« 【シャッターアイランド】~サスペンス~ | トップページ | 【妻が結婚した】~ラブストーリー~ »

【ラスト、コーション】~ラブサスペンス~


★★★★☆(4、5)


Lustcaution_2

diamond製作年度 : 2007
diamond製作国 : 中国/アメリカ
diamond監督 : アン・リー
diamondキャスト : トニー・レオン、タン・ウェイ
diamondストーリー
1940年前後、日本軍占領下の上海。
ワンは女スパイとしてイーのもとへ送られる。
しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年との間で
心が揺れ動くワンは……。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondシンプルで、ストレートで、情熱的−。
 (ネタバレなし)。



R18指定で、あまりに過激すぎるという性描写も
話題になった本作。
確かにこの描写はスッゴかった・・・( ・ ω ・ )
私が今まで見たことのあるR18作品の中では
もしかしたらコレが最強じゃないでしょうか−。

正直、それだけで騒がれたりしたのかな~という思いも
あったのですが・・・ストーリーもしっかりと面白かった(!)

映画を見たなぁというずっしりとした充実感−。
時代背景が背景なだけに小難しい話なのかなと
思ってましたが、いたってシンプルで、ストレートで、
情熱的すぎる(!)作品でした。


抗日活動をするワンは和平活動をする“イー”の暗殺に
加担するため、女として近づいて行きます。

ここで彼女にとても共感できたのは、
ワンはプロのスパイではなくあくまで劇団員の
普通の女子学生だったということ-。

『スパイ』というものが身近に感じられる描写の中でも、
上流階級の人妻という設定で近づくため、経験のなかった
彼女が性の手ほどき(!)まで受けるシーンはリアルそのもの。
今までのスパイものならば、あえて映さないところを
じっくりと見せてきます。

前半では、彼女がスパイになるまでの過程を、
後半は“実践”を。


『ブロークバック・マウンテン』でも思いましたが、
やはりアン・リーは描写が丁寧ですね。

158分と長い上映時間ではありますが、
前半で彼女の人物背景がじっくり描かれている分、
後半はより一層ワンの気持ちになって鑑賞することができます。

登場人物の繊細な表情などをきっちり捉えるアン・リーの
見せ方はとても女性的で、男性が撮ったとは思えないような
色気ある映像も見事。

07_large


結末は予定調和とも言えるかもしれませんが、
さらっと切ない余韻が残るラストも美しいです。

やっぱり私がワンでも、ああするだろぉな・・・。
あの『サプライズ』には私もビックリ(笑!!)


そして冒頭でも言った過激な性描写−。
1万人の中からワン役を射止めたタン・ウェイは
監督からワキの処理をしないように言われていたそうで
当時の女性そのままの姿で体当たりな演技をしました。

中国本土では、本作の役柄などから一時彼女のCMなどが
規制されたこともあったそう−。

モトは幼な顔の女優さんなのに、メイクしたときの
妖艶なギャップも見所です。
時折ゆう○りんにも見えました。

06_large


ただ唯一のギモンは、なんで“初めて”のとき、
イーはあんなに乱暴だったの・・・(笑)!?
一瞬、『( ゚  д ゚)ポカーン・・・』みたいな。
この辺がゲージュツなんでしょうかね(苦笑)。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

Caq2v7lt


|

« 【シャッターアイランド】~サスペンス~ | トップページ | 【妻が結婚した】~ラブストーリー~ »

【恋愛/青春/ガールズ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/34304253

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラスト、コーション】~ラブサスペンス~:

« 【シャッターアイランド】~サスペンス~ | トップページ | 【妻が結婚した】~ラブストーリー~ »