« 【息もできない】~シリアスドラマ~ | トップページ | 【しあわせの隠れ場所】~実話ドラマ~ »

【アジョシ】~アクションドラマ~


★★★★☆(4、5)

The_man_from_nowhere

diamond製作年度 : 2010
diamond製作国 : 韓国
diamond監督 : イ・ジョンボム
diamondキャスト : ウォンビン、キム・セロン
diamond解説
2010年に韓国で公開され、その年のナンバーワンヒット作
となり、韓国のアカデミー賞ともいうべき大鐘賞で主演男優賞
を受賞したほか、計8部門にノミネートされたアクションムービー。
心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女の
ドラマが展開する。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond韓流好きならずとも、映画好きをも唸らせる1本。
 (ネタバレあり)


韓国では昨年のナンバーワンヒット作に輝き、
国内外でも非常に評判が高かったウォンビン主演作。
確か、日本でも原題のまま『おじさん』のタイトルにする予定が
それじゃあまりにもだろうということで『アジョシ』にしたとか。

韓国ではウォンビンのあまりのカッコよさに、恋人どうしでは
見に行ってはいけないなんて言われていたらしいです(笑)。

公開日から少し経ちましたが、私もようやく先週見に行ってきました。
確かに評判どうりの傑作で、韓国の代表作にもなりましたね。


質屋を営んでいるテシクは心に傷を負った過去を持つ青年。
誰にも心を開かない彼だが、その隣に住む少女ソミだけは
たまにテシクの家を訪ね交流を持っていた。

339931view001


しかしソミの母親がヤバい取引をしたことからソミにも魔の手が迫り
母親もろとも誘拐されてしまい、テシクが助け出すというストーリー。

339931view003
(鍛えまくられた肉体・・・)


なんといってもアクションなど“魅せる”シーンで全編を占めており
冒頭からラストまで息を呑みっぱなし。
テンポも非常によいので気を抜くヒマは一切ありません。


しかし私がちょっと予想と違ったのは、テシクと少女ソミとの
交流シーンが意外に少なかったこと。
それこそ冒頭30分(もなかったかな?)くらいで、
あとはラストまでほぼテシクの奪回アクション劇なのです。

339931view004


もう少しドラマ要素を含んだ作品だと思っていたので
ここまで“アクション映画”だとは思いませんでした。
個人的にはここだけがちょっと惜しかったです。


それでもこれだけの好評価にせざるをえないのは
アクション映画でもここまで興奮したものはなかなかないので。

正直ストーリー展開などに新鮮味はないものの、
『こんなにスゴいモンを見た!』という感動と衝撃はすごかった・・・。
映画を見たという充実感を存分に味わうことができます。

単なるスッキリ爽快なアクションにとどまらないのも
いかにも韓国映画で、血をしっかりと映し出し、
効果音までリアルに演出する残酷描写は健在。

339931view010
(よく言われてますが、髪を切る前のテシクが美しすぎるww)


いわゆる敵が、ちょっと“いいヤツ”になるというお約束も。

339931view014
(セロにも見えたしwラジオDJにこんな顔の人いなかったっけ?)


ラストのこの2人の肉弾戦はよかったです。
銃があるのに、テシクの剣裁きに思わず見とれてしまい
思わず銃を放棄するという(笑)。


また物語に大きく絡んでくるのが臓器売買というテーマ。
大人はもちろん、子供までというのは見ていてしんどかった・・・。

細部までかなりリアルなストーリーに仕上がっているのですが
これ・・・実話とかじゃないですよね・・・。
(あの製造工場とか、作り物に思えなかった)

年上の女の子が、犠牲になる最後だけキレイな服を
着せられているのがなんとも皮肉で印象的でした。


テシクの素性や過去の出来事などのミステリー要素も
効果的に使われていて物語に深みを出してました。

339931view013
(こんな人が、単なる隣りの家のアジョシなワケないです・・・)


容赦ない残酷なラストが多い韓国映画なのでイヤな予感も
したのですが、本作のラストは久々に良かった~~~(涙)!!!

339931view006


できたらここは、テシクに車をぶち破って再会を果たして
欲しかったところですがこれはこれでまぁヨシでしょう(笑)。

-お互いがお互いに救われた、最高のラストです。


『抱きしめてもいいか?』とソミにわざわざ聞いて
抱き合うシーンに涙が・・・。
そして抱きしめたときのテシクの表情にはもう号泣・・・。

きっと婚約者が亡くなって以来、初めてあんな顔をしたんでしょうね。


『1人で生きていけるよな』とソミに聞きつつも、
きっと陰からソミのことを見守っていたりするんでしょう、テシクなら。
どちらかというとその後もとても気になる物語だったりしますが。


しかしウォンビンのアクションシーンはホンッットに
『一体どれだけ練習したんだろう!?』とそればかりが
気になってしまうくらい超越してました・・・。

339931view007
(いくら偽モノのナイフでもヘタしたら怪我するレベル・・・)


ルックスが良すぎると演技ではなかなか認められなかったりしますが
『母なる証明』に続き、これだけ様々な役を演じ分けられたら
もう十分すぎるほどの実力派です。
キャラクター上しゃべるシーンがあまりないので、
“眼”で演じる表情にはところどころ鳥肌が・・・。


ソミを演じたキム・セロンという子役も、とっても良かった。

339931view005
(ちょっと少年ぽさも残るカワいい娘でした)


『おじさんを嫌いになりたくないよ・・・
おじさんを嫌いになったら好きな人が誰もいなくなっちゃう・・・』

では、もう号泣。

よく考えたら、ソミとテシクの冒頭30分くらいのシーンは
なんだか涙ウルウルで胸いっぱいでした・・・。
(だからこそこの2人のシーンをもっと見たかった)


ちなみに先週のレディースデイにダンナと見に行ってきたのですが
公開してしばらく経っているから空いてるかと思えばほぼ満席!
しかも男性はダンナを含め数名ww。

こんなにも、バナナだの、肉?だの、コーヒーだの
色んな香りが入り混じった場内は初めてでした(爆)。


鑑賞し終わると聞こえてきたのは
『・・・怖かった~!こんなに暴力描写多いと思わなかった!』
『なんか夢に出てきそう・・・』などの声。

どうやら、ただ単にウォンビンと少女の交流の物語だと
思っていたマダムたちが多かったよう。

確かに、韓国映画でもコレ系をあまり見ていない主婦の方々が
見るにはちょっとドギツイ作品かもしれません。


そういえばちょっと疑問だったのは、
防弾ガラスって撃ち続けると結局穴が開くのwww!?
それなら意味なくない(笑)!?

それと、韓国ってウォンビンの年齢の男性も“アジョシ”って呼ぶの!?
それなら日本でもほとんどの男性がおじさんじゃんww。


しかし、ウォンビンのファンならばもうヤヴァすぎるでしょう(爆)。
ダンナは私以上に『ウォンビンがカッコよすぎる!!』と大興奮w。

ファンならばウォンビンのプロモとしても堪能できる1本。
そして、映画好きをもしっかりと唸らせてくれる傑作です。

339931view008
(ファッション雑誌のワンカットですか・・・?)



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 【息もできない】~シリアスドラマ~ | トップページ | 【しあわせの隠れ場所】~実話ドラマ~ »

【アクション】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^-^)

アジョシ ポクも今から観てきます(^-^)
13時55分の回 間に合うかな(^_^;)
ではまた後ほど(^-^)/

投稿: かっしー | 2011年10月 3日 (月) 13時25分

ウォンビンのカッコ良さにヤられてしまった男が
ここにも1人。。。(笑)

何なんすかこの映画!?
面白すぎますよ〜!
最初から最後まで涙が出まくりました〜!

ボクも「おじさんを嫌いになったら。。。」のシーンで号泣。
そして 敵の暗殺者も見とれるほどの
ウォンビンのナイフ捌きになんか変な涙が出て。
そして 最後の抱き合うシーンでは
もう涙でスクリーンが見えない。(笑)
ほんっっっっとうに感動しました!

ウォンビン 女性でなくとも惚れてしまいますよ!
まじカッコ良すぎ!
あの鍛え上げた肉体にも感動しました〜!

これは女性ファンだけでなく
男性にも観てほしいですね!
「男とはなんぞや?」みたいな。(笑)
最高に楽しめる映画でした!

敵の暗殺者もなかなかいい味出してましたね。
あの俳優さんは有名な人なのかな?
家に帰ったら調べてみます(^-^)

お母に「アジョシ見たよ 最高だったよ!」とメールしたら
「え どこが?」と返事が来ました。
舞台挨拶観に行かせてあげたのに。。。
おのれ。。。母め。。。(笑)

投稿: かっしー | 2011年10月 3日 (月) 22時57分

追伸

あ アジョシって
「お腹の出たオッサン」みたいな人に
使う呼び方だったみたいですけど、
この映画の大ヒットによって
韓国ではアジョシの意味が変わっちゃったみたいですね〜。
ウォンビン すげぇ〜!

投稿: かっしー | 2011年10月 3日 (月) 23時01分

☆かっしーさん


おかえりなさ~いかっしーさんヽ(´▽`)/
感想待ってましたぁ~!


んで、見事にウォンビンにヤラれましたか(爆)!!
かっしーさんなら感動してくれると思ってました~。
やっぱりこれは男性から見てもヤヴァすぎますよね!
ダンナもウォンビンにヤラれまくってましたし、
もしかしたら本作、女性よりも男性のほうがハマるのかも
しれませんね!?

とはいえ私もこのウォンビンはヤバかったですが(笑)。


しかしかっしーさん、かなり感動されたようでshine
あの女の子の台詞、めっちゃきましたよね~ッ!?
頼むからもうこれ以上泣かせないでくれ~!
って感じでしたもん(笑)。

そして今までアクションを多々ご覧になっているかっしーさんでも
あのナイフさばきはやっぱりスゴいものでしたか!
そらぁ~敵も見とれるわ(爆)。


ラストの抱き合うシーンは嗚咽を必死でこらえましたよ(苦)dash
あのウォンビンの表情ぉ~~(涙)。
アカデミー賞の外国語映画賞受賞したらいいのに(爆)。

『母なる証明』はだいぶ複雑なラストでしたが
本作は純粋に感動しましたね~shine

敵の暗殺者は私もちょっと見たことないんですよね。
あまり韓国人ぽくない顔立ちだったんですが・・・。


え、お母さま意外に感動しなかったんですね(爆)!!
ん~、やはり本作は男性のほうが感動するのかも・・・。
私の隣のおばさまも泣いている風ではなかったですし、
周りからもすすり泣きはあまり聞こえませんでしたsweat02


そして、アジョシって元はそんな意味だったんですか!?
ウォンビンにそれはひどい~~!
でもむしろこの作品のおかげで意味合いが変わったと!
それはスゴいですね~、むしろ褒め言葉とか(笑)??

投稿: シバ美 | 2011年10月 3日 (月) 23時25分

おはようございます(^-^)

あの敵の暗殺者、調べてみたら
タナヨン・ウォンタラクンていう
タイ人の俳優さんだそうです。
シバ美さん 韓国人ぽくないって言ってましたが
さすが よくわかりましたね(^-^)
たしかに言われるとタイ人ぽい(笑)
すごくカッコいい俳優さんでした。
タイでは有名な人なのかな?

そして シバ美さんのおっしゃる通り
ラストが気持ちよく終わるのが良かったです!
そのあと「一命」を試写会で観たんですけど
アジョシの方が印象に残ったなぁ〜。
あ 一命ももちろんいい映画でしたが(^-^)

投稿: かっしー | 2011年10月 4日 (火) 06時59分

☆かっしーさん


おはようございま〜す♪

そして早速情報ありがとうございます!
敵役の俳優さん、言われてみたら確かにタイだ(笑)!
カッコいいけれど結構濃い顔立ちですよね。

私もいま調べたら、え、『闇の子供たち』に出てた!?
ってことはちょっと悪いタイプの役だったんでしょうか。
人身売買系の作品が多いな・・・(爆)。

でもラストが良かったから本当に救われましたねshine


『一命』もご覧になって来たんですね〜。
楽しめたようですが、やはり『アジョシ』は超えませんでしたか!
『アジョシ』は作品の持つインパクトと役者陣の演技で泣かされた
ところも大きかったですもんね〜(笑)。

投稿: シバ美 | 2011年10月 4日 (火) 10時22分

お昼休みで〜す(^-^)

昨日の夜から 頭の中で
「アジョシ アジョシ アジョシ。。。」と
頭の中でアジョシという言葉が
何度も浮かんでは消えしてます。爆

あらま タナヨンさんは
闇の子供たちにも出てましたか。
おそらく人身売買組織の人間役でしょうね。(笑)
あの顔だから 悪役専門なのかもしれないですね(^o^;)

あの人以外の悪役が
どーしようもないほどのクソッタレなのも良かったです。
あの オネーサンに睡眠薬を飲ませて
トイレで○○○するヤツとかね。
同情の余地がないほどの悪なので
ヤられるのを見ててスカッとしました。
やっぱラストはハッピーエンドがいいですよね(^-^)

一命は すごく悲しい話で
見終わったあと ずぅぅぅぅんときてしまいました。
すごい映画だけど、もう一度見ようとは思わないかな。。。
観るのがしんどいので(^_^;)
一般受けする映画ではないと思います。
間違ってもデートムービーとして
観に行くべきではないですね。(笑)

投稿: かっしー | 2011年10月 4日 (火) 13時42分

☆かっしーさん


完全に『アジョシ』熱に冒されてますねかっしーさん(爆)。
私も早くDVDでウォンビンを確認したくてたまりませんが(笑)。

そうなんです、間違いなく人身売買組織の人だったのでしょう。
その目ヂカラを見て監督がタナヨンさんにオファーしたらしいです。
確かにあのギラつき方はハンパなかったし(笑)カッコいいけれど
どちらかというと悪役系が似合いそうですねやっぱ。


あの兄弟のゴミっぷり(爆)もホントひどかったです!
身なりに異様に気を遣う弟とか、なんかのマンガにいそうなキャラです。
あの目つきもミョ〜にキモかった〜〜(笑)。
でもこの役者さんはアジョシでブレイクしたらしいです。
(それってむしろ、どういうこと(爆)!?)


『一命』ってしんどい系なんですか??
DVDになったら見てみようかとは思ってたのですが。
ちなみにポスターの海老蔵がモッくんに見える・・・。

投稿: シバ美 | 2011年10月 4日 (火) 16時06分

今仕事帰りです〜。

マンソク兄弟ねぇ〜。
最悪ですよね(^o^;)
兄貴は典型的な悪役顔、
弟は中途半端なイケメン(?)でしたね(笑)
悪役のキャラがしっかりしてるからこそ
ウォンビンのカッコ良さが際立ってましたよね(^-^)
あ なんかもう一回観たくなってきた(^_^;)


あ あのポスターの海老蔵。
ボクは山田孝之に見えてしまいます(^o^;)
舞台挨拶で何度か見たんですけど、
山田くんてヒゲぼーぼーなんです。
ちょうどあんなカンジ(笑)

投稿: かっしー | 2011年10月 4日 (火) 21時38分

☆かっしーさん


おはようございま〜す♪

悪役のなかでも稀に見るゲスな兄弟でした(笑)。
そうそう、弟がビミョーにイケメン風なのも鼻につきました(爆)。
アニキと全然似てないし∑(゚∇゚|||)!

確かに、あそこまで悪役をしっかり演じてくれたからこその
ウォンビンの神掛かったカッコよさですよね〜。


海老蔵、言われてみたら山田孝之にも見えますね(笑)。
この人、ほんとヒゲボーボーなことが多いですが
役作りだけじゃなくこういうのが好きなんですかね〜!?
あまりにヒドいときがある・・・(爆)。

投稿: シバ美 | 2011年10月 5日 (水) 09時48分

あ 今気がつきました!

シバ美さん「アジョシ」のファンリスト続いてくれて
ありがとうございます 嬉しいです!
ボクにとっては 今年のNo.1ムービーです(^O^)

投稿: かっしー | 2011年10月 6日 (木) 00時07分

☆かっしーさん


夕べ久々にyahoo映画をのぞいたら『アジョシ』のファンリストに
かっしーさんがいるのが見えたので(笑)私も続きました!
やっぱ名作ですからね〜これはshine

かっしーさんは今年No1ですか!
私はやっぱ『ラプンツェル』かな〜??
でも今年は私的にホント、映画豊作年でしたつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
その反動で来年が不作だったらイヤですけどね(笑)。

投稿: シバ美 | 2011年10月 6日 (木) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/42203076

この記事へのトラックバック一覧です: 【アジョシ】~アクションドラマ~:

« 【息もできない】~シリアスドラマ~ | トップページ | 【しあわせの隠れ場所】~実話ドラマ~ »