« 【マンク~破戒僧~】~ゴシックスリラー~ | トップページ | 【エコール】~ガールズムービー~ »

【ルルドの泉で】~ヒューマンドラマ~


★★★☆☆(3、5)

01_2

diamond製作年度 : 2009
diamond製作国 : オーストリア/フランス/ドイツ
diamond監督 : ジェシカ・ハウスナー
diamondキャスト : シルヴィー・テステュー、レア・セドゥ
diamond解説
世界的に有名な聖地ルルドを舞台に、そこに奇跡を求めて
各国から集まる人々が抱える孤独や悩みを鮮明にあぶり出す。
不治の病に冒された主人公を演じるのは、『サガン -悲しみよ こんにちは-』
などのフランスの実力派女優シルヴィー・テステュー。
20年ぶりに映画撮影が敢行された聖地で起きる奇跡をめぐる
複雑な人間模様に舌を巻く。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond奇跡を、感動にするのではなくひねくれた視点から捉えた作品。
 (ネタバレあり)



作品の存在は知っていたのですが、たまたまあらすじを読んでみて
こんな話なんだと知りちょっと面白そうだったので借りてみました。

『ルルドの泉で』というキレイで印象的なタイトルですが
内容はなかなか複雑で、人間の嫉妬や一筋縄ではいかない
人間模様などが描かれています。


世界中から巡礼者が訪れる聖地ルルド。
そこを訪れる者の中には奇跡的に病が治癒したりと
人々に希望をもたらす逸話があった。

07
(聖水を浴びる儀式・・・)


病気で歩けないクリスティーヌもルルドのツアーに参加した1人であったが、
彼女に奇跡が起き、なんと歩けるようになる。

05


すると周囲では、喜びと同時に嫉妬の目も向けられるようになり・・・。

感動作にもなり得る話をあえてひねくれた視点から捉えています。
そしてクリスティーヌを含め、登場人物全てが感情を露にすることはなく、
全体的にかなり繊細で控えめな演出です。
クリスティーヌは主人公でありながら意思を強く主張するタイプでも
ないので台詞も少ないです。

06_2
(起き上がることが出来たときも歓喜の声などは上げず・・・)


クリスティーヌの世話係の女性は自身が楽しいとき以外は
終始ふてくされたような表情で、周りの人間を見る目もなぜか冷たい。
一体なぜこのような仕事をしているのか不思議なほど。

02_2
(どこかで見た顔だと思ったら『ミッドナイト・イン・パリ』の人だったんだ!)


そしてクリスティーヌが歩けるようになると、『良かったわね』などと
良心的に声をかける夫人たちも彼女がいないところでは
『なぜ彼女なの・・・信仰心も薄そうなのに』などと怪訝顔。

皆それぞれに裏の感情を持っており、物語にいわゆる分かりやすい
“善良な人間”というのは出てきません。

03_2
(途中からなぜかクリスティーヌの車椅子を押し始める老婦人・・・)


歩けるようになったクリスティーヌに、ラストでとんでもない不幸が
待っているのかとも思っていたのですがそういうこともなく
含みを持たせた静かな終わり方をします。

結局、奇跡は本当に起きたのか、束の間だったのか-。

しかしどうやら奇跡が起こったのだとしても、クリスティーヌに
これから幸せが待っているとはあまり思えません・・・。
監督があえて不穏なエンディングにしたのは意図がありそうですが、
ハネケのような作風を感じましたね。

大きく波風が立たずとも、水面下では人間の汚い感情が
常に蠢いているのだという人間の本心を見せ付けられたような気がしました。
ハネケも好きな私なので、こういう話も好みです。

ストーリーだけをなぞると、だから何なの?と思う方もいるでしょう。
人物の些細な表情や行動に着目して見直すと
また新たな発見ができそうな作品ではあります。
深く物事を考察することができる話が好きな方にはオススメします。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【マンク~破戒僧~】~ゴシックスリラー~ | トップページ | 【エコール】~ガールズムービー~ »

【ドラマ(シリアス)】」カテゴリの記事

コメント

こちらのオーストリア人監督はハネケに師事していましたから作風が似ているのも納得ですね。行間と表情で語る、皮肉で何度もみたくなる作品ですね。

投稿: ゆか | 2013年5月12日 (日) 02時34分

☆ゆかさん


コメントありがとうございます☆

・・・なるほど、この監督ハネケに師事していた人だったのですか!
どうりで、納得ですね。

皮肉ではありますが何度も見るほどに違った味わいを
見せそうな作品ですね。

投稿: シバ美 | 2013年5月26日 (日) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マンク~破戒僧~】~ゴシックスリラー~ | トップページ | 【エコール】~ガールズムービー~ »