« 【襲撃者の夜】~ホラー~ | トップページ | 【パフューム ある人殺しの物語】~サスペンス~ »

【ヴァージン・スーサイズ】~ガールズムービー~


★★★☆☆(3、5)

01_2

diamond製作年度 : 1999
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : ソフィア・コッポラ
diamondキャスト : キルスティン・ダンスト、ジョシュ・ハートネット
diamond解説
美しくてかわいく、それでいてどこか謎めいたところのある
リズボン家の5人姉妹。
ヘビトンボが、美しい郊外の街を覆いつくす6月、
そんな5人姉妹の末妹セシリアが聖母マリアの写真を
胸に抱きながら、剃刀で腕を切った。
一命はとりとめたものの、彼女は数日後、自宅で開かれた
パーティーの最中、窓から身を投げて命を落とす。
繊細でかつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、
巨匠F・F・コッポラの娘にしてこれが監督デビュー作の
ソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いたドラマ。
(allcinema ONLINEより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondサラっと突き放されたようなガールズムービー。
 (ネタバレあり)


『マリー・アントワネット』『SOMEWHERE』などで知られる
ソフィア・コッポラ監督の初監督作品。
結構驚いたのが、15年ほど前の作品でありながら
キルスティンの外見が今とあまり変わらないってことΣ( ̄ロ ̄lll)
この人フケないんですかね・・・それとも当時が大人びてるのか(!?)

さて、ガールズムービーとはいってもそこはコッポラ監督なので
単純なストーリーではないです。
というよりも本作をガールズムービーといってよいのか・・・
サスペンスといえばサスペンスにもなりえますし、
結末だけを見るとかなり鬱です。

タイトルからしてすでにネタバレになってしまうのですが
“スーサイズ”=“自殺者たち”で、直訳すると
“汚れのない自殺”のような意味合いになるらしいですね。
原作は『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』だそうで
そのまんま、という感じですが・・・(-ω-)。


1970年代のミシガン州。
教師を父に持つ13歳~17歳までの美しい5人姉妹。

02
(姉妹とか憧れるわぁ・・・)


しかしあるとき末っ子が自殺してしまう・・・。
なかなかショッキングな冒頭に暗い物語になってしまうのかと思いきや、
物語は意外にも(?)ここからガールズムービーのような体を見せます。

中盤主に描かれるのは主人公である14歳のラックスの恋愛模様。
いわゆるプレイボーイな“トリップ”のアプローチに
最初は興味がなさそうにしながらも徐々に惹かれていきます。

04_2
(こんなところにジョシュ・ハートネットが!・・・若ッw!!)


厳格な両親に許しを請い、初めてパーティーに参加する姉妹たち。
そこで初めて結ばれたトリップとラックスですが、なんとトリップは
ラックスを手に入れた途端に冷め、ほったらかしで帰宅。

このヘンがまたミョ~にリアルというかなんというか・・・。
確かに一見そのへんのプレイボーイにも見えるトリップですが、
ラックスに出会ってからは明らかに彼の変化を読み取れましたし
彼女の父親にも誠意を見せたりと好印象だったのです。
なのであまりにもサーっと引いていった彼にはこっちもポカーン。

しかしこのエピソードが物語の核ではありません。
結果、両親との約束を破り朝帰りをしたラックス。
罰として、なんと姉妹4人ともが外出禁止をくらいます・・・
しかも学校にも行かせてもらえないという異常ぶり。

06


そんな中、姉妹4人が自殺をして幕を閉じるという-。

こう聞くととんでもなく鬱な作品のようにも思えますが
美しい映像の中で描写もサラっとしているのでそこまで
ヘコむような描かれ方はされていません。
物語が近所の男の子の回想として語られているのも
そんな効果があったのかもしれませんが。


そして劇中、彼女たちがそこまで深刻そうに悩んでいるような
シーンなどもありません。
なんなら、冒頭で亡くなった末っ子が1度自殺未遂をしたときも
『死にたかったわけではない・・・』と。
死ぬことにそこまでの理由や意味などないというようなことが
感じられ皮肉にも思えます。

ちょっと美しい中二病じゃないけれど・・・
この年頃の子供って死に対する憧れというか、
こういうのがカッコいいみたいに映ったりすることがあるじゃないですか。

特に彼女たちはいつも白いレースをあしらったような
洋服を着ておりそんな様相がこれまた儚くも感じます。
ラックスは両親に隠れてハメをハズしてもいましたが
他の4人は言いつけを守り、真面目に生活をしているようでしたし。

06
(パーティーの衣装)


のちに亡くなった4人は厳しすぎる両親に対する
反発のようなものもあったんではないかという気もしますね・・・。


しかし本作で驚いたのはその出演者の豪華さ!
最も驚いたのがトリップ役のジョシュ・ハートネット!
不思議な髪型はさておき(?)こんなに美少年だったんですね∑(゚∇゚|||)
さらには母親役のキャスリーン・ターナーにヘイデン・クリステンセン、
スコット・グレン、ダニー・デヴィートとか、スゴ!!
しかもなぜかナレーターにジョヴァンニ・リビシという。

ヘイデン・クリステンセンがイマイチよく分からなかったのですが
あの近所の男の子にえらそう?に言ってたコ??
あんま面影なかったぞ・・・。


私の周りではイマイチだったという話も聞いていて
確かにストーリーだけを見るとだから何なの・・・?と
思えるかもしれません。
ただあまり狙ったようなところがなく、とても自然でナチュラルに
物事が運んでいった展開は好印象でしたね。

末っ子の自殺から始まり、トリップが冷めたこと、そして4人の自殺-。

大した理由などなくても人間はふとしたときに冷めてしまうこともある・・・。
全てのことに明確な理由があるわけではない、と言われているような
実はかなり恐ろしい物語なのでは・・・とも思ってしまうのでした。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


ポスターはどれもガーリーでカワいい♪

01_4 08 07



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【襲撃者の夜】~ホラー~ | トップページ | 【パフューム ある人殺しの物語】~サスペンス~ »

【恋愛/青春/ガールズ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【襲撃者の夜】~ホラー~ | トップページ | 【パフューム ある人殺しの物語】~サスペンス~ »