« 【キッチン・ストーリー】~ドラマ~ | トップページ | 【ある愛の風景】~反戦ドラマ~ »

韓流以前の『華流』ブームと、アニタ・ユン。


今でこそ、アジアドラマといえばすっかり韓流ですが、
韓流ブームがくる以前に華流ブームがちょっときたことも
ありましたよねup
韓流ブームの、およそ10年ほど前くらい−。
『華流』とは、香港、台湾、中国などをはじめとする
中国語文化圏における地域を指します(ウィキペディアより)。

『恋する惑星』がヒットして、金城武の名前がチラホラ
出始めた頃-。
こちらの作品も良かったですが、私がこの当時とても好きだった
のが、アニタ・ユン主演の『つきせぬ想い』。
2_3


出演者2人が本作で一気にブレイクし、香港でも様々な賞を
総ナメしましたcrownshine
日本でも結構話題になりましたよね・・・??
監督は、最近ならばジャッキー・チェンの『新宿インシデント』
を撮っている方でした(sign01


病気だけれど明るい女の子と、売れないミュージシャンの
悲恋モノです。
ストーリーは、今の韓流と近しいものがありますね(笑)。
そう考えると、難病と闘う姿というのはアジア圏の人達からすると
ちょっと美しく映ったりするのかもしれませんねshine

初めて見たのが確か高校生のとき。
少し前に久しぶりに見直してみたのですが、
色褪せることなく、やはり面白かったです(sign01
病気モノでありながら、押しつけがましい演出がなく
とても自然な人間味がよく出ていましたshine

ちなみに華流は、韓流のような明からさまなクサさと
いうのはないですね(笑)。

そして本作のリメイク企画が、私がyahoo映画でコキおろした(爆)
YUI主演の『タイヨウのうた』だったそうΣ( ̄ロ ̄lll)sign01
オリジナルそのままだと時代に合わないということで、
設定を色々と変えたそうです(それ、リメイクじゃないのでは)。
にしても、全然知らなかったsign04(驚)。


アニタ・ユンも、売れてからよく映画に出ていましたねmovieshine
他には、彼女の『君さえいれば/金枝玉葉』も見ました。
Anitayuen_3
(年代を感じるメイクです・・・kissmark

当時、日本のCMにも出てましたよねtv
ツムラの入浴剤か何かだったと思うのですが・・・?

今は結婚して子供もいるとのこと-。
映画よりもドラマのほうに拠点をおいているらしいです。


最近は、韓国ドラマのヒットにより台湾ドラマも
たくさん入荷されていたりしますが、やはり韓国ドラマ
ほどのヒットにはいたっていませんよね・・・。
唯一『花より男子』くらいでしょうか-。

ちなみに台湾ドラマは、日本の少女マンガを原作にした、
いわゆる『逆輸入』がとても多いです(sign01
私の大好きな『イタズラなkiss』も台湾でドラマ化されています。
台湾での年間視聴率はNO1だったそう−。
こういうのは、日本の漫画家さんはどう思っているの
でしょう・・・(-ω-)


cuteブログ村に参加しています。

にほんブログ村 映画ブログへ


|

« 【キッチン・ストーリー】~ドラマ~ | トップページ | 【ある愛の風景】~反戦ドラマ~ »

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/31952307

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流以前の『華流』ブームと、アニタ・ユン。:

« 【キッチン・ストーリー】~ドラマ~ | トップページ | 【ある愛の風景】~反戦ドラマ~ »