« 映画鑑賞マシン“コクーン”って知ってますか? | トップページ | 【スウィッチ】~サスペンススリラー~ »

【日輪の遺産】~歴史ドラマ~


★★★★☆(4、0)

006

diamond製作年度 : 2010
diamond製作国 : 日本
diamond監督 : 佐々部清
diamondキャスト : 堺雅人、中村獅童、福士誠治
diamond解説
太平洋戦争終結間近の夏、祖国の復興を願い、
GHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した
帝国陸軍将校たちと20名の少女たちに待ち受ける
壮絶なドラマを描くエンターテインメント巨編。
戦後60年以上を経た現在、自国の未来をいちずに
思い憂いたかつての日本人のプライドに感動を禁じ得ない。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondやりきれなさの中にも希望を持たせた良作。
 (ネタバレなし)


戦時中が舞台にはなっていますが、日本の復興のために
財宝を隠そうとする陸軍将校と少女たちのお話。

どうやら本当に終戦間近にこういった財宝が日本のどこかに
隠されたのではないかという説があるそうですね。

いわゆる戦争モノではないので戦いのシーンなどはないものの、
ある意味それ以上の鬱展開が待ち構えるお話でした・・・。


人里離れた森の中で、重労働を課せられる少女たち。

005

重い木箱を何箱も何箱も運ばされる彼女たちは
中に軍事品が入っていると伝えられているのですが、
実は金塊が入っているのです-。

もちろん将校でさえ数名しか知らない極秘任務なのですが、
任務が終わると真柴少佐は辛い決断を迫られることとなります。

-少女たちを全て始末しろ、と・・・・。

004_2


・・・あ~~~やっぱりこうなるのか・・・・と分かっていても
やめて~!!ですよorz。


結局、最悪の展開は迎えずとも済みそうだったのですが・・・・

嗚呼・・・・・・・・・・・久々に映画でここまでの鬱展開を見ました。


しかしこの当時の子供たちって、今の子供たちとは到底かけ離れた
生活を送っているので思考が違うのももちろんなのですが、
にしても・・・なんなんでしょね、ここまでの祖国を思う気持ちって-。

002


話している内容にしても『これが13歳の少女の会話なの??』と
感心してしまう反面、こういう時代で生きていかねばならなかった
彼女たちにやるせなくなります。

“決断”も、真柴少佐たちの手を煩わせまいとしたことにも思え、
なんとも言えない空しさとやりきれなさでいっぱいになりました・・・。


そんな中、唯一の希望ともいえた久枝と正造のエピソードは良かった。
タイトルの“遺産”は、財宝とともに久枝のことも指しているんですね。

物語は久枝が回想シーンを自身の家族に語る構成なのですが
見ている私たちもそこで聞いているかのような演出は効果的でした。

001


堺雅人は今回はそんなにキャラが立つ役ではありませんでしたが
先生を演じたユースケはとても自然で違和感ゼロでした。
この人もわりとどんな役をやっても入り込めますよね。

006_2


久々に見た八名信夫と(笑)中村獅童もこの役は合ってました。


見るにはちょっと・・・いや相当しんどい思いをしますが
それでも希望を持たせたことにより良い話だったなと思える良作です。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 映画鑑賞マシン“コクーン”って知ってますか? | トップページ | 【スウィッチ】~サスペンススリラー~ »

【ドラマ(シリアス)】」カテゴリの記事

コメント

父と映画館で観ました~
まさかの鬱展開…
あの寝る部屋で、お話聞いてちゃったんだね…( ´;ω;`)ブワッ

ややファンタジーな部分もありつつ、
そして、地味でありつつ、
でも、飽きることなく観れました。

獅堂と森迫えいちゃんのカップルもなかなかw
しっかし、あの時代にまだ「三助」なる
風呂の介助役が許されてたのですね~
少女たちの背中を流してて~…とかいう小泉中尉(副士さん)の台詞にドキドキしました(笑

原作も読んでみたいです!

投稿: すみちん | 2012年6月 8日 (金) 17時47分

☆すみちんさん


すみちんさんはお父様とご覧になったのですね〜。

邦画でこういう展開って余計に生々しいしヘコみました(没)。
うんうん、話を聞いて全てを悟ったと想像するともう・・・(涙)。

確かに派手さはないですがやはり鬱展開にかなりパンチが
効いていたので飽きずには見れましたね。

あの背中流しは介助役だったのですか!
当時はそういうのがあったんですねΣ( ̄ロ ̄lll)ショーゲキ。


カナボンさんもこの作品見てそうだけど・・・というか
ホント、お元気なんでしょうかね(心配)。
レビューも一向に止まったままだし・・・。

投稿: シバ美 | 2012年6月 9日 (土) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画鑑賞マシン“コクーン”って知ってますか? | トップページ | 【スウィッチ】~サスペンススリラー~ »