« 【イントルーダーズ】~ホラーサスペンス~ | トップページ | 【ディヴァイド】~サバイバルスリラー~ »

【愛と誠】~青春ラブコメミュージカル~


★★★★☆(4、0)

01

diamond製作年度 : 2012
diamond製作国 : 日本
diamond監督 : 三池崇史
diamondキャスト : 妻夫木聡、武井咲、斉藤工
diamond解説
梶原一騎が原作を、ながやす巧が作画を手掛けた1970年代の漫画
「愛と誠」を、『一命』などのヒットメーカー、三池崇史が映画化した純愛物語。
良家の子女の愛と不良青年の誠との運命の恋を熱く描いた原作を、
音楽に小林武史、振付にパパイヤ鈴木を迎え、三池監督ならではの
一筋縄ではいかない演出で見せる。
ハードな劇画をハイテンションに描いた、いまだかつて見たことのない
世界観に注目だ。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond昭和なベタ演出をあえて逆手に取り現代風にアレンジした異色作。
 (ネタバレなし)


超不良と超お嬢様が織り成す青春ラブコメミュージカル?
・・・と、見た私でもジャンルが分類しづらいこの作品。
なんたって演じた妻夫木聡でさえ“よくわからない映画”
と言っていたらしいです(笑)。

監督は、何かと賛否が分かれることも多いですが
邦画界の今後を担う1人であろう三池崇史。

多岐に渡るジャンルを撮る三池監督ですが、
『ヤッターマン』では冒頭部分でリタイアした私(&ダンナ)・・・(没)。
なんで本編にNGシーンが
しかし『十三人の刺客』は紛れもない傑作でした!
(レビューしそびれたけど☆5コです)
良くも悪くも色々と読めない監督です、ハイ・・・。


ネットであらすじを知ったときは劇場に行く予定だった本作ですが、
予告を見て『・・・なんじゃコレ?コメディ・・・つーかフザけてる( ・ ω ・ )?』
とやめたんですよね。
(ハズさないためにも)予告を見てジャンルがよく分からないモノは
基本避けることにしてるのです。

・・・しかしですね、本作に関してはこんなに面白いと思いませんでした(笑)!
こりゃスゴい、今までにこんなん見たことないww。


冒頭でも言いましたがベースは超不良と超お嬢様との
いわゆる王道の純愛恋愛モノです。

02_2


時代背景が1970年だったりとモロ昭和テイストなので、
まるで当時のマンガを切り取って再現したかのような
街並みや風景などはみどころのひとつ。

05
(当時の風俗描写なんかもなかなか興味深いです)


さらにはミュージカル仕立てだったりとこれまたかなり異色。
ミュージカルは嫌いな私とダンナなので頻繁に挿入される
冒頭シーンにはかなりウンザリ・・・。
しかも愛のパパ&ママのシーンとか長ぇww。
ちなみにママ役には一体なぜ?の一青窈。
音楽を小林武史が手がけた関係でしょうか。


しかし後半にいくに従ってミュージカルシーンの頻度も減ってきて、
今度はストーリーのほうに重点を置き出します。
するといつの間にかすっかりこの世界観に入り込んでいて
ラストではどっぷりハマっている自分に気づくのです(笑)!

06
(監督お得意の暴力描写も見ていて気持ちが良い(笑)!)


全編を通して小気味よいギャグも多々盛り込まれており、
久々に声を出して笑いました。
女であろうと全くお構いなしに殴ったり蹴りを入れたりなんて
あんまお目にかかれないですしね(爆)。

伊原剛志や安藤サクラなど、個性強すぎるサブキャラも
いい具合に効いてますww。

03
(これだけでこみ上げてくる・・・)


しかしそれらのおバカ具合、シリアス、純愛、ミュージカルと
かなりブッ飛んだ要素を盛り込んだにも関わらずラストでは
キレイに着地してみせたのがスゴイ(!)

ヘタしたらゴテゴテで収集がつかなくなりそうなのに
これがラストまで見てみると計算された絶妙のバランスに驚くばかり。
そして思わずウルッとさえきてしまうエンディング・・・(!!)

04


これはまさに三池監督の手腕でしょうね~!
こういう作風は奇才にしか作れないですよやっぱり。

極めて王道路線で台詞や演出もベタベタだったりするのですが、
本作ではこれをあえて逆手に取って現代風にアレンジし
エンタメたっぷりに見せたことが成功のカギだったのかもしれません。

ベタベタなのに、一周回って安っぽくないんですよなぜかww。
ナニナニ、何の魔法w?

とにかく見る者を楽しませようとする三池監督のサービスが
随所に散りばめられています。

そしてまさかの誠の子供時代に子供店長こと(古い?)清史郎クンが!
こんなにカワいい顔して相手の骨とか折っちゃいます(爆)。

07


オープニングとエンディングだけアニメで見せたのも
効果的で良かったです。
(アニメ版を見てみたいような気も・・・)


全体的なテイストとしてやはり奇才といわれる園子温の
『愛のむきだし』にちょっと通ずるものがありましたね。
ただあちらよりはクセもなく見やすいと思うので
コレ系が好きな方にはぜひ見てもらいたいです。
『愛のむきだし』にも個性強すぎキャラで安藤サクラが出てます。


さて、今までまともに見たことがなかった武井咲の演技ですが
“愛”役にはピッタリでした。
天然だけれどどこか憎めない、前に出過ぎないキャラ。

08


そして本作の魅力の半分はこの人のおかげじゃね??
という妻夫木聡!
アラサーなのに学ラン姿にも違和感が無い脅威ww。
歳をとってもどこか少年ぽさが残る俳優ですよね。

09


しかし爽やかな兄チャンからクールな役まで巧いですねぇ~この人。
今まで見てきたブッキー(爆)のなかでは1番カッコよかったっすww♡♡

鼻下が長めなので私の中では犬キャラなんですけどね▼-ω-▼(?)
ちなみに外人俳優の犬キャラはダントツでブルース・ウィリス。
彼はもう、の○くろクンにしか見えません。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【イントルーダーズ】~ホラーサスペンス~ | トップページ | 【ディヴァイド】~サバイバルスリラー~ »

【恋愛/青春/ガールズ】」カテゴリの記事

コメント

ボクもこの映画大好きです!
友達は「ダメな方の三池作品」と酷評してましたが
ボクはスゴく楽しめました。

ボクのお気に入りはガムコさんと岩清水くんです。
安藤サクラ最高ですよね。
若手女優でパンツを恥ずかし気もなく見せられるのは
彼女しかいません(笑)

悪の教典も期待してます!

投稿: かっしー | 2012年11月 9日 (金) 00時43分

大変面白く拝見させて頂きました。
私の感想は下記の通りです。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id341713/rid223/p1/s0/c1/

↓この批評はオススメです。ものすごく細かい所までよく観ています。

ガー!ガー!!ガー!!!×RADIO:第28回(映画:愛と誠/ゲスト:加賀成一)  28分頃からhttp://www.youtube.com/watch?v=5fL40d5PmxE 

↓別の視点から語られるこの批評はオススメです。

映画のブログ http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-343.html http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-344.html ☆

 ↓おなじみ三角絞めさんからのブログです。内容が濃いです。

 三角絞めでつかまえて http://ameblo.jp/kamiyamaz/entry-11286518366.html

 ↓他のブログもご参考にどうぞ!!

Flyte Tyme -Minority Report- http://blogs.yahoo.co.jp/bus0hsensen/44073019.html

maru-a-gogoさんのブログ http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1866

trivialities & realities http://trivial.way-nifty.com/trivialities/2012/06/post-b22c.html

おくやぷさんのブログ「as soon as」http://okuyapu.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

おにがしまさんのブログ http://mrmajestyk.exblog.jp/18203009/

はらやんの映画徒然草 http://harayan.air-nifty.com/blog/2012/06/post-113c.html

ラムの大通り http://blog.goo.ne.jp/du-rhum/e/690da3e45bd1bb268e271526c3ce6c1a 

映画COM http://eiga.com/movie/56814/review/0383911/

巣窟日誌 http://yfden.blogzine.jp/sokutsu/2012/06/post_b22c.html 

投稿: 腐乱鬼博士 | 2012年11月 9日 (金) 01時20分

☆かっしーさん


おぉ、かっしーさんもご覧になってましたか!
これは面白かったですね〜(*゚▽゚)ノ
私も成功した三池作品だと思いますよ♪

こんな作品なら劇場行けば良かったと思いましたが
あの予告じゃやっぱキケンすきる(爆)。

ガムコと岩清水くん、良かったですね〜(笑)!
安藤サクラも相変わらずクセのある役が巧い!
逆に普通の女性の役は少ないかも??
あのパンツシーンはなかなかできない(爆)。


『悪の教典』私もすごーく気になってるんですが
これってド○モで配信してるBeeムービー?とかいうのを
先に見ておいたほうがいいのかな〜と(悩)。
でもド○モ以外の人はどうしたらいいの・・・(−ω−;)

投稿: シバ美 | 2012年11月 9日 (金) 10時20分

☆腐乱鬼博士さん


はじめまして、コメントありがとうございます♪

本作こんなに楽しめるとは思わず驚きました!
おっしゃるようにまさに映画のテーマパークですね〜。
確かに市村正規のミュージカルが1番キレがありました(笑)。


他の映画批評もこれからじっくり拝見させていただきます♪

投稿: シバ美 | 2012年11月 9日 (金) 10時24分

こんばんは。
昨日「悪の教典」観てきました。
残念ながら全くダメでした。
不謹慎なのは全然かまわないんですけど、
ただただ映画として面白くなかったっす。

生徒を殺すにしてもなんかヒネリがほしかったけど
ただ単にショットガンをぶっ放すだけだし。。。
久々につまらない三池作品を観てしまいました。
期待してただけにすごく残念です。
個人的には完全にダメな方の三池さんが出たなぁという印象でした。

投稿: かっしー | 2012年11月12日 (月) 22時18分

☆かっしーさん


こんばんわ~♪

・・・え、『悪の経典』全くダメでしたかΣ(・ω・ノ)ノ!
うわぁ~かっしーさんが全くダメだというなら
おそらく私もムリでしょう(爆)。

確かに題材としては不謹慎も甚だしいですよね・・・。
映画化されたこと自体すごいなぁ~なんて思っていたのですが
映画として面白くないって終わってますね(苦笑)。


しかし逆にこの題材でそこまでつまらなくなるってスゴい(爆)。
続編があるとかいうのではなくコレ1本で完結なんですよね?
んじゃDVDでも見る必要ないかな・・・。

投稿: シバ美 | 2012年11月12日 (月) 23時48分

こんにちは!
私はコレ、有楽町まで行って観ました。
これは「いいほうの三池作品」満点付けてます。(爆)
私は原作をリアルタイムで読んでたので、ストーリーはなんとなく知ってました。だから、ストーリーには全然入り込めなかったんだけど、演出がとんでもなく飛躍していくので、そこでゲラゲラ声を出して笑ってしまいましたよ。ツレもいたので・・・。劇場内も受けてました。^^
原作は今読むと、完全なストーカー物語です。純愛を完全に通りこしてる。当時はあれが感動作だったんだな~。
当時の映画も超暗くて重い。youtubeで見た。電信柱から岩清水が愛の行動を盗み見てる。(爆)

「悪の教典」かっしーさんもシバ美さんもダメなら私も無理だと思う。 いやな予感がするもの・・・。

ちなみに「ヤッターマン」は最後まで見たけど、ダメだった。

投稿: まあしい | 2012年11月14日 (水) 15時02分

☆まあしいさん


お久しぶりですまあしいさん♪

劇場に行かれていたんですね、しかも満点Σ(・ω・ノ)ノ!
でもコレに関しては満点も分かります!
こんなに面白いなら私も劇場行けばよかった~(笑)。

なるほど、原作もリアルタイムで読まれていたのですか。
当時も有名作だったんでしょうかね・・・って、
ストーカー物語ですか(驚)!
そうそう、当時の映画もあるようでそちらも気になって
いたのですが、あ、やっぱり暗い感じですか(-ω-;)
ならこの作品に関しては三池版が成功ですね♪

しかしホントに演出勝ちですよね~!
こんなんマジで見たことないし斬新でした(爆)。
場内も笑い声がすごそうです。


『悪の教典』もどちらに転ぶか!?って感じでしたが
こりゃコケたくさいですね~(悲)。

『ヤッターマン』はマ~ジ~で苦痛でした(爆)。
冒頭で見るのを止めた数少ない作品の1つです・・・。

投稿: シバ美 | 2012年11月16日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【イントルーダーズ】~ホラーサスペンス~ | トップページ | 【ディヴァイド】~サバイバルスリラー~ »