« 【コールドプレイ】~雪山サバイバルスリラー~ | トップページ | 【サイレントヒル】~アドベンチャーホラー~ »

【イグジステンズ】~SFサスペンス~


★★★☆☆(3、5)


01

diamond製作年度 : 1999
diamond製作国 : カナダ/イギリス
diamond監督 : デヴィッド・クローネンバーグ
diamondキャスト : ジェニファー・ジェイソン・リー、ジュード・ロウ
diamond解説
鬼才デビッド・クローネンバーグ監督によるSFサスペンス。
脊髄に穴をあけ、そこにバイオケーブルを接続して楽しむ
バーチャルリアリティゲーム。
その最新ゲームをめぐり、天才ゲームデザイナーと
反ゲーム主義者たちとの闘いが繰り広げられる。
クローネンバーグ独特の、奇妙かつダークなビジュアルが満載。
(allcinema ONLINEより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondグロキタナい(笑)クローネンバーグのバーチャルSFモノ。
 (ネタバレあり)


クローネンバーグ×ジュード・ロウって珍しい組み合わせだよなぁ
とは思っていたのですが、今回なんとなく(?)借りてみました。

ゲームでバーチャルリアリティの世界を体感するSFサスペンスという
予備知識しかなかったのですが、お食事中は絶対に(!)
見られない作品ですね。

・・・こんなにもグロキタナいとは思いませんでした(爆)。

SFでもヴァーチャルモノはわりと多かったりしますが、
この世界観はまさにクローネンバーグならでは!
クローネンバーグの、クローネンバーグによる、
クローネンバーグのためのSFです(笑)。


ゲームの発表会で狙撃される女性デザイナーに
ジェニファー・ジェイソン・リー。
その護衛役として一緒に逃亡するのがジュード・ロウ。

壊れてしまったかもしれないゲーム機を確認するため、
2人はホテルの一室でゲームをプレイします。

02_2


ゲームポットなるもののケーブルを脊髄に差し込んで
プレイするのですが、そのビジュアルが胎盤+へその緒さながら・・・orz。

03
(半透明なところがこれまたなんともw)


両生類の有精卵で出来てるらしいんですが、
正直説明されても意味不明です( ・ ω ・ )。
・・・これがまたブヨブヨ動くんですよね(!)


ちなみにジュード・ロウのケーブル口を開けるのは
ウィレム・デフォー兄貴w。

07


バーチャルの世界では正しい台詞を言わないとストーリーが
先に進まなかったりとなかなか“ゲーム”していて面白いです。
また本人の意志とは異なった台詞が次々と出てくるのも
その世界でのキャラクター設定ゆえ。


しかし途中からがもうグログロ・・・。

ゲーム機を生産している工場では突然変異の両生類を
さばく様子がこれでもかと映し出されます。

05


そしてストーリー上行かねばならない中華料理屋で
“スペシャル”を注文すると大皿には両生類が
ところ狭しと並べられています・・・(グッタリ)。

しかもそれを食さねばならないジュード・ロウ・・・(没)。


で、この世界での銃というのが両生類の骨で組み立てられて
出来たモノで、弾は“歯”なのです。
まぁこれだけ聞いてもイミわかんないと思うのですがww。

06
(一応コレがそうですw)


実は冒頭、ジェニファー・ジェイソン・リーが狙撃された銃が
まさにコレだったのです。
ということはあの冒頭シーンがすでにヴァーチャルだったのだなと。

-そう、実はこの物語の冒頭からすでにゲームは始まっていたのです。
なので女性ゲームデザイナーや護衛役というのもゲーム上での
キャラクター。

このドンデン返しはなかなか良かったです。
これで3点から3、5点に上がりました(笑)。


ジュード・ロウはまだなんとか見られるヘアですし(オイ)
この頃が1番カッコいいかもしれないですね。

ジェニファー・ジェイソン・リーといえば私の中では『ルームメイト』
なのですがなぜ彼女を起用したのかイマイチ分からず・・・。

驚いたのは、ラストで出てくる本当のゲーム会社の女性が
サラ・ポーリーに似てるなぁ??と思ったのですがやはり
本人だったんですね!
歯の矯正前なのか歯並びが悪く田舎っ子な感じでした(笑)。

04
(ユマ・サーマンにも見える?)


なかなか興味深くはあったのですが、悪趣味な世界観(笑)
などから見る人を選ぶ作品でしょうね。


ちなみにwikiには
『“ヴィデオドローム”とほとんど同じテーマをゲームの
世界に置き換えてわかりやすく描いている』とありますが
実は私、『ヴィデオドローム』を昨年見たにも関わらず
すでにほとんど記憶から抹消されてしまっています(汗)。

やはりムリヤリにでもレビューに残しておけば良かった・・・。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【コールドプレイ】~雪山サバイバルスリラー~ | トップページ | 【サイレントヒル】~アドベンチャーホラー~ »

【SF/パニック】」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。


これ もう13年も前の映画なんですね。
当時レンタルして見ましたよ。

たしかに ゲーム機なのにウネウネ気持ち悪いなーと
思った記憶があります。
あ そういえば銃は骨でできてましたね(笑)


クローネンバーグは「裸のランチ」という映画でも
気持ち悪い生き物をいろいろ出してたので
たぶん趣味なんでしょう。笑

投稿: かっしー | 2012年9月18日 (火) 21時25分

☆かっしーさん


こんばんわ~かっしーさん♪

かっしーさんは当時ご覧になったんですね~。
私もこの作品ってもう13年も前なんだ!?と驚きました!
そりゃ~ジュード・ロウやサラ・ポーリーも若いわけだ(笑)。


しかしコレは久々に!キモかったです(爆)。
クローネンバーグこういうの大好きなんですよね。

『裸のランチ』は私も今回知りました。
これまた異様なタイトルですが(笑)。

でもそう考えたら最近の『ヒストリー~』や『イースタン~』
はえらくテイスト変えましたよね~。
私は今まで見たクローネンバーグの中では『ヒストリー~』
が1番好きですね♪

投稿: シバ美 | 2012年9月18日 (火) 22時47分

あ そういえば「イースタン~」もクローネンバーグでしたね。
たしかにかなりテイスト変わりましたね~。
あの映画は面白かったです(^-^)

「ヒストリー~」は見たことないので
チェックしておきますね。

投稿: かっしー | 2012年9月19日 (水) 00時20分

☆かっしーさん


『イースタン〜』はハッキリ覚えてないのですが
面白かった記憶があります。
でも私は『ヒストリー〜』のほうが好きですね♪

いずれもヴィゴ・モーテンセンがカッコよすぎっす!
一時ダニエル・クレイグと混同してたのですが
私はヴィゴ派です(笑)。

ヒストリー〜、まだご覧になっていないのならオススメですよ☆

投稿: シバ美 | 2012年9月19日 (水) 10時44分

わーー
なつかしい〜♪
高校生のころジュード・ロウ観たさにレンタルした
記憶があります。そいえば、まだビデオの時代w

「ケーブルを脊髄に差し込んでプレイ」てのが
思春期にはエロいものを感じさせましたねw
けっこう好きな作品でした。
つっても、ほぼ、まるっと覚えてないのでw
また観てみたいです。

でもでもなぜかウチの地域、
レンタルショップになかなか置いてないんですよねー =3

投稿: のむのむ | 2012年10月 4日 (木) 12時36分

☆のむのむさん


こんにちわです♪

なんと、のむのむさんはジュード・ロウ見たさに本作をご覧に
なってましたか(笑)。
当時は注目され出したばかりの頃ですかね。
ビデオの時代なつかしいですね〜。

確かに脊髄に直でケーブル差し込むとかミョ〜なエロスを
感じますね(爆)。
いえ、私もこのテの作品はグロ描写だけでストーリーは
しばらくすると忘れてしまいそうな予感・・・。


確かにジュード・ロウのファン(特に女性)が好んで借りる類いの
作品ではなさそうだし回転率もあまり良くないかもしれませんね(汗)。
私の行きつけの小さなレンタル屋は店長がかなりマニアックな作品も
置いてくれるので重宝してます☆

投稿: シバ美 | 2012年10月 9日 (火) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【コールドプレイ】~雪山サバイバルスリラー~ | トップページ | 【サイレントヒル】~アドベンチャーホラー~ »