« 【ゴーストワールド】~青春ドラマ~ | トップページ | 【小さな悪の華】~サスペンス~ »

【ガーゴイル(’01)】~ラブホラー~


★★★☆☆(3、0)

01

diamond製作年度 : 2001
diamond製作国 : フランス/日本
diamond監督 : クレール・ドニ
diamondキャスト : ヴィンセント・ギャロ、ベアトリス・ダル
diamond解説
アメリカ人の新婚夫婦シェーンとジューンは、ハネムーンでパリを訪れた。
幸せそうに見える2人だが、なぜかシェーンは愛しているはずのジューンを
抱こうとはしない。
実はシェーンは、愛の行為の最中に相手を死に至らしめてしまうという、
狂気の衝動を起こす性質を持っていた。
その病の鍵を握る元同僚の医師レオと、レオの妻でシェーンと同じ病で
苦しむコレを探すこと――それがシェーンがパリに来た真の目的だった。
その頃、一方のコレはシェーンと同じ病でも末期的な症状に陥っており、
郊外の屋敷でレオに監禁されながら暮らしていた。
(allcinema ONLINEより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondドラマの中にたまたまトンデモグロ描写が入った異色作。
 (ネタバレあり)


愛する行為の途中で相手を食い殺してしまう
奇病を描いたフランス産ホラー。
いわゆる殺人目的のホラーというのとは違い、
ドラマベースの中にグロ描写があるといった感じですね。
ちなみにガーゴイルとは“怪物”のこと。

ヴィンセント・ギャロ×ベアトリス・ダルというクセモノすぎる出演者に
期待値も高かったのですが、こらぁヘタなホラーよりも恐ろしかった・・・。
久々にトラウマになりそうなモノを見ました( ・ ω ・ )。

新婚旅行でパリに来たシェーンとジューン。
しかしシェーンはジューンを抱こうとはしない。
なぜなら愛する行為の途中で相手を殺してしまうという
病を抱えていたから-。

02


病の発症は自身が研究員をしていた頃の実験に
よるものらしいのですが、詳細は不明・・・。
全体的に説明は少なくヨーロッパ映画らしいトーンです。

そしてもう1人、同じ病を抱える女性“コレ”(ベアトリス・ダル)。
彼女も実験による被害者?らしいのですがやはり詳細は不明。
彼女はシェーンよりも症状が重く、家で夫に監禁される生活を送っていた。
(外へ出すと誰かれかまわず行為に及び殺してしまうため)

03_2


シェーンが新婚旅行でパリに来たのは、コレの夫であり
過去の同僚でもあるレオに会い自身の病について探り出すこと。

しかし結局レオに会うことができず、病が治るわけでもなければ
何かが解決するわけでもない、不穏な余韻を残して物語は幕を閉じます。
唯一あった展開と言えば、自身の実験のせいで苦しむコレを
シェーン自らの手で楽にしてあげたということくらいでしょうか・・・。

正直ストーリー性は薄いのですが、何と言ってもこの作品の目玉は
食い殺しながらの殺人セックス・・・(TдT)。

例えばゾンビなどとは違い、一応“人間”なワケです。
そして腹を満たすためにしているわけでなく、
あくまで感情が高ぶってしまったが故の行為なので
貪るといったほうが近いかもしれません。

特に“コレ”が若い青年を食い殺すシーンが、
今までに見たことのない類いの衝撃・・・。

04
(たまたま監禁されている女性がいることを知った少年・・・)


彼女の息づかいが徐々に荒くなってきて、青年も
『・・・これってそういう興奮じゃなくね!?』と
怯え始めていると、顎に噛み付こうとするコレ。
そしてついに首や唇などあらゆるところを食いちぎる!!

顔を血まみれにしながら、まるでペットにするかのように
青年に頬ずりしたり『・・・ふぅ~ん』とペロペロする様は
もはや人間の理性など微塵も感じられない。
自分の獲物を愛でるケモノですね。

またいかにもな血糊でなく、ドス黒くトロミがある血にも
力が抜けました・・・(-ω-)ヤメテ・・・。

06


“ホラー”“人食い”と銘売っているような作品ならともかく
アートっぽい作風なので意外性が大きいんですよ。

ジャケットなんてラブストーリーみたいだし、
私もこんなシーンがあるとは全く知らなかったので、
ウトウトしていたら上からタライが落ちてきたくらいの
衝撃がありました・・・( ・ ω ・ )。

日本版ジャケットなんてコレですよww↓

08
(外国版とはもはや別モノww)


しかしベアトリス・ダル、ここまで血まみれが似合う女優はいないwww。
普通の主婦の役とか絶対できないよねこの人(爆)。

ヴィンセント・ギャロも妻以外の女性とのセックスシーンがあるのですが
“コレ”のシーンのあととかインパクト薄いわww。

05


そしてDVDの特典を見てみたら、
監督は上品な婦人風でさらにビックリ。

07
(・・・マジでアナタが??)


カンヌ映画祭ではスタンディングオベーションの
嵐だったそうですが・・・マジ??
あのアニエス・ bが作品を支援したそうで
『アニエス・bに捧ぐ』なんてテロップも出てきましたが。


いわゆるホラー好きの人よりも、たまたまグロ描写が入っている
ちょっと変わった作品が見たいという方にオススメします。
といってもある意味ホラー以上にショッキングなシーンがあるので
十分に注意していただきたいですが。
このジャケットから、ギャロのファンで内容を大して知らずに
見てしまったという被害者が多そうな気もします・・・。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【ゴーストワールド】~青春ドラマ~ | トップページ | 【小さな悪の華】~サスペンス~ »

【ホラー】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

こらまたスゲェ内容の映画すね(^o^;)
アレしながら相手を貪り食うって。。。
もはや人間じゃないすね。
ゾンビ映画みたい(笑)
しかしよくこんな素敵な映画を見つけますねシバ美さん(^-^)

話は変わりますが、
ピーコックがイオンに売却されることになりまして、
突然ですが4月1日からイオンの従業員になります(;´д`)

投稿: かっしー | 2013年3月 4日 (月) 20時44分

あ キャッチコピー考えました。
「愛ゆえに、恋人(ひと)を喰う」
どないですか?

投稿: かっしー | 2013年3月 4日 (月) 20時48分

☆かっしーさん


こんばんわ~♪

こらまたスゲぇ映画でした・・・orz。
以前何度か手に取ったことがあったのですが
やはりベアトリス・ダルってこういう作品が多いんですね。
そういや彼女のいわゆる普通の女性の役って見たことないです。
私が知らないだけかな。

エンタメ性がないのでもうゾンビ以上に怖かったです。

『愛ゆえに、恋人(ひと)を喰う』ハマりすぎ(爆)!!
採用させていただきます(-ω-)


そしてなんと、イオンの社員さんになるのですね~!
いいじゃないですかイオン♪
お惣菜も種類が多くて美味しいし、ウチの近所にも
出来てほしいです~!!

投稿: シバ美 | 2013年3月 5日 (火) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ゴーストワールド】~青春ドラマ~ | トップページ | 【小さな悪の華】~サスペンス~ »