューヨーク-。
『ダロウェイ夫人』と同じ名前の編集者クラリッサ・ヴォーンは
エイズ患者の作家の友人が栄えある賞を受賞したため
記念パーティーの準備に取り掛かる。

04


これら3人の1日の出来事が、まるで同日に起こっているかの如く
交互に映し出されていきます。

一見何のつながりもなさそうに見える3人の女性ですが、
途中で繋がってきます。
実際に繋がってくるのはローラ・ブラウンとクラリッサですね。

またハッキリとは言えないのですが、バージニアは姉に執着を、
ローラも女性の友人とキスをし、クラリッサも女性のパートナーと
暮らしていたりとちょっと同性愛を思わせるようなシーンがあります。


で、嫌~な予感がしていのですが、本作でのニコール・キッドマン演じる
キャラクターがやっぱり好きになれず・・・(-ω-)。

『オーストラリア』でも言ったのですが、どうしてもこの人の演じる
キャラクターが好きになれないものばかりで・・・orz。
常に周りに対して怒鳴ったり不機嫌そうな顔をしている
彼女の姿ばかりが浮かぶのですが、本作のバージニアも然り。

06


良くしてくれている夫へも不信感を露わにし、
メイドにもとりあえず難癖つけてみないと気が済まないという。

んでやはり付けっ鼻にも最後まで馴染めませんでした・・・。
もちろん理由があってのことなのでしょうがヘンに美人を
隠そうとしているようであざとく感じられww

ニコール自身は好きなんですが女優としてはどうしても
キレイすぎて演技向きではないというか・・・。
なんかどの役も全部同じに見えてしまうんですよね
この人に限っては。


で、そんなこんなで(?)この作品ではローラ・ブラウンが
最も共感できました。

優しい夫に息子もおり、現在も妊娠中で一見恵まれた環境
にも見えますがどこか満たされない彼女。
些細なことも大きな違和感となり、自身に押しつぶされてしまう・・・
人よりもとても繊細な女性なんでしょうね。

05_2
(ジュリアン・ムーアはハマり役)


彼女のしたことは決して許されることではありませんが
このくだりだけは妙に納得してしまうのでした。
そして彼女の息子こそが、のちのエイズ患者の作家なのです。
バージニア同様、自ら命を絶ってしまいます。

07
(エド・ハリスにしてはちょっと珍しい役・・・)


結末だけを見ると何も報われない皮肉な運命を辿る3人ですが
けだるいムードや美しい映像などであまりそれを感じさせない
作りになっています。
バージニアとローラに関しては自身に酔っているかのようにも見え、
ありがちな文学的テイスト(-ω-)。


1つ1つのエピソードを見るとありそうなストーリーでもあるのですが
タイトルどおり3つのエピソードをめぐり遭わせたことが出色の作品です。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【レッド・ライト】~ミステリー~ | トップページ | 【花と蕾 ヴァージン・プレイ】~官能サスペンス~ »

【ドラマ(ヒューマン)】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【レッド・ライト】~ミステリー~ | トップページ | 【花と蕾 ヴァージン・プレイ】~官能サスペンス~ »