« 【Le BOIS】~カフェ&バール~ | トップページ | 【PAINDUCE】~パン屋~ »

【ハリーとトント】~ロードムービー~


★★★★☆(4、0)

Dra3224001

diamond製作年度 : 1974
diamond製作国 : アメリカ
diamond監督 : ポール・マザースキー
diamondキャスト : アート・カーニー、エレン・バースティン
diamond解説
ニューヨークに暮らす老人ハリーが、
区画整理でアパートを追い出された。
彼は愛猫のトントを連れて、娘の居るシカゴへ向かう……。
老人と猫のコンビによるロード・ムービー。
彼らが出会う人々との交流を、P・マザースキーが
温かなユーモアと優しい視点で描く。


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamondあともう一歩が欲しかったところ−。
 (ネタバレなし)



おじいちゃんモノ大好きなので、見たい見たいと思っていた本作。
昨年ようやくDVD化されたようで−cd

1974年製作とは、今からもう30年以上も前の作品なんですねdash
そして本作の主人公を演じたアート・カーニーは
アカデミー主演男優賞を受賞shine


妻に先立たれた老人ハリーは、区画整理でアパートを追い出され
愛猫トントと一緒に旅に出ます。

Harryettonto197401g
(萌え~~~heart04

長男夫婦のところへ行くも、義理の娘との折り合いが悪かったり・・・。

Harry_and_tonto3

その後は次男や長女のところへ会いに行ったりもします。

道中で様々な人との出会いがあったりするわけですが−。


ハリーの生き方は、老いに対して決して悲観的になるわけでなく、
その時々で上手に人と向き合い付き合っています。
特に長女との関係は、親子関係というよりは『対』人間同士
のようでとてもいい関係を築いていました。

A20paul20mazursky20harry20and20tont


わりと子供に依存しがちな年齢であるにも関わらず、
ああいう関係は理想ですね−。

ただ作品全体を通しては、丁寧に作られてはいましたが『コレ!』
という決めのエピソードがちょっとなかったかなーと思います・・・。

わりとサラサラと流れていってしまうので、引っかかるものが少ないかと。


それでも私が1番『キた』のは、ハリーの友人とのエピソード。
ここは、敢えてサラっとした描写だったからこそ
余計にくるものがありました。

A20paul20mazursky20harry20and20to_2


あと、ちょっと驚くエピソードもあります。

『・・・え、ちょ、おじいちゃんやめてぇsign04sign01』みたいな( ゚д゚)ポカーン
見た方はお分かりかと思いますが−(笑)。

A20paul20mazursky20harry20and20to_3


愛犬が出てくる作品というのは結構ありますが、
猫というのはわりと珍しいですよね?

いかにもなわざとらしい演出もなく、
さりげなく画面の中にトントがいる図なんかは巧いですshine

そして、移動時にひもをつけて一緒に歩いたりするのが
これまたカワいい(>ω<)heart04

Vlcsnap000041


ロードムービー、おじいちゃん好きはもちろんのこと、
猫好きの方にもオススメできる1本だと思います。
(このジャケットの写真、とっても好きですcute



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(−ω−)shine

Caq2v7lt

|

« 【Le BOIS】~カフェ&バール~ | トップページ | 【PAINDUCE】~パン屋~ »

【ドラマ(ヒューマン)】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/33025610

この記事へのトラックバック一覧です: 【ハリーとトント】~ロードムービー~:

« 【Le BOIS】~カフェ&バール~ | トップページ | 【PAINDUCE】~パン屋~ »