« 新年のごあいさつ(エ?)と近況。 | トップページ | 2011年DVD鑑賞作◆TOP10 »

2011年公開&リリース作◆TOP10


今年もすでに2ヶ月あまり経ってしまいましたが(汗)
やはりここはけじめとして(?)昨年の劇場公開作
(DVDリリースを含む)のTOP10を記しておこうと思います。

何気に昨年は、私の中では今までで最も最多の
28本も劇場に行ってましたΣ(・ω・ノ)ノ!

年末には『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』や
『聯合艦隊司令長官 山本五十六~』も見に行ったのですが
レビューは両方割愛ということで・・・(-ω-)。

『ミッション~』は噂にたがわぬ面白さだったのですが
例に倣ってアクション系はレビュー書けるほど記憶になくww、
『山本五十六』は面白くなかったのですでに記憶にないというww。


diamondランキングはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



第10位 【白いリボン】

4562227880996_1mx


diamondレビューはこちら。

中毒性を持った、完璧な未完結クライムミステリー。


タイトルですでにネタバレ気味なのですが(汗)、
本作に関しては種明かしメインの作風ではないため
このようなタイトルにさせていただきました。

ある小さな村で起こった、数々の負の連鎖-。

物語は淡々と進んでいき、正直『だから何なの?』
といわれてしまえば終いなのですが、緻密で繊細な描写と
モノクロ映像の美しさにラストまで目が離せません。

何度も見るほどにハマる、ハネケの中ではクセも少ない傑作。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第9位 【デイブレイカー】

001


diamondレビューはこちら。

リアリティと説得力に優れたSFヴァンパイアアクション。


巷の評価はあまりよろしくないようですが(?)、
SFにはもともと興味がない私も大満足だった本作。

最近多いヴァンパイアものの中でもストーリーが
しっかりとしているので見ごたえもあり、
SF、サスペンス、ドラマがバランスよく盛り込まれています。

イーサンの安定したイケメンっぷりも堪能できたしw
ウィレム・デフォーも珍しくオイシイ役を好演。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第8位 【アジョシ】

4988135893390_1mx


diamondレビューはこちら。

韓流好きならずとも、映画好きをも唸らせる1本。


韓国はもちろんのこと、日本でも評判が高かった本作ですが、
アジア映画の中でも後世に遺るだろうというくらいの出来。

私ももう少しランキングが上でもいいかな~とも
思ったのですが、少女とのドラマにかなり期待していた分
ほとんどがアクションシーンだったのでこの順位です。

それでも少女とのワンシーンワンシーンでは鳥肌が立つくらいで、
このシーンのみを比較したら昨年のベスト3には入ります。


ウォンビンファンはもちろんのこと映画好きにはやはり見て欲しい1本。

私のダンナの反応も相当なものでしたがw、おそらく男性のほうが
『ウォンビン、スゲー!!!』となることでしょう(笑)。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第7位 【インシディアス】

4907953047075_1mx


diamondレビューはこちら。

ダークファンタジーも味わえるレトロな秀作ホラー。


これはもう完全に私のシュミですね、ハイw。
ホラーの中でもオカルト系大好物なので甘めの点数です。

いわゆる屋敷系ホラーなのですが、なんと○○の世界へ
行ってしまうというのがかなり珍しい設定。
またその○○の世界が、ダークファンタジーの世界へ
迷い込んだようなレトロさも味わえ、目でも楽しいw。

随所にドキッ!とさせられる仕掛けたっぷりのお化け屋敷ホラー。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第6位 【ネスト】

R089149160mx


diamondレビューはこちら。

ホラーだけでなく『ドラマ』としても堪能できる秀作ホラー。


これこそ巷では駄作扱いなのを知ってますが(爆)
これ私大好きなんですよね。

・・・大好きなんです(-ω-)(2度言ってみる)。


ケヴィン・コスナー初のホラーということですが
ある言い伝えをベースとしたちょっと珍しいスピリチュアルホラー。

私としてはホラーとしても十分楽しめたのですが
それ以上にケヴィン演じる父と娘のドラマにウルッと・・・。

初めて彼を、『いいじゃん・・・いいじゃんケヴィン(-ω-。)』
と思えた記念すべき作品。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第5位 【英国王のスピーチ】

4907953045897_1mx


diamondレビューはこちら。

吃音を克服しつつ育まれる、医師と患者の友情モノ。


ここでようやく正統派なタイトルの登場ですがw、
老若男女問わず誰が見ても安定して感動できる作品。

タイトルがタイトルなだけにおカタい話なのかと
敬遠していたのですが、私の大好きなおじいちゃんモノ(え?)
だったとは・・・(-ω-。)


これが実話だということに驚くのですが、
史実としても興味深いオスカー受賞も納得の良作。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第4位 【アンノウン】

R089279377mx


diamondレビューはこちら。

主人公の“視点”を変えたシナリオが上手い傑作。


『・・・ダンナと来れば良かった!』と1人で劇場へ行ったことを
後悔したほど面白かった本作。

『96時間』以降ノリにノっているリーアム・ニーソン主演の
これぞアクション!これぞサスペンス!という王道クオリティ。

オチが分かってしまうと、ちょっとそれって卑怯じゃねw?
とも思えたりもしますがこれくらいは許容範囲(キッパリ。

秀逸サスペンススリラー『エスター』と同じ監督であることにも驚き。


リーアムはもちろんのこと、珍しく荒んだ女タクシードライバー
なんて役を演じたダイアン・クルーガーも良かったです。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第3位 【スプライス】

4532640306427_1mx


diamondレビューはこちら。

珍作とも傑作とも呼べる、奇跡の融合。


こちらも1人で劇場へ行き大興奮で劇場を後にしたのですが、
大きな声で人にオススメしてはいけない類いの作品(爆)。

『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督が生み出した
1部のマニアからは支持されそうなヘ○タイSFホラー。


新種の生命体を生み出すというありがちなSFモノから一転、
後半は今までに見たこともないようなポカーン展開の連続。

このシーンがまた妙なエロスを感じるといいますかww
人によっては嫌悪感しか抱かない珍作かと。

『○○』が好きな方ならオススメできるという例えが出てこないほど
唯一無二のテイストなので、とりあえず私のように物議を醸す作品に
興味のある方は1度どうぞ(爆)。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


第2位 【アンストッパブル】

R089154683mx


diamondレビューはこちら。

これぞ、極上の王道エンタメムービー。


やはり、(大きな)ハズレなしのデンゼル様ココに健在。
暴走列車を止める男を描いたなんと実話の物語。
当時ニュースでやっていたのかもしれませんが
私は全く知りませんでしたこの事件・・・。

列車も物語も加速する一方で、ラストまで気を抜くヒマは
一切ないです。

ありがちな家族ドラマでもやっぱりウルウル・・・。

恋人同士でも家族でも安心して見られるこれぞエンタメムービー。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


crown 第1位 【塔の上のラプンツェル】

Machikuru_20110208_62_62_520_m_1


diamondレビューはこちら。

紛れもなく、ディズニー史に残る名作アニメ。


・・・やっぱり、なんといっても昨年の1位はコレでしょう!!!
ようやく女子ムービーが登場しましたがw文句ナシの堂々1位です。

ちなみに一昨年の1位も『トイストーリー 3』ということで、
2年連続で首位はアニメ!ディズニー恐るべしッ!


ストーリーを聞いた時点で絶対に当たる!とは思っていたのですが
ここまで面白いとは思わず、正直ビックリ!

2ちゃんでもw男性も楽しめるディズニー映画としてよく紹介されていて、
一緒に見に行ったダンナも納得してました。


冒険や恋愛、家族愛など全てに手を抜くことなく丁寧に描かれていて
ラプンツェルはもちろん、どのキャラクターも愛くるしい(heart01ωheart01)。

見たことの無いような美しすぎる映像にも涙が出そうになりました・・・。


間違いなく、後世に遺る名作アニメです!


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


今年もかなり私のシュミ満載のラインナップでしたがw
1位は納得していただける方もいるのではないでしょうか。

ちなみに次点は『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』でした。
そして最下位は『スカイライン-征服-』ww。


・・・しかし2年連続でアニメが首位とは、アニメもある意味では
かなり実写に近づきつつあるということなんでしょうか-。

まさか今年もアニメになったりして・・・なんて思いつつ。

今年はまだ1本も映画を見ていないので(汗)、
これからまた映画生活に入ろうかと思いますpunch(-ω-)。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 新年のごあいさつ(エ?)と近況。 | トップページ | 2011年DVD鑑賞作◆TOP10 »

映画◆ランキング◆その他」カテゴリの記事

コメント

はい スプライス好きのヘ〇タイ登場です(笑)
あれはいろんな意味で衝撃的でした。
ホント 類似作品てないかも。
あ 人間以外と〇〇〇するって意味では「スピーシーズ」が似てるかな。
とにかくインパクト強すぎ(^o^;)


アジョシは八位ですか。
ボクは2011年一番印象に残る映画でした。
レンタル開始されたみたいだから も一回見てみよ(^-^)


そして スカイライン最下位すかwwwwwww

投稿: ヘ〇タイ | 2012年2月20日 (月) 22時23分

☆ヘ○タイさん・・・ってちょ(爆)!!


かっしーさんなことは分かっていますがさすがに
ヘ○タイと呼ぶのは気が引ける(爆)!!!


かっしーさんも『スプライス』は楽しめたと言って
くれましたよね(爆)。
これは衝(笑)撃でしたよマジで。
でもこのテイスト&流れはめちゃくちゃツボでした(>ω<)♪
確かに『スピーシーズ』と比較されがちですがこちらのほうが
高尚なヘ○タイというか、突き抜けてました。


『アジョシ』はかなり迷ったんですけどね〜!?
かっしーさんは結局あのまま1位を保ち続けたんですねッ。
やっぱりもう少しあの女の子とのドラマを見たかった!
想像していたものと若干違ったのでこの順位に・・・。

『スカイライン』は迷うことなくラズベリー賞です(爆)。

投稿: シバ美 | 2012年2月21日 (火) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年のごあいさつ(エ?)と近況。 | トップページ | 2011年DVD鑑賞作◆TOP10 »