« 【桐島、部活やめるってよ】~青春ドラマ~ | トップページ | 【トールマン】~サスペンスミステリー~ »

【オズ はじまりの戦い】~ファンタジー~


★★★☆☆(3、5)

01_2

diamond製作年度 : 2013
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : サム・ライミ
diamondキャスト : ジェームズ・フランコ、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズ
diamond解説
L・フランク・ボームの児童文学「オズの魔法使い」に登場するキャラクター、
オズを主人公にしたファンタジー。
魔法の国オズに迷い込んでしまった奇術師が織り成す冒険や、
それによって大きく変わる運命を壮大なスケールで活写する。
メガホンを取るのは、『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ。
最先端VFXとライミ監督のセンスが融合した圧倒的ビジュアルにも目を見張る。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondお子様でも十分に楽しめるこれぞ王道ファンタジー。
 (ネタバレあり)


実は『クラウド アトラス』の前日に見に行っていたんですけどね。
忘れてしまわないうちにレビューしておこうかと・・・。

ジェームズ・フランコにミシェル・ウィリアムズにレイチェル・ワイズとか!
初めて本作を知ったときは私のための作品かと思いました。
あまりにも好きすぎる俳優の共演で(-ω-)。

なので『オズの魔法使い』の詳細は知らないんですよね( ・ ω ・ )スミマセン…。
いや、なんとなくあらすじは知ってるんですけどね、でもホントその程度。
本作はオズの魔法使いの前日譚にあたるストーリーなんだそうですが、
私のようにオズの魔法使いをナメきっている人でも(それは言いすぎ)
シンプルで見やすかったです。
そしてハードルを下げて見たせいか(←?)フツーに楽しめました。


お調子者の手品師オズは、トラブルから逃げるため気球に乗りこむ。
しかし竜巻に巻き込まれたどり着いたのは、なんとも美しい魔法の国オズだった。

03


この国では邪悪な魔女によって支配されており、やはり同じ名前の
『“オズ”という魔法使いが現れたときにこの国を救ってくれる』
という言い伝えがあった。

05_2


西の魔女、東の魔女、南の魔女・・・誰が本当の悪い魔女なのか。
お調子者のオズが心を入れ替え悪い魔女と戦う姿がユーモアを
交えながらファンタジックに描かれます。

もうな~んのひねりもなくド直球なのでお子様でも
安心して見られる内容となっています。
大人が見るにはストーリー的には物足りないかもしれませんが
こういった作品にストーリーを求めている人はそういないと思うので(?)
美しくもメルヘンいっぱいの映像を堪能するだけで醍醐味は
十分に味わえるのではないかと。

10


逆に『オズの魔法使い』に思い入れがある人ほど
純粋に楽しめないかもしれないですね。

久々に劇場でファンタジーを堪能しましたが、やはりこういうのって
何も考えずにただただ映像に酔いしれることができるので癒されますね。
カラフルでキラキラでうっとり・・・。

そして楽しみだった三者三様の美しい魔女。
レイチェル・ワイズとミラ・クニスは美人でも
どちらかというと悪女顔だもんね(笑)。

08


レイチェルの色白さとバッチリメイクの美しさったら!
ミラのハルクの女版みたいな姿はひどいながらも
ちょっとハマっていて笑ってしまいました・・・。

15_2
(特殊メイクなのか、CGか・・・??)


んでもうミシェル・ウィリアムズがカワいすぎる~(>ω<)♪
いわゆるモっさい役もできる彼女ですが、金髪美女の魔女もハマってました!
コスチュームも上品でキレイでまさに目の保養。

09


しかしサム・ライミ、当初は南の魔女にヒラ男さんことヒラリー・スワンクを
推していたんだそうで、マジかライミww。
確かにヒラ男さんなら誠実なイメージはあるし良い魔女にはピッタリかも
しれませんが、ヒラ男さんが出ると作品のイメージ自体が
変わってしまう(笑)。

実際スタジオ側と意見が対立しミシェルになったようですが(爆)。
『美女たちの共演』というコピーは使えない
ここはそこまでキャラが強くないミシェルで正解だったかと・・・。

そしてオズのお供をする猿のフィンリーと陶器娘ジョーイのカワいさ!

11
(猿の困り顔( ´・ω・`)・・・萌!!!)


特に陶器娘はヤバかったですね~(>ω<)!
儚さと繊細さがハンパなくって脆いカンジが
ミョ~にくすぐられました(陶器だし)。
割れてしまっている脚をオズが接着剤でくっ付けるシーンに
ミョ~なエロスが(-ω-)(←?)。

陶器の町だけのエピソードを見たいくらいでした。

12
(なんだか神秘的な陶器の町・・・)


しかし“オズ”って男だったのか!?しかもこんなにイケメンな(笑)!?
カラーのフランコもカッコよかったですが、冒頭のモノクロフランコも
イケてました(-ω-)☆

13


こちらも当初はロバート・ダウニー・Jrで話が進められていたようで
これには納得!!
まぁそれなら私は劇場には行っていなかったでしょうがw。
ちなみに私のダンナはダウニー氏のファン。アル・パチーノも大ファン。
なんとなくコッチ系の顔がスキなんでしょう・・・。

というわけでキャスト全員集合~。おお、豪華だ。
ショートのミシェル、相変わらずカワいいよミシェル(-ω-)。
手前の女の子は陶器の女の子・・・の声優さんかな?(雰囲気的に)

14
(ライミが監督っつーか単なるスタッフの1人にしか見えんw)


私の隣りの席は両親と3~4歳くらいの女の子だったのですが
字幕なのに理解できるの(!?)とイヤな予感がしていたら
1分に1度は母親が説明をしてました・・・すげぇ。
それっぽいシーンでも笑っていたので理解できてたのかな。
というわけで、保育園くらいのお子様でも楽しめるほどの作品かと。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【桐島、部活やめるってよ】~青春ドラマ~ | トップページ | 【トールマン】~サスペンスミステリー~ »

【アドベンチャー/ファンタジー】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【桐島、部活やめるってよ】~青春ドラマ~ | トップページ | 【トールマン】~サスペンスミステリー~ »