« 高校の頃入会していた『シネマクラブ』。 | トップページ | 【さや侍】~時代劇~ »

【スピーシー・オブ・コブラ】~モンスターホラー~


★★☆☆☆(2、0)


Wsw44_2

diamond製作年度 : 2010
diamond製作国 : インド/アメリカ
diamond監督 : ジェニファー・チェンバース・リンチ
diamondキャスト : マリカ・シェラワット、イルファン・カーン
diamondストーリー
デヴィッド・リンチを父に持つ鬼才監督ジェニファー・リンチが
贈るスピーシーズ系クリーチャーホラー!
女王ヘビの体内にはナグマニという不老不死の石があり、
手に入れられれば永遠の命が約束されるという。
脳腫瘍に冒され余命半年の宣告を受けた
マッドサイエンティストのステイツはこの伝説を頼りに
インド山中に分け入り、巨大コブラのオスの捕獲に成功。
実験室で生け捕ったコブラの体に電極を接続して
女王をおびき寄せるが…。
(oriconデータベースより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondジェニファー・リンチとは思えないほどのC級ホラー。
 (ネタバレあり)



私も好きな監督の1人、デヴィッド・リンチの娘ジェニファー・リンチ。

デビュー作『ボクシング・ヘレナ』はヘ○タイ作品と
言われながらも大のお気に入りww。
2作目『サベイランス』はただならぬ不快さを放ちつつも好きなテイスト。

そして3作目となる本作はインドに伝わる女王ヘビの話と
これまた一気に方向性を変えてきたな~と。

レンタル屋でジャケットを手に取ってみると
『コレ・・・(確実に)コケてね( ・ ω ・ )?』。

その日はレンタルをやめたものの、後日やはりレンタルしてみる。


え~まず、『コレ、ダレの作品( ・ ω ・ )??』

彼女の作品だと言われても信じられないうえに、信じたくないww。


女王ヘビの体内にある“ナグマ二”なる石を手に入れると
不死の力を得ることができるという−。

余命わずかの男は雄ヘビを捕獲し、それを囮に女王ヘビをおびき出す。
−すると女王ヘビは、人間に姿を変えやって来る。

247783hisss
(おびき出され、まずは全裸で街灯によじ上ってみる女王ヘビ)。


舞台がインドなので、最近色んな国の作品に興味津々な私としては
風習やら生活ぶりがのぞけてなかなか興味深かったです。
インドの踊りやら劇場も見れたし・・・でも、ホントそれだけ。

245353hissss
(警察にはガンジーの肖像画がかかってましたw)。


この題材でも彼女が撮ればもっと面白くできそうな気はするのですが、
ジェニファーお得意の繊細な描写や映像の美しさは皆無。

全体的にかなり大雑把な作りで、
演出の安っぽさと血糊の嘘臭さにはもう驚き・・・。

Hisss_im


一体なんだってこんなことになってしまったのでしょう(笑)!?
B級どころかC級ホラーくらいかもしれません。


巨大ヘビのクリーチャーが出てくる事も承知してましたが、
にしても・・・にしてもですよww。

これがヘビと人間の間の子(あいのこ)のときの状態。

245364hissss
(妙なエロスが感じられたりもしますが)。


しかしこの作品において最も意味不明だったのが劇中に流れる音楽。

↓のバックにロック調の哀愁漂うBGMが流れ出したときは
何かの間違いかと( ・ ω ・ )。

Pmo6h


他にも、かなりシリアスなシーンで昔のアニメにありそうな
コミカルなBGMが流れたりするんです。
インドではこういうテイストが標準なんでしょか(謎)。


ラストはようやく雄ヘビを見つけ出す事ができた女王ヘビ。
カルく人間とヘビの絡みwが見れたりもします(あくまでカルめ)。

245352hissss


クライマックスくらいは盛り上げてくれるのかと思いきや、
これって笑うところなんだろうか・・・という
主人公の刑事とヘビ女が互いに叫び合うシーンなど
これまた中途ハンパに終わりました。

この作品、いっそのことおバカ系にしてくれたほうが
良かったのかもしれません。

それでも次回作には期待してますよジェニファーpunch(-ω-)



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 高校の頃入会していた『シネマクラブ』。 | トップページ | 【さや侍】~時代劇~ »

【ホラー】」カテゴリの記事

コメント

この映画オラも観ましたー

ああやっぱりねと言われるかもですが
結構スキだったりします。
レビューでは★4つです(汗)

そうですか…
サベイランスもボクシングヘレナも観てないんですけど、
やっぱり「ぽくない」んですね、この映画?
インドの慣れない制作環境で苦労されたんですかね。

オラは逆にもう少しインドっぽくてもいいんじゃないかと思いました。
オナジミのダンスシーンとか少なめだったし。
というか、そもそもなんでジェニファーリンチだったのか
それ自体が謎な気もしますけども。

投稿: 玉吉さんは(笑) | 2011年11月17日 (木) 02時56分

☆玉吉さんは(笑)さん


やはり、玉吉さんも見ておられましたか!
以前、リンチ娘はヘビ女の撮影をインドでしてるとか
教えてくれたのがコレだったんですね(笑)。

いや〜、コレはキツかったっすorz。
題材からしてもリンチ娘っぽくないしおそらくダメだろうとは
思っていたのですがちょっと想像以上でした(爆)。


玉吉さんは好評価ですね〜(笑)!
リンチ娘とかいうことを抜きに、フツーの(?)B級モンスター
として見る分にはまだ楽しめるのかもしれません。

インドという環境・・・というよりもとにかく彼女らしい
丁寧さが全くないことに驚きました。
美しい映像が得意の彼女なので、マジでリンチ娘が撮ったの?と(・ω・)。
ホント、なんでジェニファー・リンチだったんでしょww!?

確かに私も、もう少しインド×2しててもいいとは思いましたが。
唯一楽しめたのがインドの生活ぶりだったし・・・。

『サベイランス』はまだしも『ボクシングヘレナ』は女性向きなので
玉吉さん的には本作が1番楽しめるかもしれませんがww。

投稿: シバ美 | 2011年11月17日 (木) 13時28分

こんばんは(^-^)

あ これは以前シバ美さん情報で聞いた記憶があります。
画像見るとまんまアナコンダっすね(^_^;)
しかし なぜ全裸で街灯によじ登るだすか?(笑)

今日はクォン・サンウが来日したので
うちのお母に観に行かせました。
明日は大阪で舞台挨拶ありますね(^-^)

投稿: かっしー | 2011年11月18日 (金) 22時02分

☆かっしーさん


以前私のブログで玉吉さんに教えてもらった情報ですね(笑)。

でもこれ、アナコンダのほうが多分面白いかと(爆)。
実は私アナコンダ見たこと無いんですけどね。
今調べてみたら、これってもう4まで出てるんだΣ(・ω・ノ)ノ!

街灯よじ登りは、ヘビだから念のため登ってみたんでしょうね(爆)。


クォン・サンウいま来日してるんですか~!?
今日?大阪に来てるんですね~!それは知らなかった。
お母さまの影響でかっしーさんもさすがお詳しい(爆)。

投稿: シバ美 | 2011年11月19日 (土) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/43026354

この記事へのトラックバック一覧です: 【スピーシー・オブ・コブラ】~モンスターホラー~:

« 高校の頃入会していた『シネマクラブ』。 | トップページ | 【さや侍】~時代劇~ »