« 【恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない】~ラブストーリー~ | トップページ | 【ストレンジャー・コール】~サイコスリラー~ »

【泳ぐひと】~ドラマ~


★★☆☆☆(2、5)


Dra1506601_2

diamond製作年度 : 1968
diamond製作国 : アメリカ 
diamondキャスト : バート・ランカスター、マージ・チャンピソン
diamondストーリー
暑い夏の午後、会社重役のネッドは、友人や近隣の
エリートたちの家のプールを泳ぎながら家路をたどり始める。
だが、満ちたりた生活を送っているはずの彼らは、
皆生活に疲れ、人生への情熱を失っていた。
自らの成功の虚しさを痛感したネッドは、
絶望のうちに家にたどり着く……。
病める現代の断面を鋭く描いたアメリカン・ニューシネマの傑作。
(eiga.comより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

diamond“アメリカン・ニューシネマ”に属する奇妙で難解なお話。
 (ネタバレあり)



斬新でちょっと笑ってしまいそうなこのタイトル。
1968年製作と、今から約40年も前の作品です。

しかしタイトルに反してなんだか怖い話だということで
ずっと気になっていてレンタル。
ウチの近所のレンタル屋はクラシック映画が50円なので(笑)。


いや~、タイトルまんま“泳ぐひと”な内容でした。

男性が水泳パンツ1丁で森の中を走っているシーンから
始まるなんだか奇妙なオープニング。

彼が一体どこからやって来たのかはよく分からない・・・。
ちなみにこの主人公ネッドは、全編を通し水泳パンツ1枚( ・ ω ・ )


とあるブルジョワな家の庭に現れるネッド。
その家の住人はネッドの昔からの友人のようで
『おぉ~、久しぶり!』などという会話がされる。

19482508_jpgr_760_xf_jpgq_x20100726
(これもごあいさつ)


ネッドは友人に一緒に泳ごうと誘うが、疲れていた友人は断る。
するとネッドは言う。

『・・・そうだ、隣人たちの家のプール伝いに泳いで家に帰ろう!』


・・・・・・・・ハァ( ゚д゚)??


・・・ちょ、イミわかんねぇぇwww。

この時点で若干萎え始める・・・(-ω-)
どういう趣旨の話なのかもさっぱり分からない。


実は私この作品、3回に分割して見ました(爆)。

そしてようやく今日見終わったわけですが、
決して面白いとは言えなかったですね~私は・・・。


本作、ロードムービーに近いものもある気もします。
とにかく主人公は様々な家を訪れ、過去の話に
花を咲かせていきます(んでプールで泳がせていただくww)。

ちなみに訪れるのはほぼ、ネッドの昔からの知り合いで
過去の愛人宅に行ったり、また初対面の少年とのエピソードも。


昔自分の家の子守をしていた女性としばし行動を共にします。

19482507_jpgr_760_xf_jpgq_x20100726
(どう見てもエロオヤジの図)


ネッド自身も豪邸に住み(?)、妻と娘が待っているから
早く帰らないとなどという台詞が幾度か登場します。


しかししばらくするとあることに気がつきます。

序盤に彼が訪れた家の住人は友好的なのですが、
後半にいくにつれ彼のことをあまり良く思って
いない人たちとの交流が増えていくのです。


初めは高級住宅街ばかりを訪れていた彼が、
ラストなどは市民プールに行くという落ちぶれ様。

さらに彼の言動に理解できないようなところも増えてきて、
『・・・ちょ、今までのコイツの話ってまさか妄想なんでは!?』
みたいな疑惑もチラホラ・・・。


で、結局自身の家に辿り着いてみると、
家は荒れ果て妻も子供もいないという-。

家の前にひれ伏し、ジ・エンドというある意味“怖い”お話です。


結局のところ、ネッドはとうの昔に妻子に捨てられていたのでしょうね。

それでもそれを認めたくなかったのかなんなのか、
行き会う人々に偽りの自分を演じていたのでしょう。

過去には愛人をはべらし良い暮らしをしていたようですから
そのツケが回ってきたというところなのでしょうか・・・。


本作、いわゆる『アメリカン・ニューシネマ』の傑作と
あちらこちらで紹介されています。

私も耳にしたことはあるのですがどういったものを指すのか
イマイチよく分からずウィキを見てみると
“1960年代後半~1970年代にアメリカで製作された
反体制的な心情を綴った作品群”となってました。

有名作では『卒業』や『タクシードライバー』なんかが
これに当たるそう。


う~ん、これらと比べると本作は若干難解な気がしますが・・・。

逆にもう少し歳をとってからのほうが共感できるところが
多いかもしれない作品ではあります。
(多分もう見なさそうだけどww)


1人で鑑賞したので、ダンナにこんな作品を見たとあらすじを
説明し始めると、まだ序盤なのに『・・・あ、その話もういいですカラ』
とさえぎられたwww。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない】~ラブストーリー~ | トップページ | 【ストレンジャー・コール】~サイコスリラー~ »

【ドラマ(その他・カルト)】」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
日曜日だというのに仕事っす(^_^;)


あらま ずいぶん古い映画ですね〜。
しかもかなりシュールな内容みたいで(^_^;)
海パン一丁で友人宅を渡り歩く。。。
今だったらポリスメンのお世話になりそうな行為だすな。(笑)
どこでこんな珍。。。名作を知ったんですか?(^_^;)

旦那様 ずいぶんとつれないお返事でしたねぇ〜(^o^;)

投稿: かっしー | 2011年7月 3日 (日) 07時02分

☆かっしーさん


お疲れサマです、かっしーさんdogsweat01
サービス業のツラいところですよね日曜出勤は。


久々にこんなに昔の作品を見ましたね~!
クラシック映画なんて多分私今まで5本くらいしか
見てないと思います・・・。

しかしこの当時にこんなシュールな作品が好評価
だったらしいので驚きです!
ホント、今なら間違いなくポリスメンに連行ですよ(爆)。
ちなみに本作では海パン1丁で車がバンバン来る道路を
横切ってましたからね(笑)。

この珍作は相当前にyahoo映画で知りました。
なぜか4、5点もあったのですよコレ(笑)。


ダンナはアート系とかコッチ系まるで興味ないんですよ。
それを知っててむりやりあらすじ言ってやりました(爆)。

投稿: シバ美 | 2011年7月 3日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/40647990

この記事へのトラックバック一覧です: 【泳ぐひと】~ドラマ~:

« 【恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない】~ラブストーリー~ | トップページ | 【ストレンジャー・コール】~サイコスリラー~ »