« 【ダーク・フェアリー】~ダークファンタジー~ | トップページ | 【食べて、祈って、恋をして】~ロマンス~ »

【ビー・デビル】~バイオレンススリラー~


★★★★☆(4、0)

01_4

diamond製作年度 : 2010
diamond製作国 : 韓国
diamond監督 : チャン・チョルス
diamondキャスト : ソ・ヨンヒ、チ・ソンウォン
diamondストーリー
ソウルで働く独身の女性ヘウォンは、抱えているさまざまな
問題を忘れるために人口たった9人の美しい弧島へ。
そこで、純粋で人のいい幼なじみ、ボクナムと再会する。
しかし、ボクナムは夫や住民から奴隷のように扱われ、
果てには男の相手をさせられていた。何とか島から
抜け出そうとするボクナムだったが、ある日、悲劇が起き……。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond反吐が出そうな快作。
 (ネタバレあり)


ずーっと気になってはいたものの、内容が内容なだけに
見るタイミングを見計らっていたこの作品。
私も大好きなキム・ギドク先生(笑)の助監督を
していたというチャン・チョルスのデビュー作。

海に浮かぶ閉鎖的な孤島を舞台に、たった9人しかいない島民の
異常とも言える日常と、ある女性の復讐劇が描かれます。

人間の汚い部分をあぶり出すという表現をよくしますが、
本作は性的虐待、近親相姦、保身のための罪のなすりつけ合いなど
もうこれでもかというくらいの“汚物”がギッシリ詰まってます。

しかも、韓国で実際に起きた3つの事件をベースに
描かれているというのだから驚きです・・・。

03_3


女性がモノとしか扱われていない描写が非常に多く、
夫が売春婦を連れ込んでいるのを義母も知っていながら
『アンタも情けないわねぇ』くらいのモン。

夫の不貞、悪事、罪は全て妻のせいにされるという
反吐が出そうなほど異常な村。
そして島民からは毎日こき使われるという地獄の日々。

とにかくこの村にはまともな人間が誰1人いないのです。

02_3


物語は前半と後半で主人公が入れ替わります。

都会で暮らすヘウォンが息抜きをしに孤島にやってくるも
村の異常性に気づき始める前半。

04_3


孤島で暮らすヘウォンの幼なじみボンナムの
酷い日常と彼女のバイオレンスな復讐劇が始まる後半。

ボンナムが娘の死により精神が崩壊し、島民を次々と殺していく
キレっぷりは何かが憑依したよう。
草刈り鎌をふりかざし黙々と行われるそれはまさに作業。

05_3


それでも彼女が今まで島民にされてきた仕打ちを思うと
非常にスッキリしましたが(笑)。


ラストで実は、友人だと思っていたヘウォンの心無き行動も
明らかになり、なんとボンナム vs ヘウォンのバトルに突入。

ヘウォンの保身がゆえのことだったのかもしれませんが、
人間はあまりにも強大な悪には少人数で立ち向かうことは
なかなかできないのかもしれませんね。

とはいえ、何の罪もないボンナムの生涯はあまりにも
無惨でいたたまれないですが・・・(涙)。


序盤でボンナムがヘウォンの胸を触ったりと若干同性愛を
思わせるようなシーンもありますが、あれはボンナムの
人恋しさから出た行動なのかなと。
娘しか拠り所がなかった彼女は、人間の温かさというものを
全く知らなかったのでしょう。

06_3


そしてボンナムを演じていたのがこれまた鬱作品の『チェイサー』
のヒロインだと知り、なおヘコみました・・・orz。
言われてみたら、こんな顔でした(!)
しかし彼女、こんな役ばっか・・・(´;ω;`)ブワッ。

元はこんなにキレイな女優さんなんですけどね。

07_2


しかしこういった閉鎖的な村や陰鬱な空気感、
とてつもない生命力を持つ描写などは韓国に勝るものは
ないかもしれませんね本当。
日本だって同じアジアなのに、なんなんでしょうね
韓国という国が放つ異常なまでの力強さというのは・・・。


チャン・チョルスは日本映画に感化され監督を
目指したとも言ってましたが、またとんでもない監督が
韓国で誕生しました(笑)。

08


誰かに似てるんだよな~。・・・スガシカオ?



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【ダーク・フェアリー】~ダークファンタジー~ | トップページ | 【食べて、祈って、恋をして】~ロマンス~ »

【ホラー】」カテゴリの記事

コメント

つひにご覧になりましたか…
けっこうキョーレツだったですよね(怖)
6枚目の画像に思わずグッと来てしまいました。
どことなく、あの『マーターズ』に近いもんを感じます。

確かオラはこれを観たのが半年前くらいだったんですけど、
ここから韓国の鬼畜映画にハマっちゃった気がします。
(まだまだ観てないのいっぱいありますが)
キム・ギドクも観てないんですがやっぱりキョーレツなんですかね?
なんとなく、どっちかというとゲージツのイメージが強くて
敬遠してたんですけど。

とりあえず今晩は『哀しき獣』を観て
明日の大阪入りに備えようと思います(!!)

投稿: 多魔鬼血 | 2012年7月10日 (火) 21時32分

☆多魔鬼血さんw


おはようございます♪

とうとうご覧になりましたよ〜(´;ω;`)ウウ・・・
もはや想像どおりといった感じでしたがやはり強烈でした(鬱)。
『マーターズ』も鬱ながら突き抜け感はスゴかったですよね。

玉吉さんはここから韓国の鬼畜映画にヤラれてしまいましたか!
確かに韓国映画の残虐さって欧米やヨーロッパ映画には
絶対に出せない独特のカラーがありますものね。
イヤ〜な気分になるのは十分に分かってるんですけど
でもたまにムショーに見たくなる中毒性はヤヴァいっす・・・。


あ、ギドクは確かにゲージツ要素のほうが強い監督なので
玉吉さんはあまり好きではないかもしれませんね〜(汗)。
『うつせみ』なんかは別のイミで笑えるかもしれません、
私もゲージツ通り越して笑いましたしww。
この人のカラーもとっても独特なのでそういうイミでは強烈ですが。


そして、ようこそOSAKAへ♪キタワァ*。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..
特に映画見たりする予定はないんですかね?
『HELL』がやってたら良かったんですけど(号泣)。
夜は北新地ですか〜いいですねぇ☆
どこか美味しいところがあったら教えてください(逆だろw)。

投稿: シバ美 | 2012年7月11日 (水) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ダーク・フェアリー】~ダークファンタジー~ | トップページ | 【食べて、祈って、恋をして】~ロマンス~ »