« 『エディソン・チャンが俳優復帰。スキャンダルから1年半』 | トップページ | 【プレミアムロールケーキ】~ローソン~ »

【永遠のこどもたち】~ホラー~


★★★★☆(4、5)

12550454_gal

diamond製作年度 : 2007
diamond製作国 : スペイン/メキシコ
diamond監督 : J・A・バヨナ
diamondキャスト : ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ
diamondあらすじ
孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、
長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、
障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと
夫のカルロス、息子のシモンとともに移り住んでいた。
だが、シモンは遊び相手のいない寂しさから
空想上の友だちを作って遊ぶようになり、
その姿にラウラは不安を覚える。
そして入園希望者を集めたパーティーの日、
シモンはこつ然と姿を消してしまい……。
(シネマトゥデイより)


diamondレビューはこちら。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

diamond『ホラー』×『感動』の極上ミックス。
 (ネタバレなし)


感動するホラーということで、劇場公開時から
気になっていた本作。

ホラー要素が入っているというだけでこの作品を
敬遠するのは実に惜しい(!)
普段ホラー映画を見ない人にこそ見て欲しい。


いわゆる、子供が見えない“ともだち”と話をする、
その『ともだち』の絵を描くなどというスピリチュアル描写は
他のホラー映画でも度々見かけることはある。

18869637_jpgr_760_xf_jpgq_x20071205


もちろん、見る者はそこに様々な伏線を期待し
想像するわけで、それが意外ならば意外なほど騒がれる。

しかし本作の珍しい点は、その謎解きに重点を
置いたのではなく“母親の愛”で魅せたこと。

だからこそ、恐怖だけではない極上の感動ホラーに仕上がった。

11775_gal_2


そして相変わらず、ヨーロッパのホラーはスゴい。
ワントーン落としたアンティークな色遣いや描写などは、
ハリウッド製のホラーにはまず出せない毛色。

館(やかた)系ホラーをハリウッドとヨーロッパに撮らせたら、
ダントツにヨーロッパのほうが怖い。

24097_gal


特にそれが“効いて”いるのが、
ラストのスペイン版『だるまさんがころんだ』のシーン。

18772141_jpgr_760_xf_jpgq_x20070531

一瞬にして鳥肌が立つ、本作の見せ場のひとつ。

感動的なシーンではあるのだが、やはり恐怖が先に来る。
“恐ろし美しい”という表現がぴったりかもしれない。
焼き付いて、一生記憶に残りそうな衝撃。


そしてそのあと訪れる戦慄の事実-。

あまりに次々と様々な事実が明らかになるため
頭を整理しながら見進めて行くと・・・
なんとも優しく温かい感動が待っていた。

25967_gal


父親のラストの表情には涙が込み上げる。
妻の選択を、赦し、受け入れた、安堵の表情。

これでようやく、全てが浄化され
幸福なネバーランドへと辿り着いたのだ-。


やはり『母親』とは・・・そういうものなのだろうか・・・。


タイトルの意味を思い出し、改めて鳥肌が立った。



cuteクリックでランキングに反映されます。
↓よろしかったらお願いします(-ω-)shine

Caq2v7lt


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


ここからは私のたわごとですが、
本作、想像以上~~に良かったです(-ω-)shine

ホラーというジャンルでありながら、ここまで繊細に、
そして重厚な感動ドラマが描かれている作品は
非常~に珍しい。

それでも、ホラー要素も手を抜くことなく、
グロいシーンもしっかりあります(特に老婆のシーン・・・笑)。

普段ホラーなど全く見ない知人に本作を薦めたところ、
『すごく良かった。考えさせられた-』と満足してくれました。

↑そして上の、子供が彼女の周りにたくさん集まっている
画像って、あるイミ『ネタバレ』ですよね・・・(爆)。


にしてもここのところ、ヨーロッパホラーというのがだいぶ
アツイです。

もう洋館の絵ヅラだけでも怖いんですよ、美しすぎて・・・。

05_large

どの場面を切り取っても『ポストカード』になるんです-。


他にスペインホラーで私が好きなのが『ザ・チャイルド』。
子供が理由もナシに襲ってくる様は、マ~ジ~で怖い!
『機械じかけの小児病棟』も、ありがちではあるけれど
丁寧な描写と作りは良かったです。
・・・というか、気付けばこちらも2本とも子供モチーフですね。

スペインは子供を扱ったホラーが好きなのでしょうか(笑)dash

しかしそれ以外でも、子供をモチーフにしたホラーには
『エクソシスト』や『オーメン』など、評価が高いものが多いです。
『子供=無垢なもの』というイメージを逆手に取るからこそ、
余計に恐怖が生まれるんでしょうね。

D110473249_2D112641656_2_2

|

« 『エディソン・チャンが俳優復帰。スキャンダルから1年半』 | トップページ | 【プレミアムロールケーキ】~ローソン~ »

【ホラー】」カテゴリの記事

コメント

キター!!
ホントいい映画ですよね。思い出すだけで涙がじんわりweep
ぶっちゃけもう、今年の玉吉杯ホラー大賞2009(ナンジャソラ)は
『永遠のこどもたち』に決定ですcrown

『ザ・チャイルド』はあんまり覚えてないんですけど(カナ兄の出番か??)、
『機械じかけの小児病棟』も、ほんのり泣けましたweep

子供が怖いホラーって言うと、『シャイニング』、『サイレントヒル』、『仄暗い水の底から』・・いっぱいありますね。
『呪怨』・・はギャグですかそうですかdown

あと、明日からの『エスター』が面白そうですね。
オラホには来るんだろか???

投稿: 玉 | 2009年10月 9日 (金) 23時49分

☆玉さん(笑)


こッれは新しいホラーでしたよね~、
玉吉兄さん(>ω<)(笑)sign01

玉吉杯ホラー大賞(笑)に輝きましたかsign04crownshine


『ザ・チャイルド』はカナボン兄さんですね(笑)。
カナボンさんもyahooでレビューされてましたからnotes

『機械じかけ・・・』も良作でしたねclover

『シャイニング』も名作ですねsign04crownshine
ちなみにこの子役の男の子が大好きで、
yahooであのコのレビューしてます、私(笑)。
『呪怨』はギャグですね(爆)。


『エスター』ももちろん見に行きますよpunchheart04
ああいう系にしては評価が高いから期待大shine
宮城は2館で上映するみたいですよflair

玉吉さん、『狼の死刑宣告』は興味ないんですか(笑)?
私はベーコンは好きなんですが、予告見たら
ちょっと想像と違っていたので・・・(-ω-)

投稿: シバ美 | 2009年10月10日 (土) 00時33分

再び。

『エスター』。あ、ホントだっ!オラホにも来てる!明日あたり観に行ってしまおうかな、とか。シバ美さん、ありがとう!!

『狼の死刑宣告』。一昨日あたりからヤホー映画でドナーがチラチラしてたので気になってました。なんだかタイトルロゴが70年代チックでソソりますね。
うわ観てーとか思ってたら、またもやシアターN!!キー!!angryangry

投稿: 玉 | 2009年10月10日 (土) 12時44分

☆玉さん


はい、ぜひ『エスター』見に行ってください(−ω−)/flair
あの女の子、すでに容貌が怖いですよね−(笑)。


『狼の死刑宣告』−。
そうそう、タイトルロゴの古めかしいカンジがいい
ですよねdog
そしてやはり、シアターN(笑)sign01


ちなみに大阪では、ロフトの下のテアトルで上映します。
『チェイサー』や『ディセント』なんかもココでしたflair
私の中では、なにわのシアターNと呼んでます(−ω−)tulip

投稿: シバ美 | 2009年10月10日 (土) 15時00分

これ、実は玉吉さんにお薦め頂いて、
ツタヤで探して…あったと思ったらたった1枚で、
しかも、いつも貸し出し中で…

そ・し・て…
今、どこの棚にあるか分からなくなって
しまいましたー(泣

ホラーの棚にないし…でもお店の人に聞いてみます!

きっとこれは、私も大丈夫scissors

投稿: すみちん | 2009年10月10日 (土) 23時50分

お呼びにより参上つかまつりました。
ちなみに今回のネーミング、あまり意味はありません(爆)

「永遠のこどもたち」、「機械じかけの小児病棟」、
どちらも名作ですよね!
“母親”の視点、女性の視点から見た、
実に泣かせるホラーですじゃ;;

これが男からの視点からだと、
「ザ・チャイルド」のような、
救われねぇ映画となる・・・何でじゃ~!

しかし流石はシバ美さん、
超マイナーな「ザ・チャイルド」を
ご覧になられてて、しかもお気に入りとは
ヽ(´▽`)/

一言でホラーと言っても、
色々なタイプがあって、
奥が深いですよね。
「永遠の」や「機械じかけ」は、
是非すみちんさんにトライして、
大泣きしてもらいたいと思います(笑)

「エスター」、メッサ評判いいですね!
こりゃ是非観たいのだが、
何故かこっちには来ねえ
il||li _| ̄|○ il||li
松本ではやるみたいなのに・・・

「狼の死刑宣告」もノワール色ビンビンで、
メッサタイプの映画ですが、
シアターN・・・・
ハハハ、笑いも出ません・・・

投稿: カナボンのこどもたち | 2009年10月11日 (日) 00時28分

ボクもこの映画観ましたよ♪
ホラーの枠を超えた感動作ですよね!
皆さんのご紹介がなければ見ることはなかったかもです。
ありがとうございますです!


そして「エスター」はボクも観たいです!
どうやら「衝撃の結末」みたいですね。
どんな結末なのか楽しみ♪


そしてそして 東京国際映画祭で
「レック2」
「スペル」を観ます これまた楽しみだぁ~♪

投稿: かっしー | 2009年10月11日 (日) 23時27分

☆すみちんさん


おや、近所のツタヤには本作が1本しか
ないのですか・・・eyesign02
1本ならレンタル中が多いでしょうね~sweat01


あるある(笑)!
新作棚から消えたと思ったら行方不明dash
しかも、そういう作品に限って予想だに
つかないようなジャンルに置いてあったり・・・sweat02


すみちんさん、絶対に大丈夫だと思います
(-ω-)crownshine
ぜひぜひ、ダンナさまと一緒にご覧になって
くださいcute

投稿: シバ美 | 2009年10月12日 (月) 02時29分

☆カナボンのこどもたち(笑)さん


ようやくいらっしゃいました、
カナボン兄さま~ッ(-ω-)(笑)flair


確かに、本作も『機械じかけ・・・』も母親の視点
から描いたお話ですね~shine

『ザ・チャイルド』は悲惨でしたね(爆)bomb
いやしかし、あんな作品がしかも30年も前に
スペインで撮られていたとは、あるイミ
感心(とか言っていいのか?)しましたけどね~flair

次は『ザ・チャイルド』の記事をアップする予定ですsoon
と言っても、yahooレビューをコピペするだけ
ですが(笑)。


最近は色々なタイプのホラーがありますね~。
感動系ホラーはぜひすみちんさんに見て
もらいたいですよね~shine
『永遠・・・』は今度店員さんに聞いて
借りて下さるようなので、感想が楽しみですnotes


『エスター』・・・え、長野に来ないんですかsign02
松本には来るのに?・・・ホント、なんで!?
さすがに松本までは行かない・・・ですねrvcarsweat02


やはり『狼の死刑宣告』もチェック入れて
ましたか~(笑)。
そうそう、あれはノワールですよねeyedown
最近、子供を殺された親の復讐劇が流行って
るんでしょうか?

シアターN、ウチらの中でアツイですよねheart04

投稿: シバ美 | 2009年10月12日 (月) 02時47分

☆かっしーさん


本作はもう、ホラーとは呼ばせないゾcute
と言いたいですね(-ω-)shine


やはりかっしーさんも『エスター』が
気になりますか~notes
コレ系でここまで評価が高いというのは、
きっと『何か』があるのだと私も踏んでます-。


『レック2』はともかく?(オイ)
『スペル』は、私も早く見たい~щ(゚Д゚щ)カモォォォンshine
あの、アリソン・ローマンの表情が妙に怖い(笑)dash

投稿: シバ美 | 2009年10月12日 (月) 03時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233294/31721094

この記事へのトラックバック一覧です: 【永遠のこどもたち】~ホラー~:

« 『エディソン・チャンが俳優復帰。スキャンダルから1年半』 | トップページ | 【プレミアムロールケーキ】~ローソン~ »