« 【キャビン・フィーバー】~感染スプラッター~ | トップページ | 【ハンター】~ヒューマンドラマ~ »

【カエル少年失踪殺人事件】~実話サスペンス~


★★★☆☆(3、5)

01_3

diamond製作年度 : 2011
diamond製作国 : 韓国
diamond監督 : イ・ギュマン
diamondキャスト : パク・ヨンウ、リュ・スンリョン
diamond解説
『殺人の追憶』として映画化された事件などと並ぶ、
韓国の3大未解決事件のひとつを映画化した
衝撃のサスペンス映画。
1991年、「カエルを捕まえにいく」と言い残し行方不明になった
5人の小学生の失踪(しっそう)事件を基に、マスコミや警察が
犯人追跡に奔走する様子を描く。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond実在の未解決事件をちょっとだけ違う角度から捉えた佳作。
 (ネタバレあり)


韓国の3大未解決事件の1つを映画化した本作。
ちなみに残りの2つが『殺人の追憶』と
『あいつの声』という作品の基となった事件だそう。

『殺人の追憶』はポン・ジュノの有名作で私も見ていますが
『あいつの声』は知りませんでした(!)
誘拐身代金事件だそうで、『オアシス』のソル・ギョングが
主演らしいのでこちらもいずれ見なければ(!)


しかし本作の『カエル少年失踪殺人事件』て・・・。
なんだかポプラ社から出ている“小学校高学年向け”
みたいなタイトルがつけられてますが(汗)。

1991年に大邱の城西国民学校に通っていた5人が失踪し
それから11年後、家の裏山で5体が白骨死体となって
発見されたという恐ろしい事件。

もちろん未解決なので犯人が逮捕されるまでには至らず
2006年に時効が成立-。

1度にこれだけの子供が行方不明になり殺害されるという事件は
日本でもちょっと聞いたことがないですね・・・。

09
(劇中の画像です)


『殺人の追憶』や、やはり実話が基となった『チェイサー』のように
サスペンス要素や猟奇的な描写を押し出した作風ではなく、
どちらかというと遺族のドラマに焦点を当てています。

というのも、行方不明になる1人の少年の父親が
犯人として疑われるのです。
母親の様子もどこかおかしく、明らかに不審とも思える彼らの態度に
観客もそう思ってしまうような描かれ方がされています。

02


しかしそれは結局冤罪で、ラストでは良い方向に覆されます。
両親の不審だと思われていた行動は、実は事件を風化させたくない
ために、息子のためを思ってついていた“嘘”だったのです。
これには思わず涙が込み上げました・・・。

ラストで『この映画を被害者の家族の方々に捧げます』と
テロップが出ることからも、本作を作った目的に
被害者の家族を疑ってしまった主人公であるTVマンや
報道したマスコミの謝罪の意も込めていたのだろうと。


なので少年たちの描写というのは冒頭の出かける様子が
それこそ3分ほど映し出されるのみで、その後は
回想シーンなどでも全く出て来ません。

03


あとは全て、主人公と遺族とのドラマが展開されます。

しかし主人公であるTVマンと心理学の教授が、
少年の両親を完全に犯人だと決めてかかる展開には
あまりにも無理があって正直驚きました・・・。

05


教授など、確かな証拠もないのに憶測だけで本人に向かって
いきなり『・・・あなたが犯人です(ドヤ!)』ですからね(汗)。

そして次のシーンはもう家宅捜索という(!)

04
(やたらネクタイを直す仕草にはイラッとw)


彼らのキャラクターがあまりにもお粗末なため
この物語に感情移入できないという方も多いのでは・・・。


後半でTVマンが犯人と思わしき人物に対峙するシーンが
あるのですが、色んな意味で『チェイサー』を思わせるものでした。

犯人は一見するとそのへんにいそうな若いにーちゃんだけれど、
とんでもないサイコキラー。

06
(これがまた職場が食肉加工工場といういかにもさ・・・)


おそらくこの人物が犯人で間違いないのでしょうが、
証拠がないためにどうしても逮捕に踏み切れないもどかしさ。

実際にもこのような『シーン』があったのだとすると
本当に恐ろしいことですが。


しかし本作では、遺族を完全に犯人と決め付けてしまったこと、
それを確かめるべく遺族の家を家宅捜索する模様がテレビで
報道されるなど、マスコミの力の恐ろしさというものも改めて感じました。

実際はどうだったのかは分かりませんが、遺族の家にカメラが押し入り
庭を掘ったりトイレを汲み上げる様子が生放送?で放映されるなど、
日本ではちょっとありえないことですよね(!?)

08


役者陣の中では疑われる少年の母を演じたキム・ヨジンがよかった!

07


韓国ドラマをよくご覧になる方はご存知かもしれませんが、
『チャングムの誓い』や『イ・サン』などではクセのある役や
悪役のイメージもあることから余計に犯人として疑って
しまいやすいんですよね。

どちらかというと男っぽくカッコイイ雰囲気なので私は
韓国のミシェル・ロドリゲスだと思ってます(笑)。


サスペンス要素を期待するとやや物足りないかもしれませんが、
実在の事件をちょっとだけ違う角度から捉えた佳作です。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【キャビン・フィーバー】~感染スプラッター~ | トップページ | 【ハンター】~ヒューマンドラマ~ »

【サスペンス】」カテゴリの記事

コメント

これすごく気になってました〜
ご覧になったのですね!

むむむ。。
佳作ですか。やはり『殺人の追憶』越えは、なかなか出てこないすかね。
確かにパケの面子、地味だしなぁ(って失礼)。

なんだかシバ美さんのレビュで結構満足しちゃったんでw
また観たい気持ちが湧いたら、いつの日か借りてみようと思います。
てか『あいつの声』なんてのもあるんですね!
つくづく気になるようなタイトルばっかり(笑)。

ところでどうでもイイ話なんですが、
↓『キャビン・フィーバー』のパケが、
風景がドクロに見えるって「おおっ!」って思いました。

投稿: のむのむ | 2012年8月28日 (火) 12時54分

☆のむのむさん


はじめまして・・・だと思ったら?
nomunoさんだったんですね(笑)。


のむのむさんもカエル少年気になっておられましたか!
やはり『殺人の追憶』超えはなかなかないですね~!?
決して悪くは無いのですが、今までの実話系の作品と比較すると
インパクトは最も小さいです・・・。

でもレンタル屋では結構借りられているので
巷でも気になる方は多いようで(タイトルにつられてるw?)
確かにメンツは地味ですよね(汗)。

『あいつの声』なんですが、早速借りようと調べてみたら
DVD化されていないそうです(´;ω;`)ウウ・・・
有名な俳優が出演しているのになぜ!?
こちらは気長に待とうと思います・・・。


私も『キャビン・フィーバー』はしばらくして
『・・・あ、ドクロ??』とwww。

投稿: シバ美 | 2012年9月 1日 (土) 18時39分

シバ美さん、こんにちわ( ´ ▽ ` )ノ
三度目まして、anneですw
シバ美さんのレビューにより、以前タイトルだけで敬遠していた、カエル少年…借りて来ました。

私はあんまり韓国映画観てないのです。
それこそ、チェイサーとかグエムルとか…その位。
ただ韓国のホラー、サスペンス大好きらしいです、私w

本作も一言で言えば面白かったです。
突っ込みどころ満載な感じも否めないですが…
トイレから女の子の靴出てきたとことか。誰の?
カンさんの薄髪とか。10年前の話はカツラ?
ヨンジュン?のお母さんが左時枝にしか見えなかったし。(笑)

時効になったゃったし、犯人捕まらないし、なんだか後味悪い胸が苦しくなるような映画でした。

支離滅裂な感想ですが、シバ美さんのおかげでまた一本、新しい映画が観れました。
ありがとうございました。

投稿: anne | 2012年9月18日 (火) 17時48分

☆anneさん


こんにちわ~anneさん♪
またまたありがとうございます(-ω-)☆

おぉなんと、普段あまりご覧にならない韓国映画を!
いやでもこのタイトルは敬遠されてもしかたがないですww
しかしなかなか楽しめたとのことでよかったですッ。

ちなみに『グエムル』は私の大好きな作品です♪


トイレから出てきた女の子の靴はカモフラージュですかね・・・。
カンさんの薄髪はそっとしておいてあげてくださいww
ヨンジュンの母は確かに左時枝に見えますね(笑)。


韓国映画は後味悪いものが非常に多いですからね~(汗)。
本作でもまだマシなほうかもしれません・・・。
いわれてみれば未解決事件の映画化も多いですね韓国は。

いえいえ、それなりに楽しんでいただけたならこちらとしても
嬉しいです☆☆

投稿: シバ美 | 2012年9月18日 (火) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【キャビン・フィーバー】~感染スプラッター~ | トップページ | 【ハンター】~ヒューマンドラマ~ »