« 【ラビナス】~ファンタジーホラー~ | トップページ | 【ブロークン・イングリッシュ】~ラブストーリー~ »

【スプライス】~SFサスペンス~


★★★★☆(4、5)

13540747_gal

diamond製作年度 : 2008
diamond製作国 : カナダ/フランス
diamond監督 : ヴィンチェンゾ・ナタリ
diamondキャスト : エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー
diamond解説
『NOTHING ナッシング』などの奇才、
ヴィンチェンゾ・ナタリ監督によるSFサスペンス。
人と動物の遺伝子を掛け合わせ、新種の生命体を
作り出した科学者夫妻の心理に迫る。
今まで見たことのない新種のクリーチャーの造形と、
生命体創造という深いテーマを追求した物語に魅了される。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond珍作とも傑作とも呼べる、奇跡の融合。
 (ネタバレなし)



間違っても『コレ、CUBEの監督の作品なんだって~』
などというノリで見に行っては行けない、紛れもない問題作。

正直ありがちな SFモンスターだと思って見に行ったので
こんなドギツい人間ドラマを見せられるとは予想だにしませんでした。

ミニシアターでひっそり上映か、DVDスルーでも不思議のない
この作品が全国的に公開されたことがまずスゴい・・・。

ちなみに梅田ブルクでは結構お客さんが入っていたのですが、
レディースデーということもあっておよそ8割が女性。
鑑賞後の彼女たちのリアクションからすると、
やはり“間違えて”見てしまった人も多数いた模様ww


科学者の夫婦クライヴとエルサは、
人間と動物のDNAを配合させ見事実験を成功させる。
そして見たこともない奇形の生物を生みだした−。

337094view004


急速な成長により女性へと変貌した“彼女”に
2人は“ドレン“と名づけ、その存在を隠しながら生活を続ける。

前半は、ドレンの誕生と“幼少期”までの過程が描かれます。

また本作の見所ともいえるこのクリーチャーが
今までに見たことのない例えようもない気持ちの悪さ・・・(!!)
特に生まれたての、あの“鶏”に目がついたようなのが
歩き回る様には生理的嫌悪感でしっかりと見ていられませんでした!

12091624_gal


頼むからこれ以上おぞましいモノは見せないでクダサイ(!)と
不安になりながら鑑賞した冒頭・・・。

やがて幼少期になるとドレンにフリフリのワンピースを着せ、
エルサがまるでわが子のように接するシーンはなんとも滑稽。

66456_gal_2


地獄絵図と化した新生物発表会も相当なショッキングシーンです!
・・・とまぁ、ここまではそれなりに楽しく鑑賞。

しかし諸事情により、ドレンを廃墟と化した屋敷へと
移さなければければならなくなります-。

ここでドレンが“大人”になってからの展開がまさに本作の見所。

337094view003
(このドレンがビ○ークに見えると言っておられた方、多数ww)


なんとなく“予感”はあるものの、とうとう禁忌を犯す出来事が-。


とにかく、今までに到底見たことのないような衝撃のシーンで、
見方によっては噴き出しかねない可能性も十分にあります。
しかし私は1周回って魅せられてしまったのですww

恍惚というか、もう目が離せないというか-。
良くも悪くも、麻薬のような危険性を孕んでいる最大の見せ場。
おかしなフェチの人も出てきてしまいそうですww


終盤の、一気にホラー掛かった展開も良かったですね。
そして、続編を予感させるエンディングできっちりシメ。
まさかこんなにもサービスしてくれる作品だとは思わずw
私はとても楽しめました。


しかしエイドリアン・ブロディって何でも演るんだなぁ!?と感心。

サラ・ポーリーはやたらジュリアン・ムーアに見え、
出演作の方向性もなんだか彼女とカブってきそうな予感ww

13634957_gal


SF、グロ、サスペンス、ホラー、そして愛憎劇と、
ヘビーな要素をこれでもかと盛り込みまくったにも関わらず、
出来上がってみるとこれが、珍作とも傑作とも呼べる
奇跡の融合を果たした本作ww

紙一重のスレスレの線を行っているのですが、
私は見事にプラスに振れました。


おそらくこの作品は、普通だったというよりは“最高”か“最低”の
どちらかに極端に振られるんではないでしょうか。
一部のマニアからは今後も語られそうな作品になりそうですw



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

Caq2v7lt


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


『ドレン』役を演じたデルフィーヌ・シャネアックと、監督(?)。

66446_gal

もちろん、彼女にCG加工を施してますww
坊主&奇怪な顔立ちにも関わらずミョ~な色香が
出ていたのにも驚き・・・。
最後とか、なんだかちょっとカワいくも見えたし( ・ ω ・ )

ヴィンチェンゾ・ナタリ、今後も期待してます(爆)。

|

« 【ラビナス】~ファンタジーホラー~ | トップページ | 【ブロークン・イングリッシュ】~ラブストーリー~ »

【SF/パニック】」カテゴリの記事

コメント

シバ美さんこんばんは(^-^)
だ〜いぶご無沙汰してしまいました(^o^;)
遅くなりましたが 今年もよろしくです〜(^-^)

最近仕事が終わるのが遅くて、
ネットほとんどやってないんです(^_^;)
お友達の皆様にも全然コメントできずにいます(^_^;)

スプライス 観たんですね〜!
ボクも日曜日に観てきましたよ(^O^)
前売り券がないので 久々に1800円払って観てきました〜。

いやしかし ここまで「タブー」を破ってしまうとは。(笑)
いろんな意味でスゴい映画ですよね!
エイドリアン・ブロディはついに人間の壁を破りましたね。爆

途中から「たぶんこんな展開になるだろうな〜」と思ったら
まさにその通りの展開に!
サラ・ポーリーもすげー役者魂見せましたね(^_^;)
ただ 彼女のワガママぶりがちょっと気になりました。
お前に倫理観はないのか! って(^_^;)
最後は自業自得かな(^_^;)
続きが気になりますね〜(^-^)

投稿: かっしー | 2011年1月14日 (金) 19時30分

☆かっしーさん


おひさです、かっしーさん(>ω<)/shine
元気にしておられましたか~!
こちらこそ、今年もヨロシクです。

・・・最近そんなにお忙しいんですね~!?
プレミアには行けてるんでしょうか・・・。


そして、おぉ~!!かっしーさんも本作見られたんですね!
大阪でも前売りが売られてなかったので私もすんごく困った
のですが、レディースデイまで待ってなんとか見ました。
どうやら本作、前売りがなかったらしいですね~??
でも私、コレが1800円でも見てよかったと思いました(爆)。


ホント、スゴかったですね~コレ!!!
なんか、こういう類いのタブーってちょっと初めてでした(爆)。
後半はもう、モンスター云々とか関係ないッスねwww
こんなに深い(不快w)ドラマがあるとは思ってもみませんでした!

私も、まさかそうなるんじゃないよな・・・(・ω・)という不安感は
あったものの、本当にそうなるとはもうビックリ○|_| ̄ =3 ズコー
エイドリアン・ブロディにはこんな感じで今後もがんばっていって
欲しいですね(爆)。


サラ・ポーリーの冒頭のワガママっぷりにはマジで腹立ちました!
どんだけ自己チューなんだよannoyと・・・。
確かにラストは自業自得でしょうね-。
しかし彼女、『ドーン・オブ・ザ・デッド』でホラーに目覚めたんでしょうか。
今後もこういうのにスゴく出てきそうな予感(笑)。


しかし続きが気になる~~~!!
私、今まで『2』ってほとんど劇場に行ったことないんですが
これは2があったら絶対劇場に行きます(-ω-)/heart

投稿: シバ美 | 2011年1月15日 (土) 16時00分

あ サラ・ポーリーってドーン・オブ・ザ・デッドに出てたんすね(^-^)
たしかにホラーが似合いそうな女優さんですね〜(^O^)

うん エイドリアン・ブロディはプレデターズでもいいカンジだったし
このまま「この路線」で頑張ってもらいたいですね。爆

それにしても 監督によってはこの題材だと
「低俗なB級映画」になってもおかしくはないのに
それなりに格調ある映画に仕上げるあたり
さすがビンちゃんだな〜と思いました(^-^)

投稿: かっしー | 2011年1月15日 (土) 20時23分

☆かっしーさん


そうです、サラ・ポーリーは『ドーン・・・』に出てました。
でもこの人どっちかというとヒューマン系のイメージ
だったんですけどね、『死ぬまでにしたい10のこと』とか-。

エイドリアン・ブロディは『プレデターズ』に出てたんでしたっけね。
これは未見ですが、これからもっとジャンル広げていって
ほしいですね~(笑)。
でも私的にはこういうのに出てほしい、やっぱ(爆)。


そうそう、私も確かにこの題材だと、単なるゲテもん映画になる
可能性大だと思うんです!
ヘタしたらC級にもなりうる作品ですよコレ。
それをよくこんな高貴なw作品に仕上げましたよね~shine
やっぱビンちゃん(笑)の手腕ですね。

これからも期待ですね、ビンちゃんにはflair

投稿: シバ美 | 2011年1月16日 (日) 02時10分

ひぃ~~~こういうことでしたかー!!
記事を読んでいるだけで衝撃的dash
地獄のレディースデーwwwwww
「観るんじゃなかった…」というレディも多くいたことでしょう。

でも、「最高!」か「最低!」に評価がまっぷたつ分かれる作品って、
やっぱり力がある作品だと思います。
こう言葉に表せない衝撃と衝動…また観たいと思わせる何かが
ある作品って、何年経っても脳裏に焼き付いてますもんね~
そうそう、ホント、麻薬ですわ。吸ったことないけどw


しかし、それ以上に、かっしーさんが元気でよかった!(笑
お仕事大変そうですが、お身体気をつけてheart

投稿: すみちん | 2011年1月19日 (水) 09時48分

☆すみちんさん


いや〜、こらぁ〜トンデモない作品でした ○|_| ̄ =3 ズコー
前評判もそんなになかったし、予備知識もそこまでなかったので
衝撃(笑激)もひと塩。

私は大好きですけどね、この作品(−ω−)(爆)。
『やっぱ私、ヘ○タイだったんだ・・・』ということが再確認できた
記念すべき(?)作品となりましたdogbomb


でも監督は、ただ衝撃映画を作りたかったわけではなく、
そうなるまでの経緯や、伏線もきっちり描いているので
よく出来ていると思いました。
サラ・ポーリーの結末なんて、まさに『自分に返って』
きてますしね。


すみちんさんのおっしゃるように、評価が真っ二つに分かれる
作品ってまさに力があると思います(!)
良くも悪くも(笑)。
私も脳裏に焼き付いて離れません、おそらく一生www


かっしーさん、相当お忙しいみたいですね〜(>ω<)sweat01
それでも映画はなんとか(?)観に行けているようですが・・・。

投稿: シバ美 | 2011年1月19日 (水) 11時30分

こんばんわ ~
一昨日、つひに観ましたスプライス。
噂にたがわずしょうもな…もとい、衝撃の展開にしばらくは
ボーゼンとしてたのですが、観て二日後にジワジワ来ました。
なんだかすごく不快…もとい、深いオハナシですよね、コレ!?
とりあえず凄く面白かったです。

ちなみに最初のヒヨコとオ◯ン◯ンの合体みたいの、
オラは妙にかわいいとおもってしまいました(没)

投稿: たまきち | 2011年6月30日 (木) 03時36分

☆たまきちさん


お久しぶりです、玉吉さんdogclover
あ、そういえば『スカイライン』は結局行かれたのでしょうか(笑)。


とうとう玉吉さんも本作ご覧になったのですね〜!
わははッ、確かに笑撃ですよねこれ。
しょうもないっちゃしょーもないんですが(爆)、
愛すべき駄作と言いましょうか・・・。

私もこの作品見た当日はボーゼン&余韻がとてつもなく、
数日引きずりました。
こういう類いの余韻は初めてでミョ〜に気持ちよく(←危)。
ここまでやってくれたらもう全然アリという。

ホント、不快んですが深いとも思いますね。


ヒヨコと・・・え〜〜〜(爆)!!カワいくないっす、玉吉さん(爆)。
もう私、コレに出て来たコッチ系は全部キモかった il||li _| ̄|○ il||li

投稿: シバ美 | 2011年7月 1日 (金) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/38453393

この記事へのトラックバック一覧です: 【スプライス】~SFサスペンス~:

» 「スプライス」 [みんなシネマいいのに!]
 科学者のクライヴとエルサは、遺伝子操作で未知の生命体を創り出す。 やがてドレン [続きを読む]

受信: 2011年1月30日 (日) 08時23分

« 【ラビナス】~ファンタジーホラー~ | トップページ | 【ブロークン・イングリッシュ】~ラブストーリー~ »