« 『ダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ結婚と【ドリームハウス】』 | トップページ | 【恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない】~ラブストーリー~ »

【白いリボン】~クライムミステリー~


★★★★☆(4、0)


12502138_gal

diamond製作年度 : 2009
diamond製作国 : ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア
diamond監督 : ミヒャエル・ハネケ
diamondキャスト : クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ
diamondストーリー
第一次世界大戦前夜のドイツ北部。
プロテスタントの教えを信じる村人たちに、
不可解な事故が次々と襲い掛かる。
小さな村は不穏な空気に包まれ、村人は疑心暗鬼に陥り、
子どもたちは苦悩を感じ始めていた。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond中毒性を持った、完璧な未完結クライムミステリー。
 (ネタバレあり)


人を不快にさせる天才とも言われるオーストリアの奇才、
ミヒャエル・ハネケのパルムドール受賞作。


ハネケの作品は『ピアニスト』と『ファニーゲーム』
見ているのですが、『ファニーゲーム』のようなダイレクトな
残虐性はなく、また『ピアニスト』のようなクセもありません。

この作品に関しては素直に面白かった!と言えます(笑)。


それでも正直、万人ウケする作品ではないように思うし
『結局何だったの??』と言われればそれまでなのですが、
見終わったあとからジワジワと『・・・やっぱハネケって凄いんだ。』
と、物語の完成度に圧倒されます。

42039_gal

数時間はずーっとこの作品のことが頭から離れませんでした。
鑑賞後、こんなにも人の批評や解釈が気になった作品は
初めてかもしれません。

実は鑑賞して数日経った今でもまだ思い出します。
中毒性があるというのはまさにこういった作品のことを
言うのではないでしょうか・・・。


第一次世界大戦前夜に北ドイツの小さな村で起こった
“奇妙な出来事”の連鎖-。

30437_gal


すべての始まりは、
何者かに仕掛けられた針金によるドクターの落馬事故-。

さらに、

-男爵家の納屋の床が抜け、小作人の妻が亡くなる。
-男爵家の長男がぶたれ、逆さ吊りにされているのが発見。
-部屋の窓が開いており、家令の赤ん坊が命の危険にさらされる。
-男爵家の納屋が火事になり、小作人が首を吊る。
-知恵遅れの子供が失明するほどの大怪我を負わされているのを発見。


ザッと挙げると、これだけの出来事が小さな村に降りかかります。

23225_gal


登場人物が多いのでちょっと気が抜けませんが、
誰が主人公というわけではなく、それぞれの家族のエピソードに
スポットを当て主観を抱かせないような作りになっています。

9828_gal

モンスターやオカルトなどではない、
またいわゆる殺人事件が起こるというわけでもないのに、
まるで実話なのでないかと思ってしまうほどの
圧倒的な説得力と強烈なリアリティ。


正直ストーリー云々ということよりも、この物語そのものが放つ
映像力と力強さに魅せられ、自分が村の住人の生活を
覗き見しているような感覚に襲われます。

21006_gal

現にカメラは、人物を追うというよりは一定の位置から
盗撮でもしているかのような視点で描かれていることが多いです。

また冒頭からエンドロールまでBGMが一切無いことも、
全編モノクロで見せるリアルさも“映画である”ということを
より一層忘れさせます。

余計なものを一切排除し、物語のみをシンプルに見せる
この方法が妙に心地良く、恐ろしくもあるのです。


そして誰しもが持っている“表”と“裏”の顔を、
突き放すように描くハネケの渇いた残虐性。

31875_gal
(特に1番ショックだったドクターの人間性・・・)


-さて。前述した、村に降り掛かった数々の事件には
関連性があったのかなかったのか-。

結局のところ、犯人は分からず謎のまま幕を閉じます。

40780_gal


ある程度の推測などは立つのですが、
そもそもこの物語の趣旨は犯人当てにあるのではありません。

語り手である村の教師も、
『村で起こった奇妙な出来事は、噂で聞いた部分もあるし
全ての謎が解けたわけではない』と冒頭で言っています。


永遠に完結しないところに本作の魅力があるのです。

登場人物たちの、一見してよく分からない謎の行動や台詞などは、
見る度に新たな解釈がされそうで物語の見方も毎回変わってきそうです。


私たちが、解決した事件よりも未解決事件のほうに
興味を持つのはまさにここのところにあるような気がします。
デヴィッド・リンチの作品にしても、摩訶不思議で難解なほど
後々までファンが論議したりしますからね。


ちなみにタイトルの『白いリボン』とは、
純真無垢な心を忘れないようにと子供に白いリボンを巻く儀式。

3221_gal


当時の時代背景などが分かったほうがより楽しめるでしょう。
私はここのところが無知なのでまた勉強して再確認したいと
思います(苦笑・・・)。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『ダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ結婚と【ドリームハウス】』 | トップページ | 【恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない】~ラブストーリー~ »

【ミステリー】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 今仕事帰りです(ToT)

あ ハケネの監督作ですか。
そういえば「ファニーゲーム」も
シバ美さんのレビューを読んで興味出たんでしたっけ(^-^)
いや〜 あれは見るのに疲れました(^_^;)
レビュアーにならなかったら
絶対に見ることはなかったと思います(^o^;)

いやしかし ポゼッションといい、
トンデモ映画を見つけるシバ美さんの才能には頭が下がります(^_^;)

投稿: かっしー | 2011年6月29日 (水) 22時22分

こんにちは!

これ、すっごく観たいんです!でも近所のレンタル屋には置いてないのでぽすれんで借りました(^ω^)

ただいま個人的にハネケ祭り(笑)を開催してまして、とりあえずハネケ作品は全部観るつもりです。この作品も謎は謎のまま投げっぱなし!っていうのがいかにもハネケらしいですね(;´∀`)

それでは、失礼しました!(m・ω・)m

投稿: 電気羊 | 2011年7月 1日 (金) 13時22分

☆かっしーさん


こんにちわ〜、かっしーさんdograin


そうです、お久しぶりのハネケなのです〜(笑)。
でも『ファニーゲーム』のような残虐性はなく、
映像も美しい静かなお話です。
ハネケ流のダークなエピソードはあったりしますが、
私はフツーに楽しめました〜☆
まぁ私を基準にするのもどうかとは思いますが(爆)。

モノクロなのでなかなか手が伸びにくいとは思いますが、
よかったらどうぞ(笑)。


『ポゼッション』は相当な精神力を要しましたが、
またあんなヘン○イ映画を見てみたいと思う今日このごろ(爆)。

投稿: シバ美 | 2011年7月 1日 (金) 16時23分

☆電気羊さん


こんにちわ~dogclover


なんと、電気羊さんはハネケ祭りですかww
めっちゃ楽しそうなお祭りぢゃないですか(笑)!

実は私も未見のハネケ作品が気になっているので、
これから見ていこうと思ってます。
でも案の定ウチの近所のレンタル屋にもハネケは
置いてないので(汗)大きめのツタヤまで行きます。

ハネケはなかなか置いてないですよねww


ではぜひ『白いリボン』楽しまれてください(-ω-)/ribbon

投稿: シバ美 | 2011年7月 1日 (金) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/40586462

この記事へのトラックバック一覧です: 【白いリボン】~クライムミステリー~:

« 『ダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ結婚と【ドリームハウス】』 | トップページ | 【恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない】~ラブストーリー~ »