« 【カノン】~カルトドラマ~ | トップページ | 【トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1】~ラブファンタジー~ »

『クリステン・スチュワートが浮気を認め公式謝罪!』


昨年ハリウッドで最も稼いだ女優に選ばれたクリステン・スチュワート。
きのうそんな彼女の驚くべきゴシップが!

clipクリステン・スチュワート、あのイケメン監督と濃厚キス現場が激写!
 パティンソンとの仲は暗礁・・・!?



彼女を一躍スターダムにのしあげた『トワイライト』シリーズですが、
ある意味映画以上に注目されているのがプライベートでも恋に落ちた
ロバート・パティンソンとの関係。

01


交際が発覚したときの懐かしい記事はこちら(笑)。

clip【トワイライト】の2人が本当に付き合ってる??


なんだかんだで22歳(クリステン)と26歳(ロブ)という若い2人が
もう3年も交際しているのでもしや結婚もありうるかもな~なんて
思っていた矢先ですよ!

しかもクールでどちらかというと同世代の女優よりも大人びている彼女に
そういったイメージが全くなかったので余計に驚き!


さらにそのお相手というのが『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督
だというのだから、本作の関係者からしても結構な衝撃だったんでは
ないでしょうか-。
サンダース監督は41歳(!)の妻子持ち(↓左から2番目)。

02_2


Us Weekly誌の最新号には、サンダース監督がクリステンに
後ろから寄り添い、クリステンが監督の手に自身の手を
重ねている写真が掲載(↓右下の小さな画像)。

01_2


確かに単なる友達ではなさそう(-ω-)。


金曜に発売される最新号にはしっかりとキスしているものが
掲載されているようで、どうやって言い訳すんの??クリステン・・・
と思っていたら、なんとクリステンが浮気をあっさり認めたそうで( Д ) ゚ ゚!!

clipクリステン・スチュワート、潔く浮気を認める!
 恋人パティンソンに公式謝罪



もはや浮気よりもこっちにビックリwww。

いや、潔いっちゃ潔いですが(笑)、にしたって潔すぎというか・・・
仮にも今やトップ女優の彼女がそんなコト認めちゃって大丈夫??
おそらく事務所の許可を得てしたことでしょうが。


今まで男性俳優の浮気なんざ数え切れないほど取り沙汰されていますが、
ノリにノっている若手女優がアッサリと浮気を認めるって
あんま前例が無いように思います( ・ ω ・ )。


ちなみに謝罪では

『私がしたことで親しい人たち、私を愛してくれた人たちを傷つけ
辱めたことを心から申し訳なく思っています。今回の私の軽はずみな行動で、
私にとって最も大切な人、ロブを失くしてしまうかもしれません。
私は彼を愛しています。心から彼を愛しています。本当にごめんなさい。』

だそうで、とても反省してはいるようですがロブは沈黙を守ったままです。


しかしコトが大きくなる前に早急に対応し正直に謝罪するって
私はむしろ感心してしまいましたが。
元々クリステンは好きな女優さんですが更に好感度が上がりましたw。


でもコレって“そういうコト”があったんでしょうか(-ω-)?
別の報道では“一瞬の出来事であり・・・”とあったので
キスだけだったのかな。
不倫とは言われていますが継続的なものなどではなく
あくまでちょっとした(?)過ちだったんでしょう。

とはいえ、ロブも過去に浮気報道はありましたし
お互い様っちゃお互い様なんですけどね(-ω-)。
そうはいっても男と女じゃ生々しさが違うかやっぱw。


今回の件でトワイライトファンたちがどのような反応を見せているかも
気になるところですが、ここはひとつロブが大人な対応をし
復縁して欲しいですね~。

トワイライトシリーズも残すところ最終章のみということで、
スタッフからしても今この2人に破局されるのはかなりの痛手のようです。


なんとなく破局はなさそうだけどな・・・。
どちらかというとロブのほうがクリステンにベタぼれって感じだし。
とにかく今後のロブの対応に注目です。


diamondロブがクリステンと暮らす家を出た続報はこちら。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【カノン】~カルトドラマ~ | トップページ | 【トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1】~ラブファンタジー~ »

ハリウッドゴシップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【カノン】~カルトドラマ~ | トップページ | 【トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1】~ラブファンタジー~ »