« 【ルーム205】~オカルトホラー~ | トップページ | 【インポッシブル】~実話ドラマ~ »

【オーストラリア】~恋愛ドラマ~


★★★☆☆(3、0)

01_2

diamond製作年度 : 2008
diamond製作国 : オーストラリア
diamond監督 : バズ・ラーマン
diamondキャスト : ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン
diamondストーリー
第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた
英国貴族レディ・サラ・アシュレイ。
サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、
土地を守るために粗暴な現地のカウボーイと手を組み、
遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。
反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年との
出会いを通し、徐々に惹(ひ)かれあっていく。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond様々な要素を詰め込み、もはや主軸が分からない3時間・・・。
 (ネタバレあり)


ヒュー・ジャックマン×ニコール・キッドマン主演のナニやら壮大な
ラブストーリーということでちょっと騒がれてましたっけね。

タイトルも『オーストラリア』(!)と国名なんか付けてしまうあたりに
ミョーな自信を感じてしまったりするわけですが・・・。
出演者たちもオーストラリア出身の俳優で固めたようですね。

ちなみに今回知らずにたまたま同じバズ・ラーマン監督の
『ロミオ&ジュリエット』も借りてきたのですが、
私どうやらこの監督合わないみたいです(-ω-)。
『華麗なるギャツビー』も気になってましたがなんとなくダメそう・・・。


まず2時間45分という上映時間ですが・・・長いwww
(悪い意味で)時間をしっかり感じさせる3時間となっております。
これにはストーリーの構成がイマイチだったのではないかと-。

第二次世界大戦を控えたオーストラリア-。
英国貴人のレディ・サラ・アシュレイは夫が遺した土地と
1500頭もの牛を相続するため、現地のカウボーイ、
ドローヴァーと共に牛を引き連れダーウィンまで長旅をする。

02_2


この長旅の中ですでにサラとドローヴァーが惹かれあっていることは
分かりますし、こちらのエピソードだけでも2時間弱はあり
十分物語としても成立していますのでここでENDでも良かったと
思うんですよ( ・ ω ・ )。

03_2


というのも、このあととってつけたように(?)
第二次世界大戦へと突入するという戦争ドラマへと移行。
・・・えぇ、ここから今度は戦争モノが始まるの!?という。

04_2


こちらはこちらのエピソードで決して悪くはないのですが
それならもう戦争ドラマだけでいいよwwと。
なんだか別の作品になってしまったかのようなトーンと
まだ見せられるんかい(!)というミョーな苛立ち・・・。

おそらくこれらのエピソードが巧いこと融合されていなかったのと
全体を通して妙に軽い演出に入り込めませんでした・・・。

例えばサラが夫を亡くすシーンなどでは彼女の悲しみが
ほとんど描かれておらず、しばらくするともうドローヴァーのことが
気になっているという(!)。
あまりにもサラっとした描写に、アレって夫じゃなく別の人だったのか??
とマジで考えてしまったほど。

この時点でかなり萎えてしまい、周囲の人間の言う
『夫が亡くなってまだ喪も開けていないというのにあんな派手な衣装で・・・』
というのもごもっとも(-ω-)。
監督は嫌味のつもりで入れたシーンかもしれませんが、いや、その通りだろw

05_2
(あんな派手な衣装・・・)


そして物語の重要なエッセンスとしてアボリジニの子供が出てきます。
始めは子供は苦手だと言っていたサラも母親を亡くしたこの子のために
母親になってあげようとこちらのドラマも進行していきます。

07_2


あまり見たことのないアボリジニという民族の風習や
ちょっとスピリチュアルな要素などはなかなか興味深かったです。
ただこのエピソードが物語に巧く馴染んでいるかと聞かれると『・・・・・』。

またここでもサラの『・・・白人と黒人だって命の重さは同じはずよ!』
という台詞などが言わされている感満載に聞こえなんだか安っぽい。
台詞ばかりに頼りすぎている印象で、それに伴うエピソードが
イマイチ描かれていないんです。

06_2
(アボリジニの少年はとても可愛らしい男の子でした)


これは個人的な意見ですが、ニコール・キッドマンって
どの作品もわりと似たようなキャラクターが多く
しかもイラっとするような役どころが多いんですよね・・・(おそるおそる)。 
美人だが気位ばかりが高く常に怒鳴っているような(-ω-)。
とは言えオスカー受賞歴もありますしニコール自体は好きなんですが、
この人の作品となると躊躇するのも事実・・・。

キレイどころな役が多いので、本作でも顔を汚しているようなシーンを見ると
『こんなにがんばってるわよ!』というアピールにしか見えない(ひでぇww)。

08_2


キレイすぎて人間味が感じられないせいか
演技にどう~しても重みが感じられないんですよね・・・。
・・・あ、これは完全に個人的な戯言ですので彼女のファンの方は
聞かなかったことにしてください(-ω-)。


ラストでは一応感動作な味付けがされウルっとするようなシーンも
あるのですが1本の作品としてはなんだかなぁ・・・という。
素直に良かったとは言いたくない何かがあるというww

09_2
(キレイなんだけれど狙ったような画ヅラが多い・・・)


ただ前半の、崖っぷちで1500頭もの牛を追うシーンなどは
あまりの迫力に鳥肌が立ったほどでした。

10
(ド迫力です!!)


聞いたことしかなかった“牛追い”ですが、ただ追っているだけでなく
かなりのテクニックを要するものなんですね。
ここであのおじちゃんが亡くなってしまうシーンが1番良かったかもw


そしてこの作品で見たヒュー・ジャックマンが今まで見た中では
1番好きですね私は(-ω-)。
↓こんなカッコとか、どこのマルボロのCMかと思いましたよ。

11
(どことなくイーストウッドにも見える・・・)


タキシードを着ているキレイキレイしている彼よりも
粗暴で髭が生えているぐらいのワイルダーなほうがカッコいいです。


あまりにも様々な要素を詰め込み過ぎたせいで主軸が分からず
ボンヤリとした印象を残した壮大な物語でした・・・。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【ルーム205】~オカルトホラー~ | トップページ | 【インポッシブル】~実話ドラマ~ »

【恋愛/青春/ガールズ】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。


バズ・ラーマン監督
先週来日してたそうです。
新宿で「華麗なるギャツビー」展が開催されてて
そのゲストで来たそうです。


ラーマン監督の映画 実は見たことないんです。
有名な作品はたくさんあるけど
なんかボクの見たいジャンルではないというか。。。
芸術家肌の監督ってイメージがあります。


ヒュー・ジャックマン
たしかにワイルドな方がかっこいいですね。
去年の9月に「ウルヴァリン サムライ」の撮影で日本に来てて
増上寺での撮影の時に見れたのですが
やはりワイルドな風貌でかっこ良かったです(^-^)

投稿: かっしー | 2013年6月17日 (月) 00時48分

☆かっしーさん


こんばんわ♪

バズ・ラーマン監督来日してたんですね~。
へぇ『華麗なるギャツビー』展ですか。
この作品って元ネタは有名な話なんですよね??


私もこの監督の作品は今回初めて見たんですが
どちらかというと女性向けの作品が多いかもしれませんね~。
芸術家肌・・・というのも良く言い過ぎかもしれません(爆)。
『オーストラリア』なんてヤホーでは3点以下ですし
なんというか編集もあまり巧くないような・・・。

ディカプリオが好きなんでしょうねこの監督。


ヒュー・ジャックマンはやはりワイルドが1番似合ってますね!
どちらかというと私の範疇の作品にはあまり出ない役者さんですが(汗)
プライベートでもめっちゃ良いパパですし私も好きな俳優さんです☆

投稿: シバ美 | 2013年6月20日 (木) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ルーム205】~オカルトホラー~ | トップページ | 【インポッシブル】~実話ドラマ~ »