« 『デミ&アシュトンとうとう離婚!』と、2人の遍歴。 | トップページ | 【赤ずきん】~ファンタジーサスペンス~ »

【ハード キャンディ】~サスペンススリラー~


★★★★☆(4、0)

12325162_gal

diamond製作年度 : 2005
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : デヴィッド・スレイド
diamondキャスト : パトリック・ウィルソン、エレン・ペイジ
diamond解説
無垢な愛らしさを持つ14歳の少女と、彼女と出会い系サイトで
知り合った中年フォトグラファーの危険な駆け引きを描いたサスペンス。
日本のおやじ狩り事件から発想を得たというストーリーに
ハラハラさせられること必至。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond不快なのに目が離せない拷問スリラー。
 (ネタバレあり)



勝手なイメージでグログロホラーだと思い込んでいたこの作品。
一応サスペンスだったんですね~?

とはいえ、そのへんのホラーなんかよりも強烈で
なかなかトンデモないお話でした・・・。
私が借りたレンタル屋ではホラーの棚にありましたしね。

サンダンス映画祭で話題を呼んだそうですが、
コレ系好きだよなぁ~サンダンスww。

なんだか不名誉なことではありますが、日本のおやじ狩りから
発想を得たストーリーなんだとか(-ω-)。


一見まだまだ子供に見える14歳の少女ヘイリーと、
インテリ系のフォトグラファーが出会い系で知り合う。
そして会ったその日に男の家へ行くと言い出す少女・・・。

18458383_jpgr_760_xf_jpgq_x20051114
(こんなにもあどけない少女なのに・・・)


彼女が作ったカクテルによって意識を失った男が目を覚ますと
なぜかイスにくくり付けられていた-。

Izqdi


物語はほぼ屋敷内で、ヘイリーによる拷問劇です。
ラストまで緊張感を保ったままダレることはないのですが、
とっても不快でイヤ~~~な気分になる類いの作品ですね。

恐怖というよりもやはり、イヤ~な・・・(笑)。

18614007_jpgr_760_xf_jpgq_x20060503


なぜならヘイリーの拷問理由というのがなんとも不明瞭で、
『いい歳して14歳の少女と出会い系だなんて、このヘン○イ!』
と、こういったオジサンに対する嫌悪感で制裁を下しているよう。

『絶対にヘンなモンとか隠し持ってるんでしょ!?
ポルノ雑誌の1つもないなんておかしいじゃない!』

となぜか逆ギレし、人ん家を漁ってみる( ゚д゚)ポカーン。

Qwplw


他にも、完全にジェフのことを“悪”だと決めてかかったうえでの
彼女の言動にはもうこっちもイライラ・・・。


そして本作最大の見せ場と言われる“去勢”シーン。

73eqh


韓国ドラマで宦官の作品を見てからというもの
コレ系はめっぽう苦手な私orz(男性からしたらもっと・・・没)。

『パパの医学書を見て勉強したから大丈夫』とオペコスまでして
去勢手術に挑む姿に『この女、マジでキチ○イだろ!?』と
さすがにこちらもジェフに感情移入する形に・・・。

大の大人が『頼むからそれだけはやめてくれぇぇ』と
泣きながら懇願するサマはしんどすぎて鬱マックス・・・orz。

D6bhn


・・・しかしなんと、この去勢が実はフェイクだったのです(!!)

ヘイリーは(究極の)脅しをかけたんですね。


ここから物語は新たな展開を見せ、行方不明になっている少女の
失踪事件にジェフが関与していたことが判明。

『オレは写真を撮っていただけで殺したのはアーロンだ!』
などと言うジェフですが、ヘイリーはこのアーロンという人物も
同じように拷問してきた模様。

となるとヘイリーは行方不明の少女と知り合いなのかな?と
推測もできるのですがそういった説明もなく、ジェフの
『君はダレなんだ・・・??』という問いに
『あなたが欲情したすべての少女よ』とこれまた抽象的な答え。


ヘイリーにこれらの弱みを握られたジェフは結局
首に縄をかけて自殺するというこれまたイヤなエンディング。

ゆえに、ジェフが本当にここまでの仕打ちをされなければならないのか
という肝心な部分が分からないままなのです。

Fgyei


ただ1つ分かっているのは、ヘイリーは始めから確実に
こうなることを予測し用意周到に準備していたこと。
ジェフがどのタイミングで怒り、おそらくどう行動するのかも
彼女に読まれていたのです。

ヘイリーという名前も偽名だったのでしょうが
やはり素性も明確な動機も分からないまま・・・。

ここのところの理由付けがもっとハッキリすれば
かなりの傑作になったかもしれない作品なので少し残念なところ。

それでもラストまでしっかり釘付けになったことも
間違いないのでこの評価です。


しかしヘイリーを演じた当時18歳だったというエレン・ペイジには
本当に圧倒されました。

今でこそ『JUNO』や『インセプション』などで有名女優の
仲間入りを果たしましたが本作ではまだ新人。


あどけない表情を見せる冒頭から一転、
まるで人が変わったようなふてぶてしい態度と言動には
こちらも腹立たしくなること必至です。

Hgiib


パトリック・ウィルソンもよくこの役を引き受けたなぁ~と。
(いくらフェイクでも)去勢シーンはなかなかやれない・・・(笑)。

名前は聞いたことあるけど他に何に出てるんだろって思ったら
『インシディアス』の父親だったんだ!

11255406_gal
(メイクするとオルセン姉妹にも見えるエレン・ペイジ)。


サスペンス好きならば見ておいて損はない1本だと思います。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『デミ&アシュトンとうとう離婚!』と、2人の遍歴。 | トップページ | 【赤ずきん】~ファンタジーサスペンス~ »

【サスペンス】」カテゴリの記事

コメント

うっ これはちと見れそうにないです(-_-;)
でも切り落とさないんすね ホッ(^_^;)

パトリック・ウィルソンは「Aチーム」にも出てました。
なかなかイケメンですよね(^-^)

2ショットのエレン・ペイジ すごく可愛い(^-^)

投稿: かっしー | 2011年11月21日 (月) 13時10分

☆かっしーさん


度々ありがとうございま〜す(−ω−)♪
ブログもタブレットのほうがかなり見やすいんでしょうか・・・?


こッれはなかなかショーゲキ的な作品でしたorz。
男性は皆(お気レビさんたち)股間押さえながら
鑑賞したとか言ってました(爆)。
なんというか、ここはあえて男性のかっしーさんに
見ていただきたい気もするのですが(爆)←オニ。


パトリック・ウィルソンって『Aチーム』に出てたんですね〜。
なんかこの人とブラッドレイ・クーパーがカブるのですが。
年齢のわりに(?)若干髪の毛がさみしい感じがしましたが(・ω・)
でも知的なイケメンって感じですよね。

メイクしたエレン・ペイジ、カワいいですよね〜♪
こんなにカワいいのにあんなにも恐ろしい演技ができるって、
末恐ろしい女優さんです・・・。

投稿: シバ美 | 2011年11月21日 (月) 14時15分

はい タブレットからだとよく見えますよ(^-^)
横に出てるツイッターも見れます(笑)

Gacktの主演作は「bunraku」ですね。
去年の東京国際映画祭で上映されてました。
ロン・パールマンもたしか出てますね。
ボクは観てませんが どうやらウ〇コらしいですよ(^o^;)

投稿: かっしー | 2011年11月21日 (月) 23時05分

☆かっしーさん


スマホももちろんよく見えますがやっぱりタブレットは
画面が大きいからネットもしやすそうですね〜。
ブログは毎日更新しなくともツイッターでは
ほぼ毎日つぶやいております☆


そうそう、ガクト(ガストみたい(爆))のは
『bunraku』ですね。
すでに上映済みだったんですね〜。
ロン・パールマンはちょっと分からないですが(汗)。

・・・ぶははッ、やっぱりウ○コですか(爆)!!!!
しかしなかなかスゴいキャストですよね〜。

投稿: シバ美 | 2011年11月22日 (火) 15時01分

こんにちは。ひろです。
またまた今更ながらの書き込みです。(笑)

DVDを借りに行く前にWOWOWで何か面白い
映画やってないかな?と思い本作を観ました。
題名を忘れてしまうも,インパクト絶大!という
かなり印象深い作品でした。

本ブログの人気記事ランキングを閲覧していて
見つけました!
「ハード キャンディ」だったんですね。
子供と大人が対立する構図。
偶然にもシバ美さんを知るきっかけとなった
「バイオレンス・レイク」と共通していますね。

衝撃だったのは何と言っても私自身初めて目にした
去勢のシーンです。
ホントにそんなことするのか?脅しだけだろ?
と思いつつも,施術が始まるや自分のものが
切り落とされてしまう様な嫌悪感に襲われました・・・
「やめてやれ~」と私も心で叫びました。
(深夜隣部屋では妻と娘が寝ていますので)
辛うじて去勢されている当事者ではなく,
傍観者として見入っていたようです。
フェイクと知った時の安堵感と言ったら・・・(汗)

こんな少女がここまでも用意周到に冷酷に恐ろしい
お仕置きを完遂したことが忘れられません。
少女が男をお仕置きした理由は,私もレビュー通りと
認識していますが,これまたすっきりです。

日本のおやじ狩りがヒントとは知りませんでしたし,
オフショットの主人公,全然違うんですね。
長髪だし何とも愛くるしい!


投稿: ひろ | 2013年7月13日 (土) 11時58分

☆ひろさん


こんにちわ~。


そうだったのですね、このブログで『ハードキャンディ』を
見つけていただけたとはよかったです(笑)。

確かに本作も大人対子供ですよね。
しかし私が今まで見てきた中でも子供が出てくる
サスペンスやホラーって優秀(とか言っていいんだろうか)な作品
が多い気がします。
子供って純粋だからよけいに恐ろしいワケですが・・・。


去勢シーンはもう男性ならば本当にヤバいですよね~(没)。
フェイクとはいえ、はたまた演技とはいえ、観ているこちらも
すんごく力が入ってしまいました(泣)。

結局この少女がなぜここまでのお仕置きをしたのかが
分からないままなのでモヤっとしたエンディングなんですが。
赤ずきんちゃんがモチーフになっていることからも
どこか大人のダークファンタジーのような要素も感じられます。
そしておやじ狩りがこんなところに反映されているとは(笑)。

エレン・ペイジ、メイクすると年相応のカワいらしい少女ですよね♪

投稿: シバ美 | 2013年7月13日 (土) 14時42分

シバ美さま

こんにちは。ひろです。

今回もコメントをお返しいただき,ありがとうございました。
自分が感じたことを確かめられるとても楽しみな場として
本ブログを閲覧させていただいてますよ。
自宅パソコンを確実に使うのは土・日なので,閲覧できる
時間が限られているのですけどね。

主人公のお仕置き動機は,少女が発したことばから推測
するにシバ美さんがレビューされている通りだと私も思い
ましたので,私自身は「やっぱそうだよね」とすっきりしたの
ですけどね。

ちょっと脱線してしまいますが・・・
未成年の女の子が同級生を殺害して死体を山中に遺棄した
とされるニュースが連日取り上げられているでしょう・・・
灰ヶ峰は小学生の遠足コースとなる私の地元なんです。
残酷な事件が現実にこんな身近で起きるなんて・・・
私の娘も歳が近く,気分の晴れない週末を過しています。
暗い話をすみませんでした。

後ですね,すごく気に入った映画をレビューしてもらって
いることを発見しました。
かなり前にレビューされていますが,またまた今更ながら
コメントを入れさせてもらいたく思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

投稿: ひろ | 2013年7月20日 (土) 12時02分

☆ひろさん


昔は映画を見たらそれを見た人と話をするしか
なかったというのに、ネットが普及してからというもの
見ず知らずの方とも感想を言い合えるようになるとは・・・
すごい時代になったもんです(笑)。

私もレビューしてみたももの、イマイチ自信がなく
モヤっとしてたんですけどね(笑)。
でもあえてハッキリさせなかったことで非現実的な雰囲気を
持たせたのかもわかりませんね・・・。


・・・なんと!灰ヶ峰はひろさんの地元でしたか!
それはさぞかし驚かれたことでしょう。
娘さんも歳が近いとは、ショックだったでしょうね・・・!
LINEのやり取りにしても、あの年代のコたちが
あんなことを平気でできるというのが恐ろしいです。

せめてきっちりと罪を償って欲しいものです(!)

投稿: シバ美 | 2013年7月29日 (月) 13時59分

シバ美さま

おはようございます。ひろです。

三段峡の『ひとりクライモリ』から無事生還
できました・・・(笑)
怖さを色々想像してしまう性分に共感頂き,
ありがとうございます~

私の地元広島,1年前の灰が峰事件でシバ美
さんにご承知頂いたものと思っていました・・・
アクセス地域ランキングに広島がたまにランク
インすると嬉しく思ってたりしますよ。
この事件の公判があったようです。
直接対立していなかった女子に合流を呼びかけ
られ,一緒に遊ぶつもりで落ち合ったところ
不意を突かれて強引に車中に閉じ込められ,
広島市内から灰が峰に移動中にひどい暴行や
タバコの火を押し付け,同乗していた女子は
「死んでしまう・・・」とLINEに書いていた
ようです。
主犯の女子は「もう途中で止めるに止められ
なかった」と述べたようです。
暴行の果てに命を落とす。残酷過ぎます・・・
その苦痛を想像しただけで凹んでしまいます。

ホントきっちりと罪を償ってもらいたいです!

投稿: ひろ | 2014年8月31日 (日) 11時17分

☆ひろさん


お久しぶりです、お返事遅くなりまして(>ω<)

『隣の家の少女』や『バイオレンス・レイク』も
そうですが少年少女が犯罪を犯すホラーは
本当に怖いモノが多いです(!!)

単純というかなんというか・・・いけないことだという感覚が
麻痺するのが集団心理なんでしょうね。

いやはや、恐ろしいです・・・。


投稿: シバ美 | 2014年10月 4日 (土) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/43073174

この記事へのトラックバック一覧です: 【ハード キャンディ】~サスペンススリラー~:

« 『デミ&アシュトンとうとう離婚!』と、2人の遍歴。 | トップページ | 【赤ずきん】~ファンタジーサスペンス~ »