« 【2001年宇宙の旅】~スペースオペラ~ | トップページ | 【愛してる、愛してない...】~ラブストーリー~ »

【ブロークバック・マウンテン】~ドラマ~


★★★★☆(4、0)

3155552_gal

diamond製作年度 : 2005
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : アン・リー
diamondキャスト : ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール
         ミシェル・ウィリアムズ
diamond解説
保守的なアメリカの西部で、20年以上にも渡って
男同士の愛を貫いた2人の“普遍の愛”を描く人間ドラマ。
アカデミー賞では監督作を受賞したほか、2005年の
ヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞。
主演はヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが
20歳から40歳までの年齢も繊細に表現した演技を見せる。
ブロークバックの山々を美しく映し出した映像にも注目。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond『俺はカマじゃない』『俺もだ-』
 (ネタバレなし)


“同性愛モノ”というと、どうしても一歩引いてしまうというのはあります。
現に私も、今まで見てきた作品の中で同性愛モノはごくわずかです。

それにまず、一般的には受け入れにくいということのほかに、
作り手からしてもかなり難しいジャンルだと思うのです。
ノーマルな人が見ても共感でき、なおかつ感動させるなどというのは・・・。

正直この作品も、これだけ騒がれたのだから今までの
そういう類の中では良い出来なのだろうな~、
くらいの気持ちで見てみたら・・・。


驚いたのは、イニスとジャックにほとんど違和感が
なかったということ。
なぜか、『男同士』という感じがあまりしないのです。

3947339_gal


好きになった人は、そういやたまたま“男”でした、みたいな(笑)。
そのへんの男女の恋愛ものなんかより、はるかに面白い。

3235447_gal_2


もともと超えてはならない『禁断の壁』が余計に拍車を
かけるのだとは思いますが、やはりアン・リーの見せ方が
非常に巧いです。

舞台を、美しいブロークバックの山々などに持っていったことも
かなり効いてます。

3211639_gal
(ほんっとキレイでした。)

これがロスとか、雑踏の中だったりしたらリアルで仕方ない(笑)。


それに、2人はもともとはノーマルなのです。

『俺はカマじゃない。』
『俺もだ-。』

というこのやりとりは、私の中ではかなりの名言です。

10470002_gal


それでもお互いここまで愛し合うようになるのは、
もはや理屈ではないような気がします。

ジャックが初めてイニスに行動を起こしたときは
『・・んん?もうですか(驚)!?』
と正直面食らいましたが(笑)、結果イニスも受け入れたので、
このときすでに2人の中では、ある種の感情があったのだと言えます。


そしてお互い家庭を持つも、気持ちは燃え上がるばかり・・・。
男女の恋愛でも、ここまでプラトニックなものはなかなか珍しいです。

そこはアン・リー、ひとつひとつの描写もとても丁寧で、
恋愛をしたことのある人ならば、誰にでもわかるように
リアルに伝わってきます。
恋愛の切なさというのは、相手が異性でも同性でも
全く“共通”なのです。


イニスの奥さんが見ていることにも気づかず
2人が激しくキスするシーンなどは、こっちも心臓がバクバクで
『・・・ヤバイ!』と思わず声を上げてしまった(笑)。

11237792_gal_2


そしてラストは本当に切ないのですが、この2人が幸せに暮らすというのは、
様々な現実を考えるとやはり容易には想像がつかないですね・・・。

これはこれで、美しい結末だと思います。

12281360_gal_2


一緒に見たダンナに、

『やっぱりこういうキレイな場所だと、男同士でもそれ以上の
感情が生まれることもあるんだよねぇ~??
ほら、友達の○○君とかと行ったりしたらさぁ・・・』

と言ったら
『んなコトあるかッ!!気持ち悪いッ(笑)!!』
と、怒られましたw。

どうやらダンナからしたら、なんであそこであんなことに
なるのかが全く理解不能だったらしいです。


確かにこういうテーマは、日本人には余計に入りづらいかもしれません。

それでも『ボーイズラブ』は、日本でも最近は1つのジャンルとして
確立しているくらいだし、読んでいるのが大半は女性であることからすると、
どちらかというと女性のほうが入りやすいのでしょうか−??

かといって実際に日本でこんな映画を作られたら、
生々しくてしょうがないですが・・・orz(撃沈)。


ちなみに、ジェイクの奥さん役をアン・ハサウェイが演じています。

10879407_gal

このウエスタンなカッコもカワいかった~。
そして何気に本作ではポロリしてます。
今なら演らないだろうな~、この役は(笑)。


それにしてもアン・リーの手腕には恐れ入りました。
この作品はまさに、彼と、ヒース&ジェイクだからこそ
成功したようなものだと思います。

しかしヒースとジェイクもハマリすぎていて、プライベートなどでは
かなりいじられまくったんではないでしょうか(笑)?
それでも実際は、ヒース・レジャーと、奥さん役のミシェル・ウィリアムズが
本当に結ばれたりしたわけですが、子供も授かるも2人は破局し、
ヒース・レジャー無念の死−。

本作でジェイクとヒースも本当の親友同士になったのに、
なんとも残念ですね。


『ダークナイト』ももちろん彼の代表作ですが、
本作も間違いなく彼の代表作になったと思います。

10844522_gal_2



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

ブログランキング・にほんブログ村へ




|

« 【2001年宇宙の旅】~スペースオペラ~ | トップページ | 【愛してる、愛してない...】~ラブストーリー~ »

【ドラマ(ヒューマン)】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/39044521

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブロークバック・マウンテン】~ドラマ~:

« 【2001年宇宙の旅】~スペースオペラ~ | トップページ | 【愛してる、愛してない...】~ラブストーリー~ »