« 【ほっぷしゅうくりーむ】~シュークリーム屋~ | トップページ | アカデミー賞ノミネート作発表と『第9地区』って-? »

『この20年で最も恐ろしい作品」とスティーヴン・キングも警告!実話を基にした少女監禁事件の映画化』


本作のレビューはこちら。
clip『隣の家の少女』


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


え~、またまた私が大いに興味がある作品が登場しました(-ω-)

clip実話を基にした少女監禁事件の映画化
「この20年で最も恐ろしい作品」とスティーヴン・キングも警告!


N0022196_l_2
(かなり過激な画像です・・・spa

ちなみに、この記事を作っている最中にたまたま↑この写真を
ダンナが目にし、『なにソレ−??』と聞いてきたので、
『-ブログに載せようと思って(-ω-)pc?』と言うと、
『え、ソレ・・・・・・ま、いいんちゃう(苦笑)。』と返されました。
(今さらダンナもヒキません。)
でも確かに、私も迷いましたけどねこの画像は・・・(-ω-)typhoon


タイトルは『隣の家の少女』とちょっと爽やかそうな印象を受けますが、

『1960年代のアメリカ・インディアナ州で実際に
起こった少女監禁陵辱事件をモチーフにケッチャムが
執筆した原作は、1989年の刊行以来、アメリカ文学史上
最も悪趣味で読む者すべてを落ち込ませる1冊として
有名なカルト小説で、これまで多くの監督、プロデューサーが
映画化に試みるも倫理的問題からかすべて頓挫。』

だそうで、見るには相当な精神力が要されそうです・・・bomb

私も、ホラーでも(一応オンナなんで)陵辱・拷問系は
相当ヘコむんですよね・・・ il||li _| ̄|○ il||li
(↑むしろヘコまないとヤバいところ)。

しかも本作は実話がモトだというのでとても安易に
見られそうな代物ではなさそう・・・というより、
安易になど見てはいけない気もしますが-。


実は、この原作者ジャック・ケッチャムの『オフシーズン』
会社のホラーマニアの男性から借りて読んだことがあるのです。
『絶対シバ美ちゃんも好きだから』と−。

029795
(そういえば、本作の映画化は?)

男女6人が食人族に襲われる話なのですが、
『作り物』とは到底思えないようなとんでもないリアリティに
本当にブチのめされましたΣ( ̄ロ ̄lll)(sign03

いかにも化け物のような食人族というのではなく、
まだこんな種族が本当にどこかに残っていそうな身近な
恐怖なんです(!)

どんなホラー映画を見ても怖くてお風呂に入れないなどと
いうことはまずない私ですが、本作を読んだあとは
ホントに恐ろしくて、お風呂に入るのが怖かったんですよねspa

恐怖というより、とてつもない『不安感』ですかね。
家の中にいるのに、誰かに襲われたらどうしよう!?みたいな−。


しかも、面白くなかったのかと聞かれればそうではなく、
むしろ面白くて一気読みしてしまうくらいだったのです。
(↑ココがホラー好きの性・・・sweat02

とてもよく出来たストーリーでしたし-。
小説って、映像がなく全て自分の頭の中で展開される分、
ダイレクトに脳内に響きますよね-。


ただ、本作の場合は内容が内容でしかも実話なので、
相当躊躇するとは思いますが、ジャック・ケッチャムを一躍有名
にした作品でもあるらしいので、もしそんなテンションが訪れたら
ちょっと見てみたいかなと思います(-ω-;)
(どんだけMなんだ・・・sweat02

ちなみに公開は、シアターNですね(爆)。
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!


【隣の家の少女】公式HP
cliphttp://www.kingrecords.co.jp/tonari/



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

Caq2v7lt


|

« 【ほっぷしゅうくりーむ】~シュークリーム屋~ | トップページ | アカデミー賞ノミネート作発表と『第9地区』って-? »

映画ニュース&雑談」カテゴリの記事

コメント

ケッチャム、オラも一頃ハマって読み漁りましたーbearing
『オフシーズン』はスゴかったですね。
文字でよくあんなにグロが伝わるもんなんだなあ
と衝撃の思いで読んだ覚えがあります。
映画は今、エリック・レッド監督で企画が進んでるみたいですよ。
続編の『襲撃者の夜』も本国ではもう公開されてるみたいです。
(あんまり、評判はよくないですが・・)

『隣の家の少女』。1回トライしたんですが、どうしても途中から読み進む気に
なれなくてそのまんまになってます。とんでもなく酷い本ですよ。
映画を観る前には読んでおきたいとは思ってるんですけど・・(鬱)

ケッチャムの映画は『ザ・ロスト』がDVDで観れますよ。
あまり面白くないけど、御参考までに

投稿: 玉吉 | 2010年2月 4日 (木) 18時25分

☆玉吉さん


いらっしゃい、玉吉さん(笑)dogshine


実は私もちょっと前に玉吉さんのプロフィールに
『ジャック・ケッチャム』とあるのを発見しまして
(というより、作家名を忘れていた)
玉吉さんにメッセしようとしていたらたまたまこんなニュースを
発見したので記事にてお伝えしましたpunchflair


さっすが、詳しいですね~玉吉さんeyecrown


いや~、『オフシーズン』はホントにスゴいわ、
不快だわ、腹立つわで・・・shadowbomb

私は、唯一読んだことのあるホラー小説なのですが、
あの描写は天才ですよね(爆)。

スゴく印象に残っているのが、
『舌を切られて目の前でガムのように噛まれた・・・』
みたいなヤツ il||li _| ̄|○ il||li
↑多分コレは一生忘れない(爆)。

結局映画化は進められているのですねmovie
(コレの映画化ってR30くらい(爆)?)

しかも、続編があったんですか!


『隣の家の少女』、途中で断念(!)したんですね!?
え、それって酷すぎてってコトですよね??
・・・やっぱりとんでもなく酷いんだぁぁ・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
私も、ホラーでもコレ系はかなり苦手なんですよね(没)。
でも、鬱気味になっても惹かれてしまう己が
恨めしい・・・(-_-X)


『ザ・ロスト』、早速チェックしてみます!
たくさんの情報ありがとうございましたdogcute

投稿: シバ美 | 2010年2月 4日 (木) 19時32分

いやいや男のボクでも 凌辱 拷問系はじゅうぶん凹みますから(^o^;)

なんかすごい映画みたいですね(^_^;)
毛っ茶無って作家は初めて知りました(^o^;)
「オフシーズン」もかなり興味のある内容です。。。(^_^;)

そしてまたまた「シアターN」すいません近くて〜(^o^;)

投稿: かっしー | 2010年2月 5日 (金) 07時06分

☆かっしーさん


あははッ、そうですよね(笑)。
男性だって陵辱・拷問系はヘコみますよね… il||li _| ̄|○ il||li

私も、今まで『コンクリート』なんかで相当トラウマになって
いるハズなのに、ホラーと聞くとどうしても気になって
仕方がありません(没)。


玉吉さんが小説を断念したくらいなので、相当酷い代物
なのでしょう−_ノフ○ グッタリ
でも、そうなると余計に興味も沸いて来てしまってtyphoon


毛っ茶無(笑)、そちらの方面ではかなり才能ある(?)
作家ですね−。
『オフシーズン』は衝撃ですよsign04shadowspa
でもかっしーさんも楽しんで?くれそうな気が…。
機会があったら、ぜひどうぞdog(笑)。


もう『シアターN』は玉吉さんと今後の課題になりそうです(爆)。
かっしーさん、代表として何か見に行かれたら教えて下さいねheart04

投稿: シバ美 | 2010年2月 5日 (金) 10時09分

昨日レイトで「SAW6」を観て
歓喜してしまった鬼畜のウチが来ましたよ~

まあ、リアルSじゃない(と思う・・・)
私も拷問系は苦手ではあるのですが、
「SAW」は大好物なんですよね。
ジグソウ様に後光が差して見えて(爆)

でも本当に苦手なのは陵辱系。
私って結構フェミニストなんですよ。
だからレ○プシーンなど実はだいっ嫌い!

そんな私だからこの少女監禁物、
メチャハードル高そうです・・・。
多分公開されたらシバ美さんや玉吉さん、
かっしーさんの様子を窺ってから鑑賞かな。

毛っ茶無、全く知りませんでした。
なんかとてつもない変態作家の臭いが
プンプンと・・・。

綾辻行人の「殺人鬼」を電車で読んでいて
吐きそうになった忌まわしい思い出が
甦ってくるようです
(;´д`)トホホ…

投稿: カナボン | 2010年2月 5日 (金) 18時37分

☆カナボンさん


『ソウ6』楽しまれたみたいですね(笑)。
・・・というか、もう『6』が公開されていた
ことさえ知りませんでした(爆)。

私は『ソウ』は2までしか見てないですsweat01
こちらはまだ『作り物』として見られるわけですが・・・

本作はかなりヤヴァイです(・A・)イクナイ


カナボンさんはケッチャムはご存知なかったんですね??
玉吉兄さんと同じように、ほとんど読破している
ものと思ってました(爆)。

綾辻行人という作家はちょっとわからなかったので
いまウィキで見てきましたが、面白そうですねshine

私、小説はほとんど読まなくってsweat02


カナボンさんがフェミニストってのは
わかりますよ~dog(いやマジで)。

というか、こういうのを本当に好んで見るような方ならば
こんなトコにカキコミなんてしないと思います(爆)。


う~ん、私もレ○プシーンはホンットにイヤです つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
拷問系もイヤなので『ホステル』も見てないんですsweat01


これは、ウチらホラー同好会の中でも誰が先に見るでしょ(笑)!?
(ハタマタ誰も見ない・・・??)

Nが唯一近くにあるかっしーさんでも、コレは
気が重いでしょうしね(-ω-)bomb

投稿: シバ美 | 2010年2月 5日 (金) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/33241919

この記事へのトラックバック一覧です: 『この20年で最も恐ろしい作品」とスティーヴン・キングも警告!実話を基にした少女監禁事件の映画化』:

» 隣の家の少女 小説 [カレー鍋がブーム]
『この20年で最も恐ろしい作品」とスティーヴン・キングも警告!実話を ... タイトルは『隣の家の少女』とちょっと爽やかそうな印象を受けますが、 『1960年代のアメリカ・インディアナ州で実際に起こった少女監禁陵辱事件をモチーフにケッチャムが執筆した原作は、1989年の刊行以来、アメリカ文学史上最も悪趣味で読む者すべてを ...(続きを読む) お休みができたら、旅行に出かけたいなぁ〜。いまどきは、人気のリゾート地ならば、あの有名な.....(続きを読む)ホラー小説好きの方 ホラー小説好きの方あなたが... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 06時41分

» 本『隣の家の少女』 [TAMALOG]
[[attached(0,class=popup_img_343_500 alignRight width=200 height=292)]]昨晩、やっと読み終わった。 読み終わったというか、 読み切った。 鬼畜系ホラー小説の旗手、ジャック・ケッチャムの代表作品。 「史上最悪の毒書」とも言われる。 ケッチャムは 「オフシーズン」、「黒い夏」、「老人と犬」に続いて、読む..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 16時10分

« 【ほっぷしゅうくりーむ】~シュークリーム屋~ | トップページ | アカデミー賞ノミネート作発表と『第9地区』って-? »