« 【嵐を呼ぶ男】~青春ドラマ~ | トップページ | 【カルネ】~カルトドラマ~ »

【戦火の馬】~戦争ドラマ~


★★★★☆(4、5)

08

diamond製作年度 : 2011
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : スティーヴン・スピルバーグ
diamondキャスト : ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン
diamondストーリー
農村に住む少年アルバートの愛馬であるジョーイが
軍馬として騎馬隊に売られ、フランスの戦地に送られてしまう。
敵味方の区別を知らないジョーイの目に、戦争は愚かさで
悲惨なものとして映るだけだった。
一方そのころ、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず、
ジョーイと会いたいがため激戦下のフランスへ旅立つ。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondスピルバーグの美しい正統派感動作。
 (ネタバレあり)


あまり興味のなかった作品なのですがダンナが見たいということと
やっぱりスピルバーグだしね、と借りてみたのですが
・・・いや~、これぞ安定のスピルバーグ!!正統派!ということで
普通に私のほうが号泣しました(-ω-。)

そういえばオスカーに6部門もノミネートされてたんですよね。
(忘れてたわそういえば・・・)

大した予備知識もなく、戦時中に育まれる少年と馬とのありがちな
絆物語なのかなぁ~なんて軽く思っていたら大間違い(笑)。
シリアスな、しかもこういう視点の作品だったんですね!?


父親が(非常に)無理をして買ってきた美しい馬はジョーイと
名づけられ、アルバートは根気良くジョーイを手なずけ友情を育む。

09_2


しかし第一次世界大戦が始まるとジョーイは軍馬として
売られてしまい離れ離れに・・・。


物語は馬の視点で描かれ、

まずはジョーイを大切に扱うイギリス人将校-。

10


ドイツ軍を脱走した幼き兄弟-。

12_2


両親を失い祖父と2人で暮らすフランス人少女のもとへと-。

13_2


ジョーイの持ち主は様々な事情を経て次々と変わっていきます。


この間アルバート少年はほとんど出てこず
いくつかの秀逸なオムニバスを見たようなお得感も。

そしてようやく物語は入隊したアルバートの
第二次ソンムの戦いへと移ります。

戦火の中で数奇な運命を辿ることとなったジョーイの物語
ではありますが、言ってみたらほぼ戦争モノですね。


スピルバーグお得意の戦争シーンなどは相変わらずの迫力
なのですが、戦時中の映像にも関わらずここまでの美しさは彼ならでは。

17


有刺鉄線に巻かれて身動きがとれないジョーイのシーンなどは
なぜかとても幻想的でうっとりしてしまうような光景でした。

またこの敵兵どうしの唯一のエピソードも妙に微笑ましく良かったです。


様々な人の手に渡ってきたジョーイがようやくアルバートと再会するシーン。
アルバートが手なずけたあの口笛に反応するジョーイ・・・。
あの表情!もはやジョーイは馬じゃなく人です、人!

そして馬ってああいう風にマズル(ってそれは犬か?)を人にこすり付けて
愛情表現をするんですね??

18


その姿がもうカワいくてカワいくて!!
ダンナと『・・・馬ぁ~!馬ぁ~~!』と萌えまくり。

今まで馬のカワいさってあまり感じたことがなかったのですが
サラッサラのたてがみにつぶらな瞳が愛くるしく
途中からもはや違う視点で感動しまくってました・・・(-ω-。)
利口そうで、従順で、純粋で、汚れがなく・・・。
飼いたいペットリストに柴犬の次に馬が追加されました。

だから馬が酷使されるシーンなどは本当に嫌でした・・・orz。


と、話反れましたが(汗)、とにかくひたすら正統派一直線なお話です。
予定調和ではあるので安全だなぁ~と感じる方もいるかもしれませんが
ここはベタというかあえて正統派と言いたい。

ひとつツッコむとしたら、ストーリーも映像も『美しすぎか!』ですね(-ω-)


そういえば、キャストは知っている人があまりいなかったのですが
脱走する兄弟のお兄ちゃんは『愛を読むひと』の主人公の少年でした。

14


特徴ある顔なので分かりやすいです(笑)。


どのシーンを取ってみてもムダなシーンなどはなく
2時間半の上映時間もあっという間でした。
美しい涙が流れる、良作です。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


16


レッドカーペットにジョーイも来てたんですね!
なんだかスピルバーグに話しかけてるみたい・・・(-ω-。)カワええ。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【嵐を呼ぶ男】~青春ドラマ~ | トップページ | 【カルネ】~カルトドラマ~ »

【ドラマ(ヒューマン)】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。


ボクはこの映画 映画館で観ました。
友達は「都合良すぎ」って言ってましたが
ボクはすごーくいい映画だと思いました!
まさに「奇跡」ですよね~。


本当に美しいシーンの連続でしたね。
有刺鉄線に絡まったシーンなどは特に。
そこで 一旦停戦して、両軍が助けてあげるところは
涙がどばーっでした。笑

ただ一つ、あの脱走した幼い兄弟が
いきなり殺されてしまうシーンだけは
ショックでした。
でも、本当にいい映画だと思いました。
さすがスピルバーグっすね!

投稿: かっしー | 2012年7月27日 (金) 20時11分

☆かっしーさん


こんにちわ〜♪

かっしーさんは劇場に行ったのですね。
劇場で見たら映像の美しさもより堪能できそう!

やっぱり単純に良い作品ですよねコレ(>ω<)!!
確かに都合良過ぎる部分もかなりありますが、
この作品に関してはなぜか許せてしまいます(笑)。

なんと、有刺鉄線での両軍のシーンは泣き(!)でしたか。
あの緊迫する戦いの中で唯一ホッとするシーンでしたよね。
なんかこの2人の物語をもう少し見ていたいくらしでした。


私も!!あの幼い兄弟が速攻殺されてしまうのはビックリでした・・・。
やっぱり脱走したら若くてもなんでもカンケーないんですね(−ω−。)

うんうん、久々にこれぞ正統派なスピルバーグの傑作でした☆☆

投稿: シバ美 | 2012年7月30日 (月) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【嵐を呼ぶ男】~青春ドラマ~ | トップページ | 【カルネ】~カルトドラマ~ »