« 2011年DVD鑑賞作◆TOP10 | トップページ | 第84回アカデミー賞と個人的なつぶやき。 »

【スペイン一家監禁事件】~バイオレンスサスペンス~


★★★★☆(4、0)


Secuestrados221578801large_2

diamond製作年度 : 2010
diamond製作国 : スペイン
diamond監督 : ミゲル・アンヘル・ビバス
diamondキャスト : フェルナンド・カヨ、アナ・ワヘネル
diamond解説
スペインの新鋭ミゲル・アンヘル・ビバスが監督を務めた、
究極のバイオレンスムービー。
ヨーロッパで大きな社会問題となっている押し込み強盗をテーマに、
そのえじきとなった一家の悲劇を徹底的にあぶり出す。
リアリティーあふれる強烈な暴力描写から一瞬たりとも目が離せない。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


diamondこのテの“押し込み系”では期待を裏切らない十分な出来。
 (ネタバレあり)


今年一発目の映画レビューは、昨年Twitterで見たい×2と
騒いでいたこの作品w。

ツタヤには置いておらず、ゲオにあった1本もレンタル中
だったのですが、もしかしたらカウンターに返って来ているかも!?
と思い店員に『“スペイン一家監禁事件”って返ってます?』と聞くと
『・・・はい?』と聞き返され2度タイトルを言うハメに(コラ)。

そして結局レンタル開始から1週間後くらいにようやく鑑賞・・・。


タイトルまんま、スペインのある一家が押し込み強盗に
監禁されるという聞くだけで鬱になるようなストーリー。

77068_gal


このテのいわゆる“侵入犯”モノでは『ファニーゲーム』
『THEM ゼム』などがかなり面白かったので
本作も期待していたのですが、本作はこういった
えも言われぬ不条理な恐怖というのはありません。

というのも、明確な目的が分からない2作に比べ
本作は強盗ということで目的がハッキリしているので、
金さえ渡せばとりあえずなんとかなるんじゃね?
みたいにどこか安心してしまうところがあるんですよね。

19697678_jpgr_760_xf_jpgq_x20110318


3人組の強盗犯は、
ボス的な存在、完全なる“悪”になり切れないタイプ、
いわゆるクズタイプという分かりやすいキャラ設定。

19697680_jpgr_760_xf_jpgq_x20110318
(1番マシなタイプ。)


父はボスと共に金を下ろしに行くため家を出ます。

19697681_jpgr_760_xf_jpgq_x20110318
(この父親、『永遠のこどもたち』のパパだったんだ・・・)


そして母、娘、残りの強盗犯2人の計4人は家に残り
2つのストーリーが交互に進行していきます。


どちらのストーリーも、見る者の予想を大きく超えるような
展開はなくそつのないサスペンスといったところ。

しかし後半に近づくにつれ、父サイドも母娘サイドも
それぞれが強盗犯に反撃を始める-。

77069_gal


家族が再会するまでのシーンは2つのストーリーが
一画面に二分割で同時に進行し、とても効果的に描かれていました。
(どっちも目が離せない展開なので忙しいけどww)

画面が1つになり、親子が抱き合ったときの安堵感といったら(!)


そしてようやく(!)、ようやく、なんとか強盗犯に勝った・・・
と思った矢先に

『・・・や、やっぱりか・・・orz』というキョーレツなトドメが。

19697682_jpgr_760_xf_jpgq_x20110318


あのまま終わっても☆4は十分にありました・・・あったけど!
やはり“あのあと”があるからこそさらに印象に残る作品に
なるんですよねΣ( ̄ロ ̄lll)。
(ワタシ的にはアレで終わりでも良かったんだけどな・・・)

似たような類いの作品が増えて来ている今、
“ここまで”をしないと埋もれるもんなやっぱ(-ω-;)。


コレ系が好きで『また同じような感じなんでないの?』と
思われる方もコレはコレで充実の1本ではあるのでw
見ても決して損はないと思います。


ちなみに強盗犯の正体は一家の引っ越しを
請け負った引っ越し業者。
それこそ金庫の場所だって分かるわけだもんなぁ~。

なんとヨーロッパでは10秒に1件発生しているという
押し入り強盗ですが、最近実際の空き巣でも被害者宅に
出入りしている業者というのが多いんだそう。

しかしここまで疑いだすともうキリがないですよね・・・。
裕福な家ほど気をつけなければいけない犯罪ではあるので
私には特段縁がなさそうですが(-ω-)



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 2011年DVD鑑賞作◆TOP10 | トップページ | 第84回アカデミー賞と個人的なつぶやき。 »

【ホラー】」カテゴリの記事

コメント

こんな映画を年はじめに観たオラが来ましたよー

このタイトル、2度言うのはツラいですね。。
『すぺいんいっかかんきんさつじん!』て(笑)
そういやオラも前にアンバーハードの『血まみれ金髪女子高生』を
ツタヤの店頭で読み上げられて真っ赤になったことがあります。

にしてもキョーレツな一本でした。
年明けから「やっちまったなあ」(イイ意味で)と思いましたよ。
ヒネリが全然ないのがこれまた厳しくて。

そうそう、「あの後」がまたキョーレツなんですよね。
娘さんの壊れっぷりがちょっとヤリスギな感じもしましたが、
逆にこんくらいがリアルなのかなあとか思ったり。

今年はあと『セルビアン』ですかね。頑張りましょう♪

投稿: 多魔鬼血 | 2012年3月 3日 (土) 23時53分

☆多魔鬼血さんww


ようこそ玉吉さんww、玉吉さんは年始めに
ご覧になったんですよね。壮絶なる年明け(爆)。

このタイトルを女性店員に聞くのもどうかと
思ったんですが(男でも引かれるだろうけどw)
案の定聞き返されました(-ω-)。

ちょ、『血まみれ金髪女子コーセー』ww!!
ツタヤの店頭って・・・商品確認でしょうか??
そんな確認いらねーー(爆)!


そうそう、ヒネリもなんもないところがむしろ
潔すぎて辛かった・・・。
あのトドメはボーゼンとしましたね( ゚д゚)ポカーン。
しかも方法がまたすんごいフツーというかなんというか。


あはは、やっぱり『セルビアン』は気になりますね♪
とりあえず玉吉兄さんの評価を待ちます(爆)。

投稿: シバ美 | 2012年3月 4日 (日) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年DVD鑑賞作◆TOP10 | トップページ | 第84回アカデミー賞と個人的なつぶやき。 »