« 【インシディアス】~オカルトホラー~ | トップページ | 【コリン LOVE OF THE DEAD】~ゾンビ~ »

【キャタピラー】~反戦ドラマ~


★★★☆☆(3、5)


Caterpillar500

diamond製作年度 : 2010
diamond製作国 : 日本
diamond監督 : 若松孝二
diamondキャスト : 寺島しのぶ、大西満信
diamondストーリー
勇ましく戦場へと出征していったシゲ子の夫、久蔵。
しかし戦地からシゲ子の元に帰ってきた久蔵は、
顔面が焼けただれ、四肢を失った姿だった。
多くの勲章を胸に、「生ける軍神」と祭り上げられる久蔵。
シゲ子は戸惑いつつも軍神の妻として自らを奮い立たせ、
久蔵に尽くしていくが……。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond正直もう少し斬り込んだ演出も欲しかった。
 (ネタバレあり)


寺島しのぶが、日本人女性としておよそ35年ぶりに
ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を獲った本作。

なんといっても本作の見所は、戦争に行ったダンナが両手両足を
失って帰還するという鬱マックスな設定にあるでしょう(-ω-)。
その夫を献身的な介護で支えるのが妻、寺島しのぶ。

私もテレビで作品紹介を見たときはかなりヘコみましたが、
でもやっぱりもう1人の“興味が湧く”自分もいるわけですよ。

さすがに劇場へ行くテンションはなかったものの、
DVDになったらすぐレンタルしようと思っていたのですが
これまた見たいタイミングがなかなか訪れない・・・orz。

ようやく“そのとき”がやってきてつい先日鑑賞したのですが、
意外や意外?ワタシ的には良くも悪くも想像範囲内で
そこまでしんど~~!!という展開ではありませんでした。
っつっても、もちろんスカっとするお話ではないですが。


戦地から帰還した久蔵は四肢が無く、また顔も焼けただれ、
耳もろくに聞こえずまともにしゃべることすらできない-。

Caterpillar05

実の父親でさえ
『こんな姿で帰されたって・・・これで生きてるっていうのか-。
シゲ子さん(面倒を看てくれる人)がいて良かったよ・・・』
と、思わずその本音が漏れてしまうほどの凄惨さ。

村の者たちも内心は妻のシゲ子に同情しているはずですが、
『ウチなんて骨になって戻って来たっていうのに、
生きて帰って来れるだなんてすごいことだよぉ~』
などと言い、皆夫を“軍神さま”と崇める。

100222_caterpillar_main
(一輪車で連れ出される軍神さま・・・)


ここから、シゲ子の地獄の日々が始まる-。

肉の塊と化した久蔵ですが、食欲、性欲だけは旺盛。

Ce870_97_n0025181_l

自分の食事まで欲しがる夫にそれを与え、
求められれば自ら服を脱いでまたがる-。

物語はほぼ、食事か寝ているかセックスシーンの
繰り返しと言っていいですね。
(実際それしかすることないんだけどね・・・)

E382ade383a3e382bfe38394e383a9e383b


そして終盤になると、戦地で女性を犯して虐殺していた久蔵が
自らの罪に苛まされシゲ子との性行為も出来なくなってきます。

さらに、戦争へ行く前は普通に幸せな結婚生活を送ってきた
と思っていた夫婦ですが、実は毎晩久蔵による暴力が
あったことも判明。
しかも『子供も産めないなんて、この役立たずが!!』
なんて罵られている始末・・・。

あ、久蔵ってこういう人だったんだ・・・と分かると
ミョ~に冷めましたね。
こんなキャラならなんの同情もできないし、
むしろなんでこんなキャラ設定にしたのかもちょっと不明。

シゲ子が『毎晩私を殴っていたくせに!』と夫を殴るシーンが
あったので、ここで立場が逆転するのか??と思ったのですが
特別そういう展開にもなりませんでしたし。

あれだけ毎晩殴られていたのならばここぞとばかりに
立場が逆転してもよくね??(←そうなって欲しい願望)。


ラストは結局、久蔵が“芋虫(キャタピラー)”さながらに外に這い出し、
自ら田んぼに落ちて命を絶つという-。
どういうオチをつけるのだろうと思っていたのですが
やはりこうなるのですね・・・。

ただ、ここまでエグい設定にしたのだから
もう少し斬り込んだ演出や意表を突く展開があっても
良かったかな~という気はします。

それでも描くところは違えど、同じ戦争を扱った作品でも、
先日見た『パシフィック』みたいな作品よりも、本作や『ある愛の風景』
などのほうが反戦メッセージとしては響くものがあります。
ひとつの家庭を戦争が変えてしまった恐ろしさという意味では-。


本作、江戸川乱歩の『芋虫』をモチーフにしたとかで
原作のほうも気にはなっているのですがまだ未読です。
江戸川乱歩の作品ってストーリー的にはかなり
私の好みだったりするんですけどね(笑)。


そして何より恐ろしかったのが元ちとせのテーマ曲www!!
『死んだ女の子』という、自らが亡くなった視点で書かれた
詞の歌なのですがこれがもうメロディも詞も怖すぎる!!

エンディングでこれが流れ始めたとたん、映画の内容が
吹き飛ぶくらい悪寒に包まれました・・・(-ω-。)


寺島しのぶは賞を受賞するのも納得です。
脱ぎっぷりもいいのですが、彼女のキャラクターのせいか
あまりいやらしく感じませんでした。

夫を演じた大西伸満という役者さんは以前見た
『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』に出ていた
ようなのですが覚えてない・・・。
画像見たらもとはえらくカッコ良い人なので驚きましたが(笑)。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【インシディアス】~オカルトホラー~ | トップページ | 【コリン LOVE OF THE DEAD】~ゾンビ~ »

【ドラマ(シリアス)】」カテゴリの記事

コメント

深夜にこんばんは〜(^-^)

う〜ん ボクはこの映画は見ないかな。。。
なんか凹みそうなので(^_^;)
友達から内容を聞くまで
全くこの映画について知りませんでした(^o^;)
芋虫になっても尽きない食欲と性欲
すごい映画っすね(^_^;)

寺島しのぶさん
2月にブルーリボン賞の授賞式で見ましたが
とても細くて綺麗でした。
胸元が大きく開いたドレスで
すんげセクスィ〜でしたよ(^-^)

あ あっしは木曜日に
「ロサンゼルス決戦」観てきま〜す(^-^)

投稿: かっしー | 2011年9月 5日 (月) 01時14分

☆かっしーさん


深夜にいらっしゃってくれたのですね( ̄ー ̄)ニヤリshine

一応寺島しのぶが賞を獲ったということでテレビでは
チラホラ紹介されてたんですけどね。


これはまぁ、フツーにヘコみますよね・・・。
ヘタなホラーなんかよりもはるかに気分が悪いッス(−ω−;)
ダンナにも『オレはいい(要らない)』っていわれたしsweat02
私的には芋虫というか例の“ダルマ”を思い出したりしましたが(苦笑)。

かっしーさん、寺島しのぶも生で見たのですね〜!
本作でも、無駄な肉一切なしでとてもキレイな体でしたshine
しかし芋虫を演じた(オイ)夫役の俳優さんの演技もなかなか
すごかったですよ、目のみで訴える演技とか−。


『ロサンゼルス決戦』行って来るのですね〜。
『スカイライン』よりもコケたとか言われてますが(笑)
またかっしーさんの感想楽しみにしときます♪

投稿: シバ美 | 2011年9月 5日 (月) 10時16分

ネタバレでも、気になったので読んでしまいました~!
ゲゲゲっ!久蔵にドン引き!
なんつーか、男としてまずどーなの!?と
思いっきり引きますねー 
元々の性格も……もにょもにょ…bomb

う~ん、これはシバ美さんのレビューで既におなか
いっぱいになってしまった!
遠慮しますheart01

「ロサンゼルス決戦」
評判がいまいちですが、かっしーさんの感想私も楽しみに
しています。こちらも木曜日に試写会が…はずれちゃいましたけど(^^;

今、何気に観たいのは「クマのプーさん」shine

投稿: すみちん | 2011年9月 6日 (火) 09時33分

☆すみちんさん


ほんとコレ、久蔵が単なるイヤなヤツに他ならないんですよ(爆)。
なんでこんなキャラにしたんでしょうね〜??

もともと良いダンナだったならこのビフォーアフターの落差に
同情できるものの(そういう趣旨の話なんだと思ってました)
こんなヤツならなんの同情もできないだろ(笑)!!と。
戦地で女性を陵辱して虐殺してたとか、もう少し久蔵の
ステキなところも見せてくださいィィィww。

このレビューでおなかいっぱいならば見なくてもいいかと(爆)。


『ロサンゼルス決戦』も評判悪いですよね〜sweat01
エッカート&ロドリゲス姐さんというキャストはなかなか良いと
思うのですが、こちらもかっしーさんの感想を聞くとしましょう☆
すみちんさんも試写に応募していたのですね〜。
しかしかっしーさん、最近はほとんど試写なのかなΣ(・ω・ノ)ノ??

投稿: シバ美 | 2011年9月 6日 (火) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/41474282

この記事へのトラックバック一覧です: 【キャタピラー】~反戦ドラマ~:

« 【インシディアス】~オカルトホラー~ | トップページ | 【コリン LOVE OF THE DEAD】~ゾンビ~ »