« 【カエル少年失踪殺人事件】~実話サスペンス~ | トップページ | 【変態島】~オカルトホラー~ »

【ハンター】~ヒューマンドラマ~


★★★★☆(4、0)

01_5

diamond製作年度 : 2011
diamond製作国 : オーストラリア
diamond監督 : ダニエル・ネットハイム
diamondキャスト : ウィレム・デフォー、フランシス・オコナー
diamondストーリー
経験豊富な傭兵で、腕は確かなハンターのマーティンは、
バイオテクノロジー企業の依頼で幻の野生動物を発見し、
サンプルを採取するためオーストラリアのタスマニアを訪れる。
ベースキャンプ代わりの民家で暮らす母子との交流を経て、
孤高の人生を歩んできた彼は人間らしい感情を取り戻し、
自身の生き方を見つめ直していくが……。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond上質で上品な、静かな感動作。
 (ネタバレあり)


劇場で公開していた時から評判も良かったので
気になっていたのですが、これは想像以上に面白かった!

幻の野生動物を追い求めるということと『ハンター』という
タイトルから、躍動感あふれるアクションなのかと思ったら、
なんとも上質で上品なヒューマンドラマでした。


舞台はその大自然だけで癒されることのできる
オーストラリアはタスマニア島。

傭兵のマーティンはバイオテクノロジー企業から、
絶滅したと思われた“タスマニアタイガー”の
サンプル採取という密なる依頼を受ける。

02


タスマニアタイガーとか初めて聞いたのですが、
正式名称は“フクロオオカミ”。

07
(wikiより。カワいい・・・♪)


狼よりは柔らかい雰囲気の容貌で、有袋類なんだそう。
彼らが持っている毒に獲物を麻痺させる力があるんだとか。
wikiによると、1936年に絶滅。


この設定だけでもかなりワクワクするのですが、
マーティンを歓迎しない黒い影が忍びよるというサスペンス要素も。

09
(やはりただイイ人では終わらないサム・ニール・・・)


そして訪れたベースキャンプ代わりの民家の家族との触れ合い。

04


実はこの家族の行方不明となっている父親が
物語のキーマンでもあったりします。

ハンターとしての仕事ぶり、ミステリー要素、人間ドラマが
バランス良く盛り込まれておりラストでは思わず涙します・・・。


なんといってもマーティンを演じたウィレム・デフォーがとても良い!
この人、歳をとればとるほど渋みが出てきて
年々良い役者さんになってますよね~!?

08
(・・・シブい!シブすぎるッ!)


前半は物語が大きく動くことはないのですが、
描写が丁寧でなんだかとても心地よいんです。
BGMがほぼ使われていないことと台詞が少ないことで
描写に集中でき、こちらも妙に落ち着くんですよね。

そこへ持ってきてウィレム・デフォーの円熟した演技。
彼が武器を手入れしているだけのシーンでも興味津々で
生活ぶりを見ているだけでも飽きません(笑)。

無口なマーティンが子供たちに囲まれペースを
崩されるところなんかは見ていてとてもほのぼのします。

06


子供たちが勝手にお風呂に入ってきてしまって
ドギマギするシーンはお気に入り(笑)。


タスマニアタイガーと対峙したシーンも良かったです。
あれほど探し求めていたのに、やっぱそうなるよね
マーティン(´;ω;`)ウッ…。
私もとても辛かった・・・(涙)。

このシーンもハリウッド映画なら派手なBGMを使って
大袈裟にしそうなところですが、やはり無音-。
一瞬空気が止まったような、澄んだ空気感が伝わり
リアリティがありました。


押し付けがましい演出もなく、
見せたい物だけをシンプルに魅せる、
静なる感動が味わえる良作です。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【カエル少年失踪殺人事件】~実話サスペンス~ | トップページ | 【変態島】~オカルトホラー~ »

【ドラマ(シリアス)】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【カエル少年失踪殺人事件】~実話サスペンス~ | トップページ | 【変態島】~オカルトホラー~ »