« 【ウィンターズ・ボーン】~シリアスドラマ~ | トップページ | 【ツォツィ】~ドラマ~ »

【イリュージョン】~ミステリー~


★★☆☆☆(2、5)

01

diamond製作年度 : 2011
diamond製作国 : アイルランド/ポーランド/イギリス
diamond監督 : パヴェル・パヴリコフスキー
diamondキャスト : イーサン・ホーク、クリスティン・スコット・トーマス
diamondストーリー
パリで孤独な暮らしをするはめになったアメリカ人作家のトム。
謎の美女マーゴットと出会い情熱的な関係に溺れるトムだったが、
なぜか周囲で不可解な出来事が起こるようになり……。
(TSUTAYAonlineより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondハッキリとした答えが出ず、文学的で抽象的な話・・・。
 (ネタバレあり)


映画紹介でちょっと面白そうだったのとイーサン・ホークが
出ていたので見てみたのですが、これってハリウッド映画じゃ
なかったんですね??

アイルランド、ポーランド、イギリスの合作とのことで
これはまたいかにも~なヨーロッパ映画でした・・・。
んで監督は『マイ・サマー・オブ・ラブ』と同じ人だったんだ!
   
マイサマーはなかなか楽しめたのですが
本作はかなり監督のシュミに走ってました・・・。
サスペンスの括りにはなるのかもしれませんが、
ハッキリとした答えが出ず文学的で非常に抽象的な話です。


家族への暴力により接近禁止命令を言い渡されている、
低迷中の作家トム。

05


インテリな作家には合っているイーサンですが、
暴力的なイメージがないだけにどうも違和感。
それ、嫁の狂言なんでないの?と勘ぐってしまうほど。


バッグ一式を盗まれてしまった彼は不衛生で場末の宿屋に
身を置き、コッソリと娘に会いに行く。

03


まず物語の前半は全くといっていいほど動きがなく、
謎の未亡人マーギットと深い関係になるだけ。
それも正直、なぜあんなオバハンと?という不思議・・・。

02

女優さんは有名だしキレイな人なんですが、イーサンの相手にしては
ザ・熟女という感じでなんか合わないんですよね。


そして宿泊代を稼ぐためある建物の警備員をすることになるのですが、
建物内には何かを引きずった血痕があったりと明らかに犯罪絡みのよう。
ここでようやく動きがあるのかと思われたのですがこれも何も起きず・・・。


物語は残り3分の1のところへきてようやく動きだし、
マーギットの家から帰ると自室には隣の部屋の住人の遺体が。
トムが容疑者として疑われ、刑務所でどこにいたかを話すと、
マーギットという女性はとっくに亡くなっている人物だった!

真犯人が捕まり釈放されたトムが彼女の家に行ってみると
『その家は何年も空き家ですよ?』と住民。


『自分は病んでいる・・・。触れるもの全てが壊れていく・・・』と、
作家にありがちな自己陶酔タイムに入り(非常に)イヤな予感(-ω-)。


さらには娘が失踪し、疑われたトムが向かった先はマーギット宅。
するとやはり未亡人はそこに存在し、彼女の首を絞めながら
『・・・娘を返してくれ!』と懇願するトム。

04_2


しかし結局、どこからかフラリと事帰ってくる娘。


こうして物語は幕を閉じ(エ?)、

ねぇ、一体あのオバハンはナンだったの( ・ ω ・ )?
あのヤバい建物で行われていたことはナンだったの?
トムの部屋の遺体はホントにあの真犯人で合ってるの?
娘は勝手にドコ行ってたの?

など、良く言えば謎のまま、悪く言えば丸投げかよコノヤロウなのでした。


ちなみに邦題はイリュージョンと“錯覚”なのでそのまんまという
感じなのですが原題は『the woman in the fifth』と、
直訳すると“第五の女性”なんですよね。
こちらのほうにかなりのヒントがありそうなんですが、
やはり思い当たるようなシーンがなく分からないという・・・。


勝手なイメージかもしれませんが、アート系の職業の主人公って
妄想癖が強いというか、こういう類いの作品がわりと多いような気がします。
謎のままがゲイジツ、みたいな・・・。

またイーサン・ホークがこういった作品に出るのはわりと珍しいので
想像と違った、と思われる方も多いかもしれません。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【ウィンターズ・ボーン】~シリアスドラマ~ | トップページ | 【ツォツィ】~ドラマ~ »

【ミステリー】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ウィンターズ・ボーン】~シリアスドラマ~ | トップページ | 【ツォツィ】~ドラマ~ »